国産紅茶レビュー 高知県

高知:香ル茶園:香ル茶

投稿日:2013年3月30日

始まりは新聞記事

今日、読売新聞全国版で、
『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり)
という記事が紹介されていました。
前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えています。
原因はいろいろありますが、一番大きいのは『緑茶では生活ができない』という点だそうです。
ただ、緑茶用の機械でそのまま紅茶を作れるほど甘くもないので、
いかに作れるかみんな模索中らしいですが。

紹介されていた方々

現状を知ってもらう記事として、『作る方』と『売る・飲む方』の
二面で紹介されています。
取り上げられていた方を紹介しますと、

『香ル茶園:片岡さん』 
(WEB:『沢渡茶』)
高知で兼業農家をされています。
ツイッターで日々の生活と農作業をツイートされています。
現実はなかなか大変そうです。

・『日本紅茶協会』
国産紅茶の歴史を少し触れています。

・『ルピシア』
国産紅茶を販売してます。グランマルシエとかネットで買えるようです。

『たたみぜ和紅茶さん』
このブログのお気に入り登録もされています。
関東でイベントをされているそうです。

『国産紅茶専門店紅葉(くれは):岡本さん』
国産紅茶専門店の先駆けで老舗です。
(というてもここ以上古い専門店は知りません)
安定したブレンドと品質で、国産紅茶では確固たるブランドを築いてらっしゃいます。

以上、記事を読んで頂ければありがたいと思います。

で、香ル茶があるわけですが

実のところ、この紅茶は持ってます。

高知香ル茶20120330-1

いつでも買えるというものではなくて、
季節によってない場合があります。
国産紅茶全般に言える話なのですが、
生産が個人で少数で緑茶と兼務なので、
売り切れが普通にあります。
購入の際は、一度在庫の問い合わせをしていただければいいと思います。
※僕も問い合わせました。

最後の一杯にゴールデンリングが

高知香ル茶20120330-2

淹れた条件はいつもと同じです。
このブログを初めてご覧になられた方のために毎回書きますが、
お湯:400cc
茶葉:5g
時間:3分
です。
余熱はちゃんとし、ティーコージーをかぶせて高温で淹れてます。
香りは、実は3分では物足りなく、実際飲みだしたのは5分超えてから。
甘酒もしくは酒粕のようなふんわりとした香りとかすかに渋み。
せんべいなどのお菓子が欲しくなるような味です。
実は、これはこれで好きなですよね。
最後の最後まで渋みで飲めなくならないので。
安心して最後の一滴まで飲めます。

ばらつきなく淹れられるのは良い条件

茶殻は

高知香ル茶20120330-3

きれいに裁断をかけられていて、
量りやすいです。
基本、茶さじでざっくりすくって入れるので、こういう量りやすい茶葉は好きです。
これからも、肩ひじ張らなくてもいい紅茶を飲めることを願い続きたいですね。

-国産紅茶レビュー, 高知県

執筆者:

関連記事

no image

大分:山片茶園:田舎のお茶やの紅茶です(レギュラー)

□一期一会の普及品 本人にも確認してますが、『レギュラー商品は単品で売るには忍びなく、ブレンドすると本気を出すロットを集めている』というものです。つまり、今から書くレビューがこうだという感想を書いても …

【岐阜県】なべしま銘茶:飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016-2

【岐阜県】なべしま銘茶: 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016

【 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016 :この紅茶について】 飛騨紅茶ファーストフラッシュ2016 は、今回飲む紅茶はもともとティーバッグで頂いたものです。 2.5gづつでしたので、2つ切って5gで …

no image

【富山】富山紅茶の会:富山あさひの紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、姉妹品である『富山くれはの紅茶』と同じところの紅茶で、製造も同じ鳥取の陣構茶生産組合なのですが、何が違うかと言いますと、前のは富山市平岡で採れた茶葉を使いこちらは富山 …

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016-2

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 実のところ、毎年金沢に行くので、もっと早く購入する事もできたのですが、諸事情で地紅茶サミットまでのびてしまいました。 この紅茶は、 …

no image

【静岡】石原園:与一郎紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、全国的にも珍しい『からべに』という古い紅茶品種の紅茶です。元々はこれと『べにほまれ』と『はつもみじ』などは、輸出紅茶の花型だったらしいです。輸出用釜炒り茶・ぐり茶など …

アーカイブ