お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

仏式?英式?和式?タイプ別でみる紅茶の淹れ方第1回

投稿日:2013年5月23日

□国によって淹れ方に作法があるのか?

『国によって、お茶の淹れ方が違う』
ということが、紅茶好きになり色々耳にするたびに言われるようになります。
基本、興味のない人にとっては『お茶っ葉をお湯に入れるだけだろ?なんのことか?』なんですが、物事に地域別の『伝統や格式』などという、オヒレハヒレくっつくと、勝手に縄張り争いを初めて、勝手に元祖やら本家やら言い始めます。
気がついたら、そう大したことないことを『ほかの人には教えない。秘伝の技法だ』とか言って、神格化を始めちゃうので、タチが悪いです。

基本的には、そういう人たちはほっておいて、多分、食文化やライフスタイルの違い、そして水の違いなどで差異が出てきたのではないのかと思われる違いを、記事にしたいと思います。
細かく突き詰めればキリがないので、ここでは大まかに3つほど書きたいと思います。

  • 英式(ゴールデンルール)
  • 仏式(マリフレ式)
  • 日本式(岡本式)

『お茶をお湯で淹れる』というポイントは同じなのですが、
微妙に方法が違うので、その点からここでは書いていきたいと思います。
極論を言えば、美味しく飲めればそれでいいわけですから。

□何を使うのか?

基本的に大きな違いはありません。
英式でも仏式でも似たようなティーポットを使います。
日本式(あくまでも今回の場合は)は『雰囲気』を出すために『宝瓶』(ほうひん)というのを使います。
玉露とかで使う取っ手のない急須です。
仏式では、『コットンフィルター』という漏斗型の布を使います。
いわゆる仏式では、茶葉を残しておかないのがポイントだそうです。

□違いはあるのか?

ここは、あくまでも仮説の段落になるのですが、
仏式は英、日本式と比べて、薄目に仕上がるんじゃないかと思ってます。
英式と日本式の差を出すのが、厳しいかな・・・と。
(淹れ方同じですから)次回から、写真付きで検証をしてみたいと思います。

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

猫のお店

と言っても、本当に『猫の店』ではありません。 『紅茶の猫』ということで、フランスの紅茶メーカーJANATの日本のお店です。 でも、リアルショップではありません。 WEBショップです。 正直、知りません …

no image

地球上で淹れるのが最も難しいお茶

と言うことで、今年最後に淹れるのは です。 静岡に行った時に買ってきた、『宇治茶』の玉露で、 20g1000円でした。 お茶は、『100g~円』という言い方をするのが一般的なので、 100gだと、50 …

no image

ある紅茶専門店にまつわる創業伝説と偉人創業者①

今も残る企業には、その伝説と偉人とも言える創業者の存在があります。 例えば、自動車のフォードは、創業者ヘンリー・フォードが自動車の大量生産を行い一般化を果たしたという伝説があり、GEには、発明王トーマ …

no image

一風堂ではルイボスティーですが、天天有ではさんぴん茶です。

気がつけば、一風堂のルイボスティーの入った ポットが空になってます。 みこどんです。 ルイボスティーの記事につきまして、多数のコメントありがとうございました。 アクセス数が一日1000を超えたことは多 …

no image

ここんとこ、ぐり茶を検証

もう、はるか前の話になりますが(旅記事は昨日まででしたが)、熱海に行ったときに買ってきた『伊豆のぐり茶』を 今再あけて淹れてみたんですが、いまいちしっくり来てない。 昨日は、『2回湯冷まし、40秒抽出 …

アーカイブ