和歌山県 国産紅茶レビュー

【和歌山】上村茶園:べにちゃ

投稿日:2013年7月23日

【出会いはFB地紅茶サミット】

記憶が間違ってなければ、なのですが、
今回のこの紅茶は、おちゃうけ屋のかなざわゆうさんにご紹介いただいて
直接連絡取り購入したものと思います。
サイトにもどこにも載ってないが、和歌山に行くと買えるというものらしく、
和歌山県とも仲がよく有名だそうです。
詳しいことはよくわかりませんが、紅茶も随分前からつくってらっしゃってるそうで
年数はわかりませんので何とも言えませんが、もしかしたら『自由化以前からの生き残り』なのかもしれません。

【茶葉】

20130723べにちゃ1

初めて飲んだときはそう思わなかったんですが、
何回もいろんなものを飲んで経験値が高まると
この茶葉のキレイさがわかるようになりました。
これは、仕上がりも撚りも本当に綺麗です。

【水色】

20130723べにちゃ2

3分では淡い茶色。
香りも軽くほのかに蜜のような感じ
ただ、5分以上漬けたあとのは番茶のような香りの中からカラメルのような香りが個性を際立たせてきます。
長く付けると深い赤。そして渋みはないけど、ほうじ茶のような飲み口。
のどにひっかかるなど嫌な感じはなく、さらりと飲めます。
和菓子が欲しい感じ。
ただ、味の濃いものじゃなくて軽いもの。
砂糖やミルクには確実に負ける。

【茶殻】

20130723べにちゃ3

茶葉と茶殻の差で、作業の丁寧がでるのかな、とか思うようになりました。
綺麗に開ききっていたので、淹れ方がよかったのか茶葉がよかったのかという感じです。
(たぶん茶葉)
いつも、茶殻の香りを確認してどういう感じかみるのですが、
茶殻にいい香りが残ってる場合、実際の紅茶は美味しくないことが多いです。
今回は渋いまあ『良くない香り』だったので、今回のんだ紅茶の味・香りがこの紅茶の古スペックだったのかなと思ってます。

いろいろ考えながら紅茶を飲むと楽しいもんですね。
(本当は、紅茶のことじゃなくて、紅茶が添えつけで友人との話がメインなんですがね)

おいしい紅茶の誕生は、おいしい話に添える甘味料のようなもので、人と人を繋げる潤滑油みたいなもんだと思ってます。
そう言う国産紅茶が全国に広まればなぁって思ってます。

-和歌山県, 国産紅茶レビュー

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】益井園:みらいふぁすとふらしゅ

【今日は紅茶の日】 今日は大黒屋光太夫が、ロシアの皇帝エカチェリーナ2世に招かれ、欧式茶会に参加した公式記録が残る日です。 Twitterとか見ていると、『日本人が初めて紅茶を飲んだ日』という昔の知識 …

no image

【島根】西製茶所:出雲の国のべにふうき紅茶

【この紅茶について】 何回も紹介していますが、島根の茶農家さんの紅茶です。ここは、ブーム以前から紅茶を作っている所で、一部の人はここに来て作り方を学んで自分で作られているそうです。そう言う意味で、ここ …

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016-2

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016

【この紅茶について】 直接の接点は2013年の茶源郷祭りからで、それからちょこちょこいろんな所でお世話になっているおなじみの茶農家さんです。 紅茶にかける情熱は大きいもので、会うと必ず「良い紅茶があっ …

no image

【京都】中尾園:和風紅茶

【茶葉】 荒茶っぽいというか、荒茶そのものですね。せめて、淹れる前に茎と繊維をとればよかったかな・・・とか思ってしまいます。 こういうのもなんですが、煎茶でしないことを紅茶でするのはどうかなって思いま …

no image

【静岡】田原製茶:菊川紅茶

【茶葉】 茎が多い目ではありますが、全体的に細かい茶葉です。発酵がしっかりしているようで、色目も光をどう変えてもこの色です。正直、測りやすい茶葉でした。 【水色】 水色は、透明度が高めの朱色です。香り …

アーカイブ