国産紅茶レビュー 熊本県

【熊本県】桜野園:お天道さんの紅2016(2番茶)

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。
熊本水俣市の農家さんの紅茶です。
こちらの紅茶は、有名な紅茶専門店でも使われる農家さんです。
過去記事も合わせて御覧ください。
「さくら紅茶」という商品が有名です。

→過去記事はこちら

もしかして、この商品は初めてかな。

【茶葉】

【熊本県】桜野園:お天道さんの紅2016(2番茶)1
茶葉は全体的に細くて短い印象があります。
ティースプーンで掬っている時に、「大きめのBOP?」という印象を感じました。
ただ、改めて写真などで確認すると、心芽や一葉に近いところを集中的に摘んでいるような感じがしました。
とりあえず、大きな茶葉を使わず柔らかい茶葉を集中的に使っているんだなというきがします。

【水色・味・香り】

【熊本県】桜野園:お天道さんの紅2016(2番茶)2
3分淹れました。
水色は、やや濃い目の朱色です。
香りは、ポン菓子のようで、甘くて香ばしいです。
味は、ふんわりと香ばしく、甘さが鼻から抜けていきます。
印象的には、焼き芋の皮みたいな風味です。
甘美味しいという感じになります。

味の系統は、望蘭系です。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、3分の時よりも5倍増しなくらい濃い赤です。
香りは、軽く柑橘系っぽい香りがしますが、香ばしい香りです。
味は、口に含むと酸味が走りますが、直後から香ばしさが広がります。

3分とそれ以後と全然違う紅茶になります。
あっさりさっぱりと楽しみたい人は3分くらいで、ガッツリストロングに楽しみたい人は最低6分以上淹れておくと良いでしょう。

【茶殻】

【熊本県】桜野園:お天道さんの紅2016(2番茶)2
茶殻を見ると、茶葉の時の量が嘘のように増えてます。
ひらいて初めて裁断して長さを整えていたのかとわかりました。
細くて短くて軽めの茶葉がここまで自己主張をする茶殻になるなんて想像もできませんでした。

ちなみに、これは淹れ方によってですが、複数回いけます。
最初は浅めに淹れて、だんだん時間を長くしていくと、4煎ぐらい楽しめそうです。

-国産紅茶レビュー, 熊本県

執筆者:

関連記事

no image

高知:香ル茶園:香ル茶

始まりは新聞記事 今日、読売新聞全国版で、 『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり) という記事が紹介されていました。 前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えて …

no image

奈良月ヶ瀬の国産紅茶

□岩田さんと紅茶の出会い 当代17代目岩田文明さんは、最初からお茶を作っていたわけではなかったそうです。会社員時代にイギリスで飲んだ紅茶に感動したことと、大学時代から『紅茶をつくらないのか』と言われて …

no image

【静岡】田原製茶:菊川紅茶

【茶葉】 茎が多い目ではありますが、全体的に細かい茶葉です。発酵がしっかりしているようで、色目も光をどう変えてもこの色です。正直、測りやすい茶葉でした。 【水色】 水色は、透明度が高めの朱色です。香り …

no image

【埼玉】平岡園:三富紅茶②

【転換の始まり】 今年、紅茶を作る前に、静岡の丸子ティーファクトリーで紅茶の製造講習会を受けてきたと連絡が入りました。丸子ティーファクトリーというのは、国産紅茶では有名な丸子紅茶の併設ラボで、紅茶の製 …

no image

【奈良】さざんかの会:さざんか紅茶

【茶葉】 茶葉は全体的に小さくまとまり、綺麗にグリグリされてます。玉緑茶のような加工をしてるわけではないのでしょうが、綺麗にぐり茶の形式になってます。仕分けもほどほど良く、見た目は良い方です。 【水色 …

アーカイブ