国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎】岩佐製茶:高原町産紅茶

投稿日:2013年8月16日

【このお茶について】

この紅茶は、普通に買いに行ったものじゃなくて、
Twitterで紹介を受けて注文しました。
テレビかラジオの地方放送で紹介されていたものらしく
全国的に放送されていなかったので、注文した時大変驚かれていたのを
覚えています。
その年だけの実験販売だったのか今年も売ってるかは知りませんが、
スポットで買えた珍しい紅茶です。

【茶葉】

20130816紅茶1

まず、これもティーバッグで売ってましたので展開しました。
東京紅茶さんの時も触れましたが、日本においては『お手軽』『普段使い』などを謳わない限り
相当なブランドがないとティーバッグは安物扱いされます。
消費者には『ティーバッグ→お手軽→安物』というイメージが確定してます。
単価を高めるなら、茶葉の形を残すことに努力して、極力リーフで売る方が高値で売れます。
イメージって怖いですね・・・

このお茶は、ティーバッグに入れる事を前提にしたのか、細かくしてあります。
CTCとかではなくて、多分粉砕機か何かで細かくしたのかもしれません。
個人的には繊維・茎の選別をもっとしっかりしてほしかったなと思います。

【水色】

20130816紅茶2

ほのかに甘酒の香りかなっておもったけど、
飲んでみたら、渋い番茶です。
水色は底までみえるのですが、少し淀んでます。
茶葉が粉砕されて細かい分、もしかしたら、この短時間ですべて出ているのではないかと推測し見てます。

まあ、あとでわかるわけですが。

水色は少し濃くなった程度。
香りは渋めがもっと強くなりました。
ただ、若干、紅茶らしい香りが見え隠れしてます。
味は、酸味が強く出て、紅茶という感覚が薄いですね。
もっと茶葉を少なくすると良かったかもしれない。
(それじゃ)検証にもならない。

【茶殻】

20130816紅茶3

茶殻は、『開いた』というよりも『膨らんだ』というイメージです。
多分その結果、抽出時間が早くなったのでしょうが、それがいいのか悪いのかは何とも言えません。
まあ、まだたくさん回数を重ねて作っていって、もっといい紅茶になることを期待します。
長時間淹れた紅茶には、確かに、『紅茶らしい香り』が隠れていたので、それを引き出す技術と工夫ができれば、ちゃんとした紅茶になるのではないかと思います。

まだまだ発展途上の紅茶なので、期待したいと思います。

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

【奈良県】羽間農園:自然発酵紅茶2016-2

【奈良県】羽間農園:自然発酵紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良にて購入しました。 僕自身としては、初めての紅茶になります。 自然のままに、農薬や肥料を不使用で作られたお茶とのことです。 ナチュラル系の好きな方は …

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶2016-2

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で購入しました。 前にも紹介しました太田重喜製茶工場さんの紅茶です。 【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶さやまみどり2016-2n …

【京都府】和束紅茶:京都和束紅茶ふきみ2017-2

【京都府】和束紅茶: 京都和束紅茶ふきみ2017

【 京都和束紅茶ふきみ2017 :この紅茶について】 京都和束紅茶ふきみ2017 は神戸ティーフェスティバルで購入しました。 この試飲記事でもおなじみの和束紅茶さんの紅茶です。 品種など詳しいことをお …

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みき2016-2

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みき2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良か茶源郷祭りで買いました。 どっちか忘れました。 多分、茶源郷祭りじゃなかったかなぁって思います。 今年に入って試飲をしている一つです。 こちらも、 …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(赤ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、毎度おなじみ十三の茶淹さんで買った紅茶ですが、これを作られている喜寿園のご主人、杉本さんとも知り合いです。杉本さんの紅茶として、うちには黒ラベル、赤ラベル、そしてホテ …

アーカイブ