参考資料

【某所】とある秘密の国産紅茶9

投稿日:2013年9月24日

【この紅茶について】

第9回まで続いた『とある~』ですが、試作でもらったのがここでおわりましたので、
一度終了にさせていただきます。
次回はいつかはわかりませんが、また試作を頂いた時など、再開させていただきます。
このシリーズだけにとどまらず、なにか見つけたら新シリーズをしたいともいますので、
通常の国産紅茶レビューともども、よろしくお願いいたします。

【茶葉】

国産紅茶20130924秘密1

茶葉は全体的にクリクリしてていいんですが、
かるすぎてカサが異常に増えます。
これは加工の問題なのか茶の木そのものの問題なのかわかりません。
ただ、この違いは面白いなっていつも思います。

【水色】

国産紅茶20130924秘密2

水色は、茶色よりの橙。
香りはかすかにFFっぽさはあるものの、軽く穀物っぽい。
味は軽く香ばしい程度。
3分じゃ足りないな・・・って感じですね。5分以上ですわ。
ただ、温度が落ち着くと、ほんのり甘さが顔を出してきます。
もっと落ち着くと、酸味も顔を出してきました。
飲む時の温度って重要だなって、改めて思います。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は深い赤茶色になりました。
香りは、紅茶らしい甘い香りがかすかにします。
味は、渋みと酸味のバランスが取れてます。
紅茶というには、すこし苦しいですが、いいお茶です。

【茶殻】

国産紅茶20130924秘密3

茶殻は、展開している開いた系の茶葉です。
これだけ豪快に戻っていると、清々しささえ感じます。
多分、どこかはわからなくても、どの茶葉と同じか気づいている人もいると思いますが、
ここの茶農家さんの紅茶は、あと一歩という所だと思ってます。
まだまだ紅茶作りにチャレンジしていただき、更なる良い紅茶になるよう、お祈り申し上げます。

明日も、更新します。

-参考資料

執筆者:

関連記事

no image

【参考資料】中国茶を淹れてみる(青茶編)

【国産紅茶以外も見てみないとわからない】 よく『中国茶のような』とか『~のお茶の~』とかいう説明をしますが、基本そこまで詳しくない人が多いですので、実際に国産紅茶以外のお茶を淹れてみて見てもらおうかと …

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶

【この紅茶について】 今回の紅茶は、間に人が入って紹介してもらって試験的にいただきました。まだ明確に商品化というわけではないので、あえて茶園名や産地名など書きません。これをみてアドバイスを頂けれるのな …

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶4

【この紅茶について】 今回の紅茶は、平成20年に作られた5年物の『ファーストフラッシュ』です。これも、試しにもらったもので、どこのかは書きません。全国でも『熟成紅茶』という物はそんなにもなく、あっても …

no image

【某所】とある秘密の国産烏龍茶

【この紅茶について】 この茶葉は、あるお茶屋さんのある店員さんが、特に何も貢献できているかわからないのにご好意で送って頂きました。ここのお店は、このタイプの記事では紹介することはありませんが、今まで紹 …

金沢の氷室のまんじゅう

【閑話休題】京都の水無月と金沢の氷室開き

6月30日は京都では『水無月』です 今日は、Twitterを見ていても、Facebookを見ていても、この和菓子がよく登場する日でした。 夕飯を食べ終えると、ふと嫁さまと『甘いモノが食べたいね』と意見 …

アーカイブ