国産紅茶レビュー 大分県

【大分】山片茶園:べにふうき

投稿日:2013年9月17日

【この紅茶について】

毎度おなじみ「山片茶園」の紅茶です。
正直、「丸子紅茶」「杵築紅茶」「月ヶ瀬健康茶園」そして「山片茶園」だけで
絶対にハズレなのない国産紅茶の記事を延々とかけるのですが、うちのコンセプトと合わないので、山片茶園は時々の登場です。
(大分は茶農家も少ないですが、国産紅茶を生産販売をしている農家がもっとすくないのです)
ここはシーズンごととかロットごととか、細かく紹介できるのですが、
見ててもわからないので、品種ごとにします。
ただ、もしかして生産年数の違うため、前に出た品種が再登場するかもしれませんがご了承ください。

【茶葉】

国産紅茶20130917山片べにふうき1

茶葉は綺麗にまとめられ、綺麗に撚られ、そして綺麗に選別されています。
多分ここの紅茶を買ったことのある人はわかると思いますが、
封を開けた時に既に紅茶の香りが漂ってます。
ちなみに、これは去年の秋に作ったものでこれでも本人曰く『2軍のべにふうき』だそうです。
これよりもいいべにふうきをほとんど見たことがないので、これで2軍なら1軍はどんなものなのか正直想像つかないのが感想です。

【水色】

国産紅茶20130917山片べにふうき2

水色はライトで薄い橙です。
香りは紅茶らしい華やかさと甘い香りが混ざってる感じで
味はしっかり渋いです。
紅茶品種らしい味になってます。
後味がライトなのは、もしかしたら、3分という時間が短いせいなのかもしれません。
ただ、渋さが出ている分、本当に時間が足りなかったというわけじゃないでしょう。
まだなにか出る、そんな感じです。
温度が落ち着いたら、ダージリンのFFのような青茶っぽい香りが出てきました。
これ、秋茶(オータムナル)なんですけどね。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は倍以上になってます。
香りはさっき出ていた香りよりも強くなり、離れていても芳香がわかるくらいに
香りが強く出ています。
味は、渋さはさっきと同じくらいですが、紅茶らしい『濃い味』が出てます。
味は濃くて、砂糖や牛乳を入れたいという衝動にかられますが、
そのまま飲んでもスッキリ飲める。
こういうのを作れる彼の感性には感服します。

【茶殻】

国産紅茶20130917山片べにふうき3

改めて茶葉の写真と比較して欲しいのですが、
これは「綺麗に開いた茶葉の見本」のような紅茶です。
裁断してサイズ調整をしてあるのは間違いないですが、
それでもなお丁寧に作られ綺麗に開くことのできる茶葉は、
実のところ、そんなにもありません。

それが、現状としては根性でネット購入をさがすが(僕を仲介すればすぐですが)
大分の道の駅でしか買えないという状況です。
個人生産なので生産量は少ないですが、ご興味のある方は仲介します。
ただ、今の商品ラインナップがよくわからないんですよね。
時々増えたり減ったりしますし。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】西村農園:パパティー(Papa tea)

【この紅茶について】 この紅茶はこの紅茶を作った『西村農園』さんが、曽祖父・祖父の代と紅茶を作って海外に輸出をしていたらしく、それを現代に復活させて飲んでもらおうと始めた商品だったそうです。現在は、こ …

no image

【岐阜】新世紀工房:東白川生まれの紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、「都道府県集中注文」の時に、一気に買った岐阜県産紅茶の一部です。岐阜県は「白川茶」で代表されるお茶の産地です。こちらでも、いくつかの茶農家さんがチャレンジをして紅茶を …

【静岡県】益井園:かほりせかんど2016-2

【静岡県】益井園: かほりせかんど2016

【 かほりせかんど2016 :この紅茶について】 かほりせかんど2016 は、益井園のかほりせかんどの2016年分です。 購入が6月でしたので、必然的に2016年です。 このブログでは多く登場している …

no image

【岡山】富原製茶組合:かつやま紅茶(在来)

【茶葉】 もうちょい選別を丁寧にしてほしいな、というのがはじめの感想です。多分、紅茶としてのラインじゃなくて、煎茶としてのラインを流用しているのだと思いますが、出荷される煎茶と同じくらいの気の使い方を …

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶①

①と書いたのは、②があるからです。 【お茶農家兼プログラマー】 平岡園さんは、ツイッターの方で、主に『プログラマー』の方でお世話になっております。 その方の去年の三富紅茶(商品名)を出してみました。 …

アーカイブ