国産紅茶レビュー 大分県

大分:山片茶園2012奥武蔵FF

投稿日:2013年3月26日

前々回の山片茶園さんのお茶の記事に
『ここの茶葉は、FFもSFも含めて青っぽいのが多いのですが、』
と書きました。

今回はそのFF(一番茶)ですので、

山片茶園奥武蔵2012FF1

こんな感じに青いです。
インドのカングラみたいといえば、そうですし、
ダージリンのFFにもこの位青いものもあります。
本人曰く『リーフル(東京の有名紅茶専門店)さんに飲ませてもらったダージリンを手本にしてる』
とのことですので、他と比べると圧倒的に違うものが出来上がるのも納得できるなという感じです。

抽出条件は、いつも同じで、急須で400ccで5gで3分。
これは変えません。

山片茶園奥武蔵2012FF2

カップに注いた段階で『酔いそうなくらいの華やかで甘い紅茶の香り』がします。
3分の段階では渋みはそう出ていないのですが、
そのままつけっぱなしにすると、しっかり渋みがでてきます。
もちろん、渋すぎて飲めなくなると言う事はありません。
(ただし、紅茶をあんまし飲んでない人にとってはその時はきついかも)

渋いのが嫌な人は、5分で茶葉を上げるか別のポットに移すかして
茶葉を抜くのもいいかもしれません。

これを飲んでて、『近所でケーキを買いに行きたい』という感覚になれますw

淹れ終わった茶葉をみてみますと

山片茶園奥武蔵2012FF3

青い茶葉が多いです。
フレッシュとかそういうことではなく『元々青い茶葉で出来ているんだ』と
言う事でしょうか。
でも、煎茶のようなアミノ酸の旨みとかはありません。

まあ、そこは、紅茶ですから。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

no image

【岡山】富原製茶組合:かつやま紅茶(在来)

【茶葉】 もうちょい選別を丁寧にしてほしいな、というのがはじめの感想です。多分、紅茶としてのラインじゃなくて、煎茶としてのラインを流用しているのだと思いますが、出荷される煎茶と同じくらいの気の使い方を …

no image

【静岡】丸子紅茶:丸子紅茶(紅富貴)FF+SF

【この紅茶について】 丸子紅茶は、今の国産紅茶業界のフラグシップのような茶園さんです。国産紅茶の父、多田元吉の地盤であり、この地から多くの『紅茶品種の再発見』がされてます。前世代から継続的に引き継いで …

no image

島根:西製茶所:出雲国の紅茶

Twitterで『知り合いばかりでステマっぽいので、そうでない茶園のを書きたい』のようなことを書きました。 まあ、ただ、今の段階で買うにもしんどい所では、紹介の意味もないな・・・なんて思いまして、その …

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶2016-2

【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で購入しました。 前にも紹介しました太田重喜製茶工場さんの紅茶です。 【佐賀県】太田重喜製茶工場:国産うれしの紅茶さやまみどり2016-2n …

no image

【静岡】豊好園:やまかい

【この紅茶について】 多くの品種紅茶を送ってくださった豊好園さんの紅茶です。 今回は「やまかい」という品種で、緑茶に使われます。 ただ、こちらも他と同じようにそんなにも多く栽培されておらず、 こだわり …

アーカイブ