参考資料

【某所】とある秘密の国産紅茶3

投稿日:2013年9月23日

【この紅茶について】

今回の紅茶は、去年そこから商品を買ったときにもらった試作品です。
正直、この時限りなので、この紅茶は基本的にはもう二度と手に入りません。
ここの茶園さんの紅茶は今年から劇的に変わってます。

今回の茶葉は、紅茶って書きましたが、『半発酵茶』の実験茶です。
今年は、品種別紅茶を作る方に専念されているようで半発酵はチャレンジされてないようですが、そちらがひと段落ついたら、またチャレンジしてくれればと思います。

【茶葉】

国産紅茶20130918秘密1

試験用なので仕分けは全くしてません。
それは別に問題じゃありません。
ただ、茶葉の方がすこし弱々しかったなと思います。
今ならそういうことも思えるのですが、あの時は比較が出来るほど僕の方にも
蓄積がなかったのですみません。

【水色】

国産紅茶20130918秘密2

色目は『一般的にオレンジ色』といわれるよりももっと薄いです。
香りは、青茶っぽい香りです。
嫌な感じの混ざった香りはないので、これは評価できます。
(なんで去年気づかなかったんだろう)
飲み口は、ほぼ白湯です。
つまり、3分じゃ全く足りてないってことです。
5分以上でしたね・・・
これは。
もしかしたら、香りがいいのは、良い分だけしかでてないという可能性もあります。
まあ、ある意味『半発酵茶』らしいのですが。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

色目は少し濃くなった感じ。
香りは変化なし。これは安定感というか。
ようやく渋みが出てきました。
ただ、覚えている人が少ないと思いますが、その渋さはアマチャヅルを
軽く渋めに入れたような感じで、軽く渋い薄めの番茶のような感じです。
まあ、これと同じお茶はもう、ないですが(手元にあるだけ)
次を作る上で、比較参考になるのは確かです。

【茶殻】

国産紅茶20130918秘密3

茎は軽いので浮きます。
結果として、茶殻の上の方に固まりますので、随分多く見えます。
実際、多いですが。
茶殻は茶葉と比較して、開いた感は強いです。
元々そういう作りをしていたんだなって、思います。
これからも『開いた系』の紅茶を楽しみ待ってます。

明日も、更新します。

-参考資料

執筆者:

関連記事

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶5

【この紅茶について】 この紅茶は、平成24年産で、品種は在来です。こちらも、試しに頂いたものなので、農家さんとかを伏せさせていただきます。ちなみに、今年もこの農家さんからは頂いてます(試作を)ので、 …

no image

【某所】とある秘密の国産紅茶2

【この紅茶について】 この回は、『試作品または試しにと言ってもらった国産紅茶』を扱います。前から同じように、どこのとは書きませんが、なんとなしに情報は書いていきます。(わかってる分は)なので、あとでそ …

金沢の氷室のまんじゅう

【閑話休題】京都の水無月と金沢の氷室開き

6月30日は京都では『水無月』です 今日は、Twitterを見ていても、Facebookを見ていても、この和菓子がよく登場する日でした。 夕飯を食べ終えると、ふと嫁さまと『甘いモノが食べたいね』と意見 …

2つの天の川(羊羹の中身)

『2つの甘春堂』と『2つの天の川』

2つの『甘春堂』 京都には2つの『甘春堂』という和菓子屋さんがあります。 厳密には、2つじゃないみたいなのですが、ここは話の都合上『2つ』にしておきます。 (類似の話には、「ふたば」という和菓子屋さん …

ティーポット

和紅茶の底力を『あげていく』には

国産紅茶・和紅茶の現実を直視する 国産紅茶は、いたるところで見かけるようになりました。 最近では大手メーカーもティーバッグやドリンクなど、多岐にわたって展開を始めています。 これも、平成が始まってから …

アーカイブ