国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】牛小舎農園:とぷとぷ紅茶

投稿日:2013年10月10日

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット関係でWEB上でご紹介受けました
『かなざわゆう』さんの『お茶うけ屋』さんにて購入しました。
ここでは他にも数軒買わせていただいた上に、ご紹介も頂きまして、
誠にありがとうございます。
お茶うけ屋さんは、紅茶がメインじゃないので、緑茶を楽しみたい方には最適のサイトです。

今回の紅茶に関しては、去年の製造で今年からはもう作らないらしい
『実質最後の紅茶』だそうです。
市場がこれからという時で残念ではありますが、また、製造される機会がくることを
お待ちしております。

【茶葉】

国産紅茶20131010とぷとぷ紅茶1

茶葉は、茎もそこそこあるんですが、それ以上に1葉と思われる茶葉が多く見受けられます。
摘み取りに関してはすごく気を使ったのではないかと推察されます。
ただ、茶葉の撚りはさほどなく、縮んだ緑茶という感じもします。

【水色】

国産紅茶20131010とぷとぷ紅茶2

水色は赤黒いです。
香りは微かにポン菓子のような香りがします。(微かに)
味はほのかに酸味がしますが、ほぼ白湯です。
時間が短すぎましたかね・・・
ですが、温度が高くて舌が感知できないというのもありますので、
温度が下がるまで待ちます。

温度が落ち着いたら、酸味が顔を出してきました。
香りの中から、紅茶の蜜香のような香りが出てきました。
(ただし、甘さはなし)

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

色目は、赤みが存在感がなくなるほど黒くなりました。
香りは香ばしい深い香りです。
味は、酸味が存在感を若干薄め、香ばしさが出てきました。
まるでちょっとしたコーヒー。
ただ、落ち着くと喉にヒットする味になります。

緑茶品種って、コーヒーっぽくなるのが多いのですが、これってなんなんでしょうかね?

【茶殻】

国産紅茶20131010とぷとぷ紅茶3

茶殻は、茶葉の時に思ったとおり、小さい茶葉が展開された形が多いです。
手積みか慎重に表面をなぞったんだろうなという気がします。
残り香は、いい香りが残ってないので、しっかり出たんだろうと思います。

香りや味の抽出は、その茶葉の素直さを表してるのかな、なんて勝手に思ったりします。
ただ、『いい香りが残りまくり』の台湾茶とかが悪いということでもなく、あれはあれで『延々と香りが残っていく』不思議さを常に感じています。

日本であんな無限ループなお茶作ってる人いないかな・・・

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【岡山】百姓のわざ伝承グループ:高梁紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、去年(2012年)の地紅茶サミットの開催地岡山県高梁市の紅茶で、 主催者グループの作っているものです。 元々は農家グループの地紅茶だったのですが、今メインで作っていら …

no image

※再掲 【京都】永谷農園:宇治の紅茶

【この紅茶について】 こちらも一度載せたことのある茶葉ですが、当時の記事の書き方と今の書き方で随分違うので、より分析色の濃い今の方法で改めて記事にしたいと思いまいた。 京都宇治田原で作られた紅茶で、明 …

no image

【静岡】豊好園:香駿

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡の豊好園さんに複数品種送って頂いた紅茶の一つです。今回で2品種目の紹介です。ここでは、毎年多品種で紅茶作りに挑戦しているらしく、今年も沢山作られたようなのですが、 …

no image

【静岡】豊好園:やまかい

【この紅茶について】 多くの品種紅茶を送ってくださった豊好園さんの紅茶です。 今回は「やまかい」という品種で、緑茶に使われます。 ただ、こちらも他と同じようにそんなにも多く栽培されておらず、 こだわり …

群馬子持紅茶2016春2

【群馬県】HOATEA:子持紅茶2016春

【この紅茶について】 この紅茶は、群馬県のお茶「子持茶」を紅茶にしたものです。 農家さんがただたんに作ったわけではなくて、 群馬県前橋市の紅茶専門店「ティーストア」(HOATEA)さんが監修してます。 …

アーカイブ