国産紅茶レビュー 奈良県

【奈良】さざんかの会:Tsukigase Tea 紅茶

投稿日:2013年8月18日

【この和紅茶について】

この国産紅茶は、奈良県月ヶ瀬の道の駅で売ってる紅茶です。
奈良のイベントでちょこちょこ取り扱っているらしく、奈良市市内のイベントにも出てくるそうです。
地域の人たちが作ったいわゆる『地元農家の紅茶』だそうで、プロの手が入っているのかどうかは不明です。

どのくらい前から作ってるかは、月ヶ瀬の葉香製茶のジャットさん(仮名)に聞くのがはやいかもしれませんね。

【茶葉】

20130818さざんかの会1

茶葉の形状は、いわゆる『良い国産紅茶』と同じような感じです。
茎や繊維の取り方も思った以上に丁寧で、気を使っているなと感じます。
茶葉だけ見ると、すごく期待できる紅茶です。

【水色】

20130818さざんかの会2

甘酒とポン菓子を混ぜたような香りからスタートです。
水色は、薄いですが思った以上に悪くない。
軽く、花のような香りが見え隠れしてます。
買ったときは、実のところそんなにもいい印象がなかったのですが、
そこまでも悪くない様子。
ただ、飲んでみてゆっくり思うと、やはり番茶っぽいです。
渋みは紅茶の渋みというか、ほうじ茶に似た香ばしさ。
でも軽くですけど。
正直、もっとエグ味があるのかなと思いきや、そこまでなく
普通に飲めるという状態です。

これが長時間淹れたあとならどうなるのでしょうか。

長時間淹れた色目はそんなにも差はありません。
香りもほぼ大差なく、渋みが40%増しになったくらいです。
普通、こういう和紅茶は、喉に張り付くイガイガ感が出てくるのですが、
ほぼ出てきてません。
その点では不思議な紅茶です。
ただ、薄手の紅茶なので、ほかの一般的な国産紅茶と同じで
砂糖や牛乳には負けます。
ストレートがいいですね。

【茶殻】

茶葉が綺麗に展開されています。
見た目なら、最初と最後だけ見ると、日本でもおすすめできる紅茶の部類に入ります。
ただ、香りがいい香りが残ってしまってて、紅茶にこの香りが移っていればもっと変わっただろうと残念に思います。
地元のおばちゃんグループが作っていると言われましたが、見た目だけは侮れません。
これで、味に関する品質向上がついてくると、日本でも有数の紅茶に化けるかもしれません。
そういう意味で、あとが楽しみな紅茶です。
(気づいて改善してくれることを切に願います)

明日も更新します。

-国産紅茶レビュー, 奈良県

執筆者:

関連記事

熊本ゆのつる和紅茶べにふうき2016-2

【熊本県】お茶の坂口園:ゆのつる和紅茶べにふうき2016

【この紅茶について】 この紅茶は、今年地紅茶サミットが開かれる熊本県水俣市の紅茶です。 水俣市は多くの高品質な紅茶を作る地域で、今のところ「ハズレを探すのが難しい地域」になります。 2013年にここの …

no image

宮崎:宮崎茶房:やまなみ

□出会いは吉田山 毎年6月ごろに記事にしてます『吉田山大茶会』今年もありますが、そこに見ている限りでは毎年参加されています。毎回ひっそりとブースを構えていらっしゃるので、正直人だかることもありません。 …

no image

【静岡】豊好園:香駿

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡の豊好園さんに複数品種送って頂いた紅茶の一つです。今回で2品種目の紹介です。ここでは、毎年多品種で紅茶作りに挑戦しているらしく、今年も沢山作られたようなのですが、 …

no image

大分:杵築紅茶:べにふうき

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園 このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、 …

【静岡県】カネトウ三浦園:手摘み和紅茶春摘み2017(べにふうき)2

【静岡県】カネトウ三浦園:手摘み和紅茶春摘み2017(べにふうき)

【この紅茶について】 この紅茶は、神戸ティーフェスティバルで購入しました。 先日記事を書きましたカネトウ三浦園さんの春茶です。 品種は同じくべにふうきです。 今年2017年の日本茶アワードプラチナ賞を …

アーカイブ