お茶

ルピシア嫌い ではないという非常に重大な5つの理由

投稿日:2013年10月10日

ルピシア嫌い ではないという釈明から

先日は僕が『 ルピシア嫌い っているとしか思えない記事』(※なんとなく消しました)を書きまして、

主にTwitterから、叱責のお言葉(1件)励ましのお言葉(1件)をいただきました。

どうもありがとうございます。
※もうちょいと多くの人に、割りとまじめに怒られました。

僕もアレを書きながら、『このままではねれないな』と思ってましたので、
改めて、『ルピシアは大好きでございます!』という思いを書いてみようかと思いました。

題して『僕がルピシアデレである5つの理由』
(※タイトルと違い点は突っ込まないでください)

ルピシア嫌い で紅茶を飲み続けるのは正直難しい。

僕が ルピシア嫌い ではないという5つの重大な理由

①日本各地にある

私の趣味は旅行です。
引きこもりのくせに、遠くに行きたい生き物です。

ルピシアは20世紀末から急拡大をし、今や全国の主要都市の全てに存在し、日本における紅茶市場の拡大の最大の功労者友言えましょう。

聖地巡礼のごとく各地のルピシアに訪れることは、僕の旅行モチベーションを高める上で重要なファクターとなりえてます。

(※もちろん、嫁は呆れてます)

②店舗に行くと必ず試飲がある

それが例え何回来店していても試飲に行きます。
ルピシアに試飲に行くことは、もはや運命付けられているかのごとく自然な行動です。

旅行先では、その時のオススメや現地限定フレーバーをいただけます。
僕は、旅行からその行動を外すことは到底できません。

(※もちろん、嫁は呆れてます)

③パッケージが素晴らしい

いろんな人が常々話しております。
Twitterでも、ルピシアのパッケージの綺麗さは賞賛されています。

僕も旅行先のとちおとめのパッケージの可愛らしさに思わずブログ更新をしてしまうほどです!
これに対抗できるのは、もはやカレルチャペック紅茶店やムレスナティーハウスだけかもしれません!

(※もちろん、嫁は呆れてます)

④各店舗に現地ブレンドがある

常日頃、『嫁様の目が怖くてお茶が買えない』と言ってる僕ですが、旅行先での現地ブレンドだけは別で必ず買います。
この前の九州旅行でも博多駅で博多限定ブレンドを買いました。

ちょっとストックがかさばってるのでちびちびと他のものも消化中ですが、
旅行先ではまだまだ止まりません!

(※もちろん、嫁は呆れてます)

⑤どこの店舗も店員さんがかわいい!!

採用を顔で決めているのかと思うくらい、各地の女の子たちがカワイイ。

例え、お茶の味が薄くて香りしかしなくても
思わず『美味しいですw』と言ってしまいそうだ!

(※嫁様にはないしょです)

ここまで書いて ルピシア嫌い になれるわけがないでしょう!

ルピシア嫌い でも紅茶は通販でも買いましょう!

以上のように、僕はルピシアが嫌いなのではなくて、ルピシアを知った2000年の年始からずっとルピシア(当時レピシエ)が大好きです。
大好きが故に言いたいことが沢山あります!

ともかく、お茶の味を濃くしてください!
後生です!お願いします!

 
ルピシアさんにご興味を持たれましたら、ぜひ下記サイトを御覧ください。

【LUPICIA】世界のお茶専門店 ルピシア ~紅茶・緑茶・烏龍茶・ハーブ~

-お茶

執筆者:


  1. はづき より:

    SECRET: 0
    PASS:
    5番目の理由のみ奥ちゃまに告げ口しておきますね(°∀°)b
    言うなよ!ぜったい言うなよ!!は「言ってくれ}のフリですもんねε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ

  2. ジプリ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    みこどんさん
    よ~~くわかりました( ´艸`)ププ
    ⑤のところだけ太字になっているのは
    あえて、触れないでおいた方がよろしいのでしょうか。。。?
    面白すぎて笑いすぎました(≧▽≦)

関連記事

no image

ティーバッグの紅茶の淹れ方。3通りのその2

その2です。 昨日は、『一番簡単な淹れ方』を書きました。 実は、10年以上前に4コマ漫画でもネタにされてたほど、メジャーな淹れ方でしたので、 「いまさら、これを紹介するのもな・・・・」 と思ってたくら …

no image

美味しいお茶とは、付け加えるわけでもなく、引き出すもの

数ヶ月、いくつかの『桜の香りのお茶』の記事を書いてきました。 例えば、”桜餅の香り”とか、”桜そのものの紅茶”とか。 でも、全部『着香茶』といわれる、『あとで、何かしらの方法で香りをつけたもの』です。 …

no image

火をかけっぱなしにしなくても、紅茶の煮出し法と同じくらいのクオリティーをだすには。

いつも書いてますが。 『紅茶は100℃で淹れます』 ですが、このことを必死に守ろうとすれば、ずっと火にかけないといけません。 ですが、普通にポットに入れると、それで温度が下がってしまいます。 なので、 …

no image

KALDIで・・・

龍井茶! もちろん、安いのです。

no image

お茶帝国の 衰亡

日本のお茶の市場において、まっさきに外せれないのは、静岡です。生産量・消費量たるや、まさしく『帝国』名にふさわしい規模です。 それを追いかけるのが、鹿児島県と三重県。 実は、昨日の『日本のお茶開発の神 …

アーカイブ