国産紅茶レビュー 大分県

大分:山片茶園2012奥武蔵FF

投稿日:2013年3月26日

前々回の山片茶園さんのお茶の記事に
『ここの茶葉は、FFもSFも含めて青っぽいのが多いのですが、』
と書きました。

今回はそのFF(一番茶)ですので、

山片茶園奥武蔵2012FF1

こんな感じに青いです。
インドのカングラみたいといえば、そうですし、
ダージリンのFFにもこの位青いものもあります。
本人曰く『リーフル(東京の有名紅茶専門店)さんに飲ませてもらったダージリンを手本にしてる』
とのことですので、他と比べると圧倒的に違うものが出来上がるのも納得できるなという感じです。

抽出条件は、いつも同じで、急須で400ccで5gで3分。
これは変えません。

山片茶園奥武蔵2012FF2

カップに注いた段階で『酔いそうなくらいの華やかで甘い紅茶の香り』がします。
3分の段階では渋みはそう出ていないのですが、
そのままつけっぱなしにすると、しっかり渋みがでてきます。
もちろん、渋すぎて飲めなくなると言う事はありません。
(ただし、紅茶をあんまし飲んでない人にとってはその時はきついかも)

渋いのが嫌な人は、5分で茶葉を上げるか別のポットに移すかして
茶葉を抜くのもいいかもしれません。

これを飲んでて、『近所でケーキを買いに行きたい』という感覚になれますw

淹れ終わった茶葉をみてみますと

山片茶園奥武蔵2012FF3

青い茶葉が多いです。
フレッシュとかそういうことではなく『元々青い茶葉で出来ているんだ』と
言う事でしょうか。
でも、煎茶のようなアミノ酸の旨みとかはありません。

まあ、そこは、紅茶ですから。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

no image

大分:杵築紅茶:べにふうき

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園 このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、 …

【静岡県】カネトウ三浦園:手摘み和紅茶春摘み2017(べにふうき)2

【静岡県】カネトウ三浦園: カネトウ手摘み和紅茶春摘み2017

【 カネトウ手摘み和紅茶春摘み2017 :この紅茶について】 カネトウ手摘み和紅茶春摘み2017 は、神戸ティーフェスティバルで購入しました。 先日記事を書きましたカネトウ三浦園さんの春茶です。 品種 …

【埼玉県】心向樹:べにふうき2016(赤いラベル)2

【埼玉県】心向樹:べにふうき2016(赤いラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 心向樹さんは、農家さんではなくて茶商さんです。 いろんな地に出向き、品質の良いお茶を求めて、それを小分けにして販売しています。 こ …

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016-2

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入したものです。 静岡は生産者がどんどん増えている地域です。 ある程度似ている形状のものもあれば、それとは違う物を目指す人もいます。 この方の紅 …

【静岡県】益井園:かほりふぁあすと2017-2

【静岡県】益井園: かほりふぁあすと2017

【 かほりふぁあすと2017 :この紅茶について】 かほりふぁあすと2017 は、益井園さんの紅茶です。 香駿という品種のファーストフラッシュです。 もう2017年も終わりというのに、遅れてしまい申し …

アーカイブ