お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

仏式?英式?和式?タイプ別でみる紅茶の淹れ方第2回

投稿日:2013年5月25日

□仏式で淹れる

用意したのは以下のものです。

  • ポット
  • コットンフィルター

これといって多くもなし。

□手順

コットンネル1

ポットを用意します。
余熱の前に
コットンネル2
サイズ確認してみました。

お湯を沸かしたら、

コットンネル3
そのままお湯を入れて余熱をします。
余熱をしたら、茶葉を入れてお湯を入れて、

コットンネル4

ティーコージーを被せて3分。

コットンネル5

引き上げ作業がすごく楽。ただ、
コットンネル6
茶葉がちゃんと開いたのか不安になる。
でも、これもありじゃないかな・・・なんて思える程度ですね。

□感じた特徴

コットンネル7

感想としては、そこまで薄くないという感じです。
期待ではもっと薄くなってると思ってたんですが、ちゃんと香りも味も出てて、
思ったよりも良かったです。
片付けが楽なので、いいのと、入れっぱなしにすることを前提にしていないので、
毎回茶葉を抜く人には向いているのかもしれません。

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

高い紅茶を使うととたんに記事が面白くなくなる件について。

今日は、たぶん35℃ぐらいです。 (@京都右京区) 冷たいお紅茶を作り置きしておくのをわすれてしまい、 しかたなく、 「暑い季節に、熱いお茶!!」 という、べたな選択になってしまいました。 で、早速 …

no image

猫のお試しはいかがですか?

とは言っても、生きた猫を『ほいっ』って渡すわけではありません。 ここの猫→JANATさん のことです。 (もし、他の会社でも猫が使ってるのがわかったら、J猫と呼びます) メールで、届いたのが、 『サン …

no image

2012年、初めて淹れたお茶

お茶の淹れ初め。正直、このまま自分で淹れないままズルズルと2月に突入してやろうかとも考えましたが、在庫を数えれば数えるほど、そういうわけにはいかない事実に直面するわけです。 散々悩んだ挙句、今年の一煎 …

no image

牛乳のほかに入れるもの

最初にお断りしておきます。 今回は、便乗記事です。 何に、便乗したかと言うと、 最近ヘビーローテーションで読ませていただいている、 紅茶サイト Tea for Life別館さん リンク先が、すでにその …

no image

『湯煎で紅茶を淹れる』をまじめに考えてみた。

□そもそも、陶器だったのが間違い 陶器は『冷めにくいので陶器のポットで紅茶を淹れましょう』というくらい、保温性がある。陶器は中に空気を含んでいるので、なおさらのことだろう。少なくとも、100度のお湯と …

アーカイブ