お茶動画 中国茶

中国茶といえば、『曲芸』もしてくれます。

投稿日:

茶曲芸20140718-1
中国茶といえば、『曲芸』も楽しみの一つです。
あんな細長い水差し(お湯差し?)で流し入れれるものだと毎回感心しきりに成ります。
そこで、中国旅行に行く機会のない僕を含めて皆様のために、『曲芸』の茶芸の動画をご紹介します。


各テーブルを回って、給仕するのですが、毎回魅せてくれます。
ガラスの蓋碗の中で、玉のお茶(工芸茶と言います)がくるくる回るさまを見られます。

茶曲芸20140718-2
まず確かめに来ます。烏龍茶かグリーンティー(緑茶)かどうか確かめているみたいですが、何の工芸茶何でしょうか。

茶曲芸20140718-3
少し離れてスタンバイ。

茶曲芸20140718-4
一気に飛び込み、お湯を入れます。
思った以上に、動きが緩やか。

-お茶動画, 中国茶

執筆者:

関連記事

no image

中国緑茶の淹れ方

中国茶でお馴染みのガラスのポットで、緑茶を淹れる動画です。 多分、方法としては見慣れているとは思うのですが、改めて確認することも重要かなと思います。 やはり、予熱は大事ですね。 関連

名古屋の中国茶専門店20140801-1

セピア色の情景と共にお茶を淹れる

名古屋の中国茶専門店の動画です。 やさしい気持ちで眺められるそんなお茶を淹れる風景です。 ゆっくりと眺めてください。 関連

冷茶シェイク20140721-1

誰もしない冷茶の意外な作り方

冷茶といえば、『水出し』とか『ダブルクーリング』、はたまた『氷出し』など、ありますが、『これは別に抹茶じゃなくてもいけるんじゃね?』とか『グリーンティーとか薄茶糖などで、これだけオサレにできたらカッコ …

ティーバッグで水出し茶-8

ティーバッグで作る水出し煎茶のポイント

昨日、岐阜の多治見市で39度を記録しました。 ついに本気の夏がやって来ましたね。 前に『ストレスには香ばしさが効果的』というニュース記事を見つけました。 そのせいか、夏の暑さストレスを軽減するためか、 …

ジャンピング20140716-4

紅茶のジャンピングはこうなってます。

紅茶を入れる時、よく『ジャンピングってどうすれば起こるのですか?』と聞かれます。 ジャンピングそのものは、必要条件ではないのですが、どうしてもジャンピングさせたいという方のために用意しました。 ポット …

アーカイブ