参考資料

【某所】とある秘密の国産紅茶6

投稿日:2013年9月21日

【この紅茶について】

この紅茶は『ウンカにかませた茶葉を紅茶にした』その茶農家さんの
実験茶です。

【茶葉】

国産紅茶20130921秘密1

荒茶なのは、実験段階のを詰めて送ってもらったからです。
そこは気にしないでおきます。
茶葉の形状はやはり、紅茶というか煎茶です。
ザクザク切って加工した感じ。

【水色】

国産紅茶20130921秘密2

水色は明るめの茶色。
とりいって、香りもなし(鼻が悪いんじゃなくて、ほんとになし)
味は軽く渋いだけ。
うん。これは去年だけで製品化しなくて良かったとつくづく思います。
(あの時も実験って言ってたから、してないよね・・・)
今年は期待ですが、多分、こちらには回ってきてないはず。
温度が落ち着くに連れ、酸味が登場。
本当に、今年から劇的に変わったことに感謝します。
(いろんな意味で、劇的に変わってますから)

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

色目はさっきよりも40%増しぐらいです。
香りはかすかにお茶らしくない香りがします。
どくだみ茶に近いかも。
味は、酸味と渋みがきついです。
まあ、実験なので、これと同じものは作らないでしょうが、
この方法は、さすがに、お勧められません・・・
ただ、今の紅茶の製茶法でウンカ芽を実験されるのはいいかもしれません。
ですが、たくさん検証が必要となるでしょうが。
(現在として、一部の品種紅茶が際立って特徴のあるいい紅茶になってますんで)

【茶殻】

国産紅茶20130921秘密3

茶殻も膨らんだ系の茶殻です。
香りもなにもなかったというのが感想です。
つくづく、これは実験で止めてもらって良かったと。
ただ、何度も書きますが、ここの茶農家さんの紅茶は今年から劇的に変わってます。
そして、来年も更に変わるでしょう。
そう言う意味で、ここが出発点だったんだといういい資料になるとお思います。

明日も、更新します。

-参考資料

執筆者:

関連記事

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶5

【この紅茶について】 この紅茶は、平成24年産で、品種は在来です。こちらも、試しに頂いたものなので、農家さんとかを伏せさせていただきます。ちなみに、今年もこの農家さんからは頂いてます(試作を)ので、 …

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶3

【この紅茶について】 今回の紅茶は、去年そこから商品を買ったときにもらった試作品です。正直、この時限りなので、この紅茶は基本的にはもう二度と手に入りません。ここの茶園さんの紅茶は今年から劇的に変わって …

no image

【参考資料】中国茶を淹れてみる(青茶編)

【国産紅茶以外も見てみないとわからない】 よく『中国茶のような』とか『~のお茶の~』とかいう説明をしますが、基本そこまで詳しくない人が多いですので、実際に国産紅茶以外のお茶を淹れてみて見てもらおうかと …

金沢の氷室のまんじゅう

【閑話休題】京都の水無月と金沢の氷室開き

6月30日は京都では『水無月』です 今日は、Twitterを見ていても、Facebookを見ていても、この和菓子がよく登場する日でした。 夕飯を食べ終えると、ふと嫁さまと『甘いモノが食べたいね』と意見 …

2つの天の川(羊羹の中身)

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

2つの『甘春堂』 京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。 厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。 (類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さん …

アーカイブ