参考資料

【某所】とある秘密の国産紅茶

投稿日:2013年9月23日

【この紅茶について】

今回の紅茶は、間に人が入って紹介してもらって試験的にいただきました。
まだ明確に商品化というわけではないので、あえて茶園名や産地名など書きません。
これをみてアドバイスを頂けれるのなら、それに越したことはありません。
(ただ、写真と文字だけで想像しろってもが無理なんだよな)
ここでは、やぶきたとか一般的な品種ではチャレンジせずに、
京都産品種で紅茶をつくりたいとおっしゃってました。
品種によって、色々変わります。
埼玉の平岡園さんの今年の試験紅茶みたいに、
個性的でおいしくなる望みのある品種や製法が出てきてくれることを祈ってます。

【茶葉】

20130830秘密1

品種はごこうです。
葉っぱが少し方そうです。
よりがかかってますが、ちょいと緑茶っぽい形状です。
あとは、もうちょい選別をしっかりすることですかね。
繊維と茎は味に影響するということが、わかってきましたので。

【水色】

20130830秘密2

水色は薄い橙です。
葉が硬そうだったので、もしかしたら3分では絶対的に足りないんじゃないかと思います。
でも、『熱湯3分』は基本ですので、これは検証をする時に守っておかないと、他のと差が分からなくなるので仕方ないかと。
そのせいか、香りも味も薄い。
番茶傾向。
ただ、飲んだとき鼻から抜ける香りが、ほんのり花の香りがするので、
ちゃんと入ったら、ちゃんと顔を出すんじゃないかと思うんですね。

で、長時間抽出を待つだけです。

色目は濃くなりました。
少し酸味が顔を出しましたが、苦味渋みはほとんど無しです。
あと、若干メントール傾向もあります。
柑橘系の果物っぽい感じがします。
ただ、紅茶というにはちょっと厳しいかもしれません。
やはり、番茶傾向です。

【茶殻】

20130830秘密3

綺麗に展開されています。
香りも、いい香りが残っていなく『良い紅茶』の条件を満たしていると思っています。
(いいものはお湯に余すところなく溶けだす)
ただ、萎凋が足りないとか発酵が足りない気配がありますので、色々な条件下で作ってみてもいいと思います。
香りがまだ本領発揮してない感じがします。

機会があれば、ここの近隣茶園さんで勉強会とかやりたいな。
絶対によくなる人ばかりだから。

明日も更新します。

-参考資料

執筆者:

関連記事

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶2

【この紅茶について】 この回は、『試作品または試しにと言ってもらった国産紅茶』を扱います。前から同じように、どこのとは書きませんが、なんとなしに情報は書いていきます。(わかってる分は)なので、あとでそ …

ティーポット

和紅茶の底力を『あげていく』には

国産紅茶・和紅茶の現実を直視する 国産紅茶は、いたるところで見かけるようになりました。 最近では大手メーカーもティーバッグやドリンクなど、多岐にわたって展開を始めています。 これも、平成が始まってから …

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶4

【この紅茶について】 今回の紅茶は、平成20年に作られた5年物の『ファーストフラッシュ』です。これも、試しにもらったもので、どこのかは書きません。全国でも『熟成紅茶』という物はそんなにもなく、あっても …

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶8

【この紅茶について】 この紅茶は、『今年の新作』と言ってもらったものです。袋から一掴みなので、荒茶状態だということは予告済みです。 【茶葉】 茶葉は、取り出すときは若干玉になってましたが、なんとかわら …

金沢の氷室のまんじゅう

【閑話休題】京都の水無月と金沢の氷室開き

6月30日は京都では『水無月』です 今日は、Twitterを見ていても、Facebookを見ていても、この和菓子がよく登場する日でした。 夕飯を食べ終えると、ふと嫁さまと『甘いモノが食べたいね』と意見 …

アーカイブ