お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

仏式?英式?和式?タイプ別でみる紅茶の淹れ方第2回

投稿日:2013年5月25日

□仏式で淹れる

用意したのは以下のものです。

  • ポット
  • コットンフィルター

これといって多くもなし。

□手順

コットンネル1

ポットを用意します。
余熱の前に
コットンネル2
サイズ確認してみました。

お湯を沸かしたら、

コットンネル3
そのままお湯を入れて余熱をします。
余熱をしたら、茶葉を入れてお湯を入れて、

コットンネル4

ティーコージーを被せて3分。

コットンネル5

引き上げ作業がすごく楽。ただ、
コットンネル6
茶葉がちゃんと開いたのか不安になる。
でも、これもありじゃないかな・・・なんて思える程度ですね。

□感じた特徴

コットンネル7

感想としては、そこまで薄くないという感じです。
期待ではもっと薄くなってると思ってたんですが、ちゃんと香りも味も出てて、
思ったよりも良かったです。
片付けが楽なので、いいのと、入れっぱなしにすることを前提にしていないので、
毎回茶葉を抜く人には向いているのかもしれません。

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

ワタシにお茶を語らせるとは!!

 ブログネタ:どのお茶が好き? 参加中 実は、”どの”といわれると、大変困ったりします。日ごろは、紅茶を手鍋で淹れて、ミルクティーにしてます。 手順・手鍋にティーサーバーいっぱい(約700m …

no image

使うから買った茶器

多分、どこかで見たことがある人も多いのではないでしょうか。中国茶を淹れるときに見かけるあのセットです。 たまたま入ったリサイクルショップで未使用である状態で購入。相場がよくわからないのですが、全部で3 …

no image

誰もやったことない紅茶の淹れ方

□事の初めはツイッター お昼の話で、用事で外に出ながらツイッターをしていたら、フォロワーさんが紅茶の温度のツイートをしていたので、いつもどおり絡んでました。 (そういうのが大丈夫なキャラなので) その …

no image

いまだに、中国茶が良くわからない。

中国茶の起源について お茶の起源は、中国の南西部かビルマ(ミャンマー)のあたりだと言われてます。 それが証拠か知りませんが、ビルマには”ラペトゥ”と呼ばれる、食べるお茶があります。 人間の食の確認は、 …

no image

ティーバッグで美味しい紅茶を淹れる方法。【経年訂正版】

◆過去記事『ティーバッグの淹れ方』の修正 過去に書いた記事で ティーバッグの淹れ方。3通りのその1(電子レンジ編) ティーバッグの淹れ方。3通りのその2(鍋編) ティーバッグの淹れ方。3通りのその3: …

アーカイブ