参考資料

【某所】とある秘密の国産紅茶7

投稿日:2013年9月22日

【この紅茶について】

今日の紅茶は、今年の紅茶を使って作った試作品です。
品種は在来で、紅茶の萎凋割合を変えたものの一つです。
どのように変えたかは、詳しくは書きませんが、あと1つあります。

【茶葉】

国産紅茶20130922秘密1

選別が中途なのは、若干荒茶状態で頂いたのでこのくらいだと思ってます。
全体的に葉っぱが大きく、この茶園の前にもらった年代違いと比べるとリーフ感がしっかりします。
これは個人的感想なのですが、茶葉は良いので、あとは加工の見直しかなって思います。
数箇所、習いに行って他人がどういう製茶をしているか見るだけでも、格段に変わると思います。

【水色】

国産紅茶20130922秘密2

水色は鮮やかな赤茶色です。
香りは、甘酒っぽいです。
渋みはほぼ無し、と言いたいところですが、味がないです。
3分じゃ短すぎたという紅茶です。
国産紅茶は、5分以上なら事故らない紅茶が多いってことですかね。
温度が落ち着いてから、香ばしさと酸味が顔を出してきました。
国産紅茶は、飲む時に下がるまで待つのもいいですかね。

誰かの本で『紅茶はカップに注いで60度に下がってから飲むのが一番』
って書いてありましたね。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は赤みが強くなり濃くなりました。
香りは香ばしさが軽く顔を覗いた程度。
味は、香ばしさが顔を出した反面、番茶っぽさが出てきました。
いいポイントを見極めて引き上げるのが大事なんでしょうね。

ってことは、イギリス風につけっぱにせずに、いわゆる『フランス風』のコットンフィルターで引き上げとかが一番安定して入れられる茶葉もあるのではないかなと思うわけです。

【茶殻】

国産紅茶20130922秘密3

茶殻は全体的に開いた系の茶殻です。
茶葉に対して比重が軽いのでどうなのかなって思ったんですが、
上手く開いたので良かったと思ってます。
やはり、ここは今後の製茶技術の進歩を待つ方ですかね。

明日も、更新します。

-参考資料

執筆者:

関連記事

no image

【参考資料】中国茶を淹れてみる(青茶編)

【国産紅茶以外も見てみないとわからない】 よく『中国茶のような』とか『~のお茶の~』とかいう説明をしますが、基本そこまで詳しくない人が多いですので、実際に国産紅茶以外のお茶を淹れてみて見てもらおうかと …

金沢の氷室のまんじゅう

【閑話休題】京都の水無月と金沢の氷室開き

6月30日は京都では『水無月』です 今日は、Twitterを見ていても、Facebookを見ていても、この和菓子がよく登場する日でした。 夕飯を食べ終えると、ふと嫁さまと『甘いモノが食べたいね』と意見 …

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶

【この紅茶について】 今回の紅茶は、間に人が入って紹介してもらって試験的にいただきました。まだ明確に商品化というわけではないので、あえて茶園名や産地名など書きません。これをみてアドバイスを頂けれるのな …

2つの天の川(羊羹の中身)

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

2つの『甘春堂』 京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。 厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。 (類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さん …

no image

コメント返しのコーナー

【そんなコーナーはない】 うちの知り合いで、なかなか返答のしづらい所にこっそりとコメントをしてくる人が多いので、本人が見ていることが確定している場所に、書いて返答とともに他の方へのネタ提供にさせていた …

アーカイブ