国産紅茶レビュー 富山県

【富山】富山紅茶の会:くれはの紅茶

投稿日:2013年8月12日

この紅茶の事

この紅茶は、富山の紅茶ですが、作るのは鳥取の陣構茶生産組合で作られてます。
ですが、茶葉は富山のお茶で、富山産の紅茶です。
これと似た方式で作っているのが、加賀の紅茶で、
そちらは、加賀市で取った茶葉を静岡丸子まで持って行って紅茶にしています。
このように、茶葉が取れれば、製茶できるところに持って行って紅茶にするというのは、
とったらすぐに製茶しないと行けない緑茶と違って、萎凋を移動中に行うなど
フレキシブルに考えれば、案外、製茶技術がなくても茶葉が取れれば、どこでも紅茶が作れるんだなって思います。

茶葉

20130810くれはの紅茶1

すごく細かく砕かれてます。
確か、同じ所で製茶をしたとっとり紅茶も同じような感じでした。
抽出をメインに考えてこういう形にしたのかなと勝手に推測してみます。

水色

20130810くれはの紅茶2

少し濃いめ。
ほんのり甘いけど、紅茶というよりも番茶に近い。
これは緑茶品種の特性なので仕方ないかと思う。
香りも味も少し酸味がかってる。
3分でも思いのほかしっかり味が出ているので、これはこれでいいのではないかと思う。

長淹れが楽しみです。どう変わるのでしょうか。

長く淹れてもあんまし変わらず。
もしかして、茶葉が細かく砕かれているので、そのおかげで一気にお茶が出ているのかもしれません。
ただ、茶こしをすり抜けていくので、それだけはちょいと・・・

茶葉

20130810くれはの紅茶3

やはり、砕かれているようで、開くというか膨らむといった感じでしょうか。
ただ、必ずしも展開しないといけないというわけでないと考えると
こういう手法もありなんじゃないかと思ったりします。

-国産紅茶レビュー, 富山県

執筆者:

関連記事

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(白ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、和束町の喜寿園さんの紅茶でしかも、『ホテルオークラ限定モデル』という今は買えないものです。ただ、だからといって特別だというわけでなく、通常発売されている赤ラベルと黒ラ …

no image

【茨城】長野園:のびのび和紅茶

【茶葉】 最初の印象は『南山城紅茶を綺麗に選別したらこんな感じかな』って思いました。撚りもきっちりあって、ちゃんと紅茶の形になってます。こうまじまじと見てみないと、形状ってなかなかわかりませんね。 【 …

no image

【静岡】豊好園:香駿

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡の豊好園さんに複数品種送って頂いた紅茶の一つです。今回で2品種目の紹介です。ここでは、毎年多品種で紅茶作りに挑戦しているらしく、今年も沢山作られたようなのですが、 …

no image

静岡:タネカ太田園:太田さんちの紅茶

□熟成という不思議 基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになります。それが熟成と …

【静岡県】紅茶専門店 紅葉~くれは~:天香2017(製造:井村製茶)

【 天香2017 : この紅茶について】 この紅茶は、佐賀の国産紅茶専門店紅葉(くれは)さんで販売されていた紅茶です。 このお店は、店主が全国いろんな国産紅茶からセレクトをし、一般向け販売や卸などを行 …

アーカイブ