参考資料

【某所】とある秘密の国産紅茶

投稿日:2013年9月23日

【この紅茶について】

今回の紅茶は、間に人が入って紹介してもらって試験的にいただきました。
まだ明確に商品化というわけではないので、あえて茶園名や産地名など書きません。
これをみてアドバイスを頂けれるのなら、それに越したことはありません。
(ただ、写真と文字だけで想像しろってもが無理なんだよな)
ここでは、やぶきたとか一般的な品種ではチャレンジせずに、
京都産品種で紅茶をつくりたいとおっしゃってました。
品種によって、色々変わります。
埼玉の平岡園さんの今年の試験紅茶みたいに、
個性的でおいしくなる望みのある品種や製法が出てきてくれることを祈ってます。

【茶葉】

20130830秘密1

品種はごこうです。
葉っぱが少し方そうです。
よりがかかってますが、ちょいと緑茶っぽい形状です。
あとは、もうちょい選別をしっかりすることですかね。
繊維と茎は味に影響するということが、わかってきましたので。

【水色】

20130830秘密2

水色は薄い橙です。
葉が硬そうだったので、もしかしたら3分では絶対的に足りないんじゃないかと思います。
でも、『熱湯3分』は基本ですので、これは検証をする時に守っておかないと、他のと差が分からなくなるので仕方ないかと。
そのせいか、香りも味も薄い。
番茶傾向。
ただ、飲んだとき鼻から抜ける香りが、ほんのり花の香りがするので、
ちゃんと入ったら、ちゃんと顔を出すんじゃないかと思うんですね。

で、長時間抽出を待つだけです。

色目は濃くなりました。
少し酸味が顔を出しましたが、苦味渋みはほとんど無しです。
あと、若干メントール傾向もあります。
柑橘系の果物っぽい感じがします。
ただ、紅茶というにはちょっと厳しいかもしれません。
やはり、番茶傾向です。

【茶殻】

20130830秘密3

綺麗に展開されています。
香りも、いい香りが残っていなく『良い紅茶』の条件を満たしていると思っています。
(いいものはお湯に余すところなく溶けだす)
ただ、萎凋が足りないとか発酵が足りない気配がありますので、色々な条件下で作ってみてもいいと思います。
香りがまだ本領発揮してない感じがします。

機会があれば、ここの近隣茶園さんで勉強会とかやりたいな。
絶対によくなる人ばかりだから。

明日も更新します。

-参考資料

執筆者:

関連記事

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶6

【この紅茶について】 この紅茶は『ウンカにかませた茶葉を紅茶にした』その茶農家さんの実験茶です。 【茶葉】 荒茶なのは、実験段階のを詰めて送ってもらったからです。そこは気にしないでおきます。茶葉の形状 …

no image

コメント返しのコーナー

【そんなコーナーはない】 うちの知り合いで、なかなか返答のしづらい所にこっそりとコメントをしてくる人が多いので、本人が見ていることが確定している場所に、書いて返答とともに他の方へのネタ提供にさせていた …

no image

【参考資料】中国茶を淹れてみる(青茶編)

【国産紅茶以外も見てみないとわからない】 よく『中国茶のような』とか『~のお茶の~』とかいう説明をしますが、基本そこまで詳しくない人が多いですので、実際に国産紅茶以外のお茶を淹れてみて見てもらおうかと …

no image

【某所】とある秘密の国産烏龍茶

【この紅茶について】 この茶葉は、あるお茶屋さんのある店員さんが、特に何も貢献できているかわからないのにご好意で送って頂きました。ここのお店は、このタイプの記事では紹介することはありませんが、今まで紹 …

2つの天の川(羊羹の中身)

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

2つの『甘春堂』 京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。 厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。 (類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さん …

アーカイブ