国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】井村製茶:菊川紅茶(やぶきた紅茶)

投稿日:2014年1月12日

【この紅茶について】

この紅茶は、静岡の井村製茶さんの紅茶です。 品種はやぶきたです。 紅富貴と随分風味も見た目も違ってます。 同じ茶園でも全く違うものが出来上がるのもまた面白いです。

【茶葉】

国産紅茶20140112井村製茶やぶきた菊川紅茶1
茶葉はきれいに裁断されいますが、正直細かすぎて測っているときに粉を測っているような気分でした。 個人的にはもうちょっと大きめにカットしてほしかったかななんて思ってます。 個人的見解なので、何とも言えませんが。 広がることも計算に入れてベビースターラーメンのような感じが一番測り易いです。 ただ、製法の問題もありますから、一概にどうこうとも言えないのも確かです。 茶葉フリークのみなさん、残念でした。

【水色】

国産紅茶20140112井村製茶やぶきた菊川紅茶2 水色は、明るい橙です。 香りは、若干柑橘系の香りがします。 味は軽くある程度で、風味がおかゆっぽいです。 薄くてタイプ別に分けるのはまだきついですが、滋納になると思います。 温度が落ち着くと、滋納独特の穀物っぽい香りが強くなります。 ですが、柑橘っぽい香りが消えたわけではなく、いくつか層になっているような感じです。 味は、そのままやはりおかゆっぽい風味がします。 長時間淹れたらどうなるでしょうか。 水色は若干朱が濃くなった程度です。 驚くほど変わったというわけではありません。 香りは落ち着いたま、味は温度が落ち着いた時の状態とほぼ同じです。 長時間淹れても味の変化がない紅茶です。 という事は、大きめのポットに入れてそのまま放置しても濃くきつくならない茶葉と言えると思います。 良い食べ物のお伴と言った所でしょうか。 こういう控えめな紅茶は、お菓子と特に和菓子と合わせたいです。 和菓子の特徴を引き立ててくれること間違いないでしょう。

【茶殻】

国産紅茶20140112井村製茶やぶきた菊川紅茶3 最初の茶葉からの形状を比較していただければわかると思いますが 開いた系の紅茶です。 一見粉かと思った茶葉も、茶殻を見ると、茶葉だったんだと思えます。 綺麗に短冊になっている所を確認すると、あれだけ粉末状になってもしっかり茶葉なんだなって思えます。 緑茶の製法が一部入り込んでいるので、日本の紅茶って独特だなって毎回思います。 海外から見たら、ダストかファニングスにしか見えなくても入れてみるとBOPやんっていう感じです。 そう考えると、復元力が強いのが国産紅茶の全体的な特徴なのかもしれません。 大陸茶や台湾茶のようなカットしない茶葉の増殖力には負けますがね。 (あれはちょっとしか入れてなかったはずなのに、見てみたら茶器一杯に広がってますから) 明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:


関連記事

no image

【静岡】益井園:かほり せかんど

【この紅茶について】 この紅茶は、益井園さんの紅茶で品種は香駿です。 セカンドフラッシュなので、味に自己主張があります。 ちなみに、これはうちにも在庫のある紅茶なので、仲介部でどうぞ。 うちからの直送 …

no image

【滋賀】満田製茶:しがの紅茶

【茶葉】 選別がまだみたいで、荒茶っぽいです。ただ、全体的に裁断を入れているみたいで長さは均等にみえます。これがどこまでうまくいっているのかは楽しみです。 【水色】 色目はいい感じの赤です。甘酒っぽい …

no image

奈良:葉香製茶2012紅月

今日の国産紅茶は、奈良の茶園さんの『葉香製茶』さんのです。この当代社長は、Twitterで知り合った友達で、何回もお邪魔させていただいてもらってます。今は一貫して『無農薬・有機栽培』でお茶を作っており …

no image

奈良月ヶ瀬の国産紅茶

□岩田さんと紅茶の出会い 当代17代目岩田文明さんは、最初からお茶を作っていたわけではなかったそうです。会社員時代にイギリスで飲んだ紅茶に感動したことと、大学時代から『紅茶をつくらないのか』と言われて …

【三重県】ハサマ共同製茶組合:kyoukan茶紅茶べにふうき2017-2

【三重県】ハサマ共同製茶組合: kyoukan茶紅茶べにふうき2017

【 kyoukan茶紅茶べにふうき2017 :この紅茶について】 kyoukan茶紅茶べにふうき2017 は、愛知県尾張旭市で行われました『国産紅茶グランプリ』の金賞として選ばれた紅茶です。 シングル …

アーカイブ