国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】豊好園:かなやみどり

投稿日:2013年11月17日

【この紅茶について】

この紅茶は豊好園さんから購入した紅茶の第3弾です。
今回はかなやみどりです。
ここで作られている品種別紅茶はまだまだありますので、
続々更新していきます。
これだけ品種別に紅茶を作っている所は珍しく、
なかなか貴重なところなので、ますます頑張って欲しいです。

【茶葉】

国産紅茶20131117豊好園かなやみどり1

茶葉は、針のように細く撚られて、どれもが大きいです。
裁断していないのはここの特徴なので、見かけは台湾紅茶かと思うくらいです。

【水色】

国産紅茶20131117豊好園かなやみどり2

水色は明るい朱色です。
かおりは、軽くココナッツミルクのような感じですが、おかゆのような感じです。
この段階ではタイプは判断しかねます。
味は仄かに香ばしく、少し華やかなかおりが鼻から抜けます。
温度が落ち着くと、香ばしさが増し、カラメルみたいな風味が立ち上がってきます。
何かと合わせるんでしたら、このくらいがいいのではないでしょうか。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は朱が強くなりました。
かおりも、甘くて香ばしい香りが前面にでてきました。
味は渋みと香ばしさがよく出て、ほんのり甘みがあります。
ここで言えるこの紅茶のタイプは望蘭です。
時間はかかりますが、長く淹れることで、深みの増した味に変化しました。
3分で図るには短すぎたのかもしれません。

【茶殻】

国産紅茶20131117豊好園かなやみどり3

茶殻は膨らむ系で、全体的に『茶葉がそのまま大きくなった』という感じです。
多分、みるからに芯芽や1葉当たりが多いので、結果として膨らんだように見えるという
寸法なのでしょう。
摘採の時の『表面だけなぞるように刈る』光景が目に浮かぶようです。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【京都】椿堂:京都紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、『最初に京都の紅茶を全部集めてみよう』ミッションの時にいろいろ検索・聞き込みをして買いに行ったものです。場所は深草の近くにあり、京阪墨染駅の近所です。自転車で行ったの …

no image

【静岡】井村製茶:べにふうき紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡県の井村製茶さんの紅茶で、 ファーストコンタクトは、11月1日に解説した当方のショッピングサイト『紅茶仲介部』での問い合わせでした。 続いて、フェイスブックグルー …

no image

【島根】西製茶所:出雲の国のべにふうき紅茶

【この紅茶について】 何回も紹介していますが、島根の茶農家さんの紅茶です。ここは、ブーム以前から紅茶を作っている所で、一部の人はここに来て作り方を学んで自分で作られているそうです。そう言う意味で、ここ …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(赤ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、毎度おなじみ十三の茶淹さんで買った紅茶ですが、これを作られている喜寿園のご主人、杉本さんとも知り合いです。杉本さんの紅茶として、うちには黒ラベル、赤ラベル、そしてホテ …

no image

奈良月ヶ瀬の国産紅茶

□岩田さんと紅茶の出会い 当代17代目岩田文明さんは、最初からお茶を作っていたわけではなかったそうです。会社員時代にイギリスで飲んだ紅茶に感動したことと、大学時代から『紅茶をつくらないのか』と言われて …

アーカイブ