国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】豊好園:かなやみどり

投稿日:2013年11月17日

【この紅茶について】

この紅茶は豊好園さんから購入した紅茶の第3弾です。
今回はかなやみどりです。
ここで作られている品種別紅茶はまだまだありますので、
続々更新していきます。
これだけ品種別に紅茶を作っている所は珍しく、
なかなか貴重なところなので、ますます頑張って欲しいです。

【茶葉】

国産紅茶20131117豊好園かなやみどり1

茶葉は、針のように細く撚られて、どれもが大きいです。
裁断していないのはここの特徴なので、見かけは台湾紅茶かと思うくらいです。

【水色】

国産紅茶20131117豊好園かなやみどり2

水色は明るい朱色です。
かおりは、軽くココナッツミルクのような感じですが、おかゆのような感じです。
この段階ではタイプは判断しかねます。
味は仄かに香ばしく、少し華やかなかおりが鼻から抜けます。
温度が落ち着くと、香ばしさが増し、カラメルみたいな風味が立ち上がってきます。
何かと合わせるんでしたら、このくらいがいいのではないでしょうか。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は朱が強くなりました。
かおりも、甘くて香ばしい香りが前面にでてきました。
味は渋みと香ばしさがよく出て、ほんのり甘みがあります。
ここで言えるこの紅茶のタイプは望蘭です。
時間はかかりますが、長く淹れることで、深みの増した味に変化しました。
3分で図るには短すぎたのかもしれません。

【茶殻】

国産紅茶20131117豊好園かなやみどり3

茶殻は膨らむ系で、全体的に『茶葉がそのまま大きくなった』という感じです。
多分、みるからに芯芽や1葉当たりが多いので、結果として膨らんだように見えるという
寸法なのでしょう。
摘採の時の『表面だけなぞるように刈る』光景が目に浮かぶようです。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

no image

【熊本】お茶の坂口園:ゆのつる和紅茶

【茶葉】 本来、3gティーバッグに入ってるんですが、包装を開けました。釜炒り茶っぽい雰囲気はするんですが、選別がちょっと不十分。機械選別の限界なのですかね。 【水色】 水色は明るい橙。香りは特徴なし。 …

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd-2

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買いました。 熊本のお茶のカジハラさんは、「告茶」という名前で商品化しております。 紅茶よりも釜炒り茶の方が印象に残る方で、この方の釜炒り茶のファ …

【静岡】益井園:みらいせかんど2016秋-2

【静岡】益井園: みらいせかんど2016

【 みらいせかんど2016 :この紅茶について】 みらいせかんど2016 は、今年の吉田山大茶会で購入しました。 作ったのは2016年の秋なので、『去年の紅茶』になります。 もう、今年のみらいせかんど …

no image

【熊本】家入近嘉:阿蘇高原紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、『熊本の紅茶をもらったものを更にもらった』紅茶の中の一つです。もちろん、売られているのは熊本近辺だけで、多分、この紅茶に関しては、検索してもヒットしないと思います。そ …

アーカイブ