参考資料

【閑話休題】京都の水無月と金沢の氷室開き

投稿日:2014年6月30日

6月30日は京都では『水無月』です

京都の水無月
今日は、Twitterを見ていても、Facebookを見ていても、この和菓子がよく登場する日でした。
夕飯を食べ終えると、ふと嫁さまと『甘いモノが食べたいね』と意見が一致し、
さらに、『アンコとか和菓子系がいいよね』というところでも一致しました。
近所のスーパーに行き、店頭にこの『水無月』が沢山並んでいたのです。
『そういえば、そういう時期だったな』
と思い、嫁と二人分購入。
家へ帰ったわけですが、その時嫁が
『水無月って京都だけじゃないよね。』と。
『金沢にはないよ』と返しても、『嘘だ』と言い続けるばかり。
なので、『じゃあ、京都に氷室のまんじゅうある?』と聞いたら、
完全に分からないという状態でした。

『夏を呼ぶ風物詩』
地域によっては色々あるようです。

7月1日頃は金沢では『氷室開きのまんじゅう』です

金沢の氷室のまんじゅう
水無月は、京都で食べられている和菓子で、
『6月30日は水無月を食べる日です。京都では1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。

『この「夏越祓」に用いられるのが、6月の和菓子の代表ともいうべき「水無月」です。水無月は白の外郎生地に小豆をのせ、三角形に包丁された菓子ですが、それぞれに意味がこめられています。水無月の上部にある小豆は悪魔払いの意味があり、三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれています。』
(索引:甘春堂WEBサイトより)

一方、氷室のまんじゅうは

『江戸時代から受け継がれる初夏の行事。7月1日は加賀藩が氷室に貯蔵していた氷を、幕府に献上していた日で、この日に麦饅頭を食べると、夏場を無病息災で過ごせるという習わしがあります。金沢では、この日になると多くの店頭に氷室饅頭が並びます。
氷室まんじゅうのはじまりは享保年間、五代藩主前田綱紀公の時、金沢の生菓子屋、道願屋彦兵衛の創案といわれています。』
(索引:越山甘清堂WEBサイトより)

僕は氷室のまんじゅうは酒まんじゅうが好きです。
ただ京都に来てから全く食う機会が無いですね・・・
弟に要求しようかな。

共に、暑い夏に向かい、体力を養うとともに無用息災を祈る願いのこもった和菓子と言えるのですね。

共に夏の入り口を知らせる風物詩

ネコが梅雨をお知らせします。
水無月と氷室のまんじゅうの事を取り上げましたが、
全国にはこの季節ならでわの食べ物というのが多くあると思います。
今年も暑い夏になりそうですが、暑さに負けないよう過ごして行きたいものです。

そして、京都の街では、祇園祭のための山鉾の組み立て準備が始まったそうです。
着実に今年も夏はやってきています。

-参考資料

執筆者:

関連記事

no image

【参考資料】中国茶を淹れてみる(青茶編)

【国産紅茶以外も見てみないとわからない】 よく『中国茶のような』とか『~のお茶の~』とかいう説明をしますが、基本そこまで詳しくない人が多いですので、実際に国産紅茶以外のお茶を淹れてみて見てもらおうかと …

no image

コメント返しのコーナー

【そんなコーナーはない】 うちの知り合いで、なかなか返答のしづらい所にこっそりとコメントをしてくる人が多いので、本人が見ていることが確定している場所に、書いて返答とともに他の方へのネタ提供にさせていた …

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶

【この紅茶について】 今回の紅茶は、間に人が入って紹介してもらって試験的にいただきました。まだ明確に商品化というわけではないので、あえて茶園名や産地名など書きません。これをみてアドバイスを頂けれるのな …

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶6

【この紅茶について】 この紅茶は『ウンカにかませた茶葉を紅茶にした』その茶農家さんの実験茶です。 【茶葉】 荒茶なのは、実験段階のを詰めて送ってもらったからです。そこは気にしないでおきます。茶葉の形状 …

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶5

【この紅茶について】 この紅茶は、平成24年産で、品種は在来です。こちらも、試しに頂いたものなので、農家さんとかを伏せさせていただきます。ちなみに、今年もこの農家さんからは頂いてます(試作を)ので、 …

アーカイブ