参考資料

【某所】とある秘密の国産烏龍茶

投稿日:2013年9月23日

【この紅茶について】

この茶葉は、あるお茶屋さんのある店員さんが、
特に何も貢献できているかわからないのにご好意で送って頂きました。
ここのお店は、このタイプの記事では紹介することはありませんが、
今まで紹介している国産紅茶の取り扱い農家・店舗の一つですので、
ご興味のある場合は、片っ端からご連絡ください。
前にも書きましたが『【秘密】とある所のとあるお茶』は、お茶をいただくたびにシリーズでお送りします。

【茶葉】

国産紅茶20130914とある烏龍茶1

茶葉は、烏龍茶(青茶)と聞いていたのですが、
まるっきし緑茶です。
ただ、選別も状態もいいので、『程よい緑茶』の烏龍茶です。
ごめん、これ、烏龍茶って言わなければ、ほんとに緑茶そのものだよ・・・

【水色】

国産紅茶20130914とある烏龍茶2

1煎目はものすごく、緑茶っぽい香りです。
見た目はまんま紅茶にみえます。
ですが、製法は半発酵茶だそうです。
渋みの乗りも、緑茶ベースに、軽く手を加えたような感じです。
個人的には、萎凋香をもっと前面に出るような烏龍茶ならよかったかなと思います。
ただ、1煎目が1分かけていれたので、もしかしたら長すぎたのかもしれません。
通常の紅茶の量よりも湯量も125cc前後と少なく茶葉が5gと『青茶仕様』でいれたので、
もっと普通の緑茶に近づければ良かったかなとか思います。
ただ、僅かに紅茶のような発酵香がするので、微妙なラインで綱渡りしながらつくったのかななんて思います。

2煎目淹れました。
まるっきし『熱湯で淹れた2煎目以降の緑茶』です。
渋みは随分さっきのに持ってかれたようで(そりゃ、余熱付き1煎目だったからな)今回は香りが爽やかなのと、軽い渋み、飲んだあとのスッキリ感だけのお茶です。
ただ、これがペットボトルなら間違いなく大ヒットでしょう。
『急須で淹れた味わい』とか、涼しいカオで騙せます。
(※蓋碗でもそう変わらんじゃろ)
ただ、物足りなさを感じるのは仕方ないかな・・・
うまいところを、1煎目に持ってかれたからな・・・
普通の煎茶のように『ゆるい→ちょっときつい→きつい』でお湯を使い分ければよかったかな。

3煎目は予想取り、白湯一歩手前です。
前の段階であんだけガッツリ持って行かれたら、3煎目といえども、残ってるわけなく。
『どれだけ手を抜いても、この味にはならない』くらい、薄くなってます。
蓋碗で烏龍茶の淹れ方したのでこうなったのかもしれませんので、次回は煎茶の淹れ方をしたいと思います。
多分、変わるはず。

【茶殻】

国産紅茶20130914とある烏龍茶3

茶殻は、見た目『丁寧に摘んだ煎茶』です。
しかもポン酢をかけて食べられる若い芽の柔らかい良い煎茶です。
茶葉でも緑茶
飲んでも緑茶
そして茶殻でも緑茶。

どう頑張っても、烏龍茶要素が見つからないよ・・・

明日も、更新します。

-参考資料

執筆者:

関連記事

紅茶アイキャッチ

午後の紅茶ストレートティーデカフェ を飲んでみた

午後の紅茶ストレートティーデカフェ 広がる健康志向とデカフェの流れ 率直な話『そんなにもカフェイン嫌なら、紅茶飲むなよ』とか言いたいのですが、 『それでも私は紅茶が好きなの!』 と力説されてしまった日 …

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶3

【この紅茶について】 今回の紅茶は、去年そこから商品を買ったときにもらった試作品です。正直、この時限りなので、この紅茶は基本的にはもう二度と手に入りません。ここの茶園さんの紅茶は今年から劇的に変わって …

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶

【この紅茶について】 今回の紅茶は、間に人が入って紹介してもらって試験的にいただきました。まだ明確に商品化というわけではないので、あえて茶園名や産地名など書きません。これをみてアドバイスを頂けれるのな …

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶4

【この紅茶について】 今回の紅茶は、平成20年に作られた5年物の『ファーストフラッシュ』です。これも、試しにもらったもので、どこのかは書きません。全国でも『熟成紅茶』という物はそんなにもなく、あっても …

2つの天の川(羊羹の中身)

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

2つの『甘春堂』 京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。 厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。 (類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さん …

アーカイブ