国産紅茶レビュー 高知県

【高知】広井茶生産組合:しまんとRED

投稿日:2013年8月1日

【日本で最も成功している紅茶かもしれない】

高知県は、日本の紅茶の歴史を語る上で大事なところで、
試験的に中国から茶師を雇い、大分県と熊本県で製造に乗り出しますが
散々たる結果に終わります。
それから後に国産紅茶の父と言われる人を雇い、中国・インドに調査に行き、
その後中国の技術者とともに最初に製造に取り掛かったのが高知県安丸村(香美市物部町安丸)でした。
(それに関しては、当サイトの『国産紅茶の歴史』の方で、もう少し詳しく書いてあります)
ただ、しまんとREDのある所がその場所ではなく、随分と離れてますが、同じ高知県ということで考えてます。

タイトルの『成功している紅茶』と書いたのは、その販売です。
全国広域でアプローチをしているということと、メイン施設『道の駅とおわ』があるということです。
『とおわ』は高知県はおろか、四国でも最も有名な道の駅です。
そこを中心に全国販売をしているという商売のうまい会社ということです。
他のお茶農家さんも見習って欲しいな。
(真似は、むりだって)

【茶葉】

20130731しまんとRED1

パッと見ため荒茶です。
まあ、そのまんまですね。
せめて繊維と茎はもっととって欲しかった・・・
(自分で取るしかありませんか)

【水色】

20130731しまんとRED2

透き通る琥珀色。
軽く樹木の蜜っぽい香り。
渋くなくえぐくなく、すんなり飲める。
いろいろ足さないほうがいい、というか足したら確実に負ける。
少し番茶っぽい。
ただ、食物の邪魔にならない味なので、名脇役かもしれない。
残り香はそんなにも残らない。
長く漬けても、えぐみは出てこない。
返って砂糖控えめの和菓子のようなさっくりした風味。

【茶殻】

20130731しまんとRED3

茶葉の段階で荒茶でしたでの、
淹れたあとも同じような感じです。
ただ、茶葉と茶殻だけ見せて、味を想像しろと言われると
もっとひどい評価をすると思います。
それでも、すんなり飲める味わいを出せるのは、
ひとえに作りの丁寧さなのかもしれません。

これからも益々の品質向上をお祈り申し上げます。

-国産紅茶レビュー, 高知県

執筆者:

関連記事

no image

静岡:タネカ太田園:太田さんちの紅茶

□熟成という不思議 基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになります。それが熟成と …

no image

熊本:天の製茶園:天の紅茶

先日ですね、滋賀県に国産紅茶の全ストック持って行ったんですよ。全ストック。そして、呼んで頂いた方に14種類ぐらい紅茶を飲んでいただいたんですよ。14種類ぐらい。そしましたらね、そのお方が、これを大変気 …

no image

【岡山】百姓のわざ伝承グループ:高梁紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、去年(2012年)の地紅茶サミットの開催地岡山県高梁市の紅茶で、 主催者グループの作っているものです。 元々は農家グループの地紅茶だったのですが、今メインで作っていら …

no image

【静岡】井村製茶:べにふうき紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡県の井村製茶さんの紅茶で、 ファーストコンタクトは、11月1日に解説した当方のショッピングサイト『紅茶仲介部』での問い合わせでした。 続いて、フェイスブックグルー …

no image

【三重】伊勢福:日ノ本紅茶(ベニホマレ)

【この紅茶について】 事の始まりは『お伊勢さん(内宮)の前の商店街でベニホマレが売っていた』というフォロワーの方のツイートでした。ベニホマレは、全国的にも数えるくらいしか作ってません。(5軒もいないは …

アーカイブ