国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】牛小舎農園:とぷとぷ紅茶

投稿日:2013年10月10日

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット関係でWEB上でご紹介受けました
『かなざわゆう』さんの『お茶うけ屋』さんにて購入しました。
ここでは他にも数軒買わせていただいた上に、ご紹介も頂きまして、
誠にありがとうございます。
お茶うけ屋さんは、紅茶がメインじゃないので、緑茶を楽しみたい方には最適のサイトです。

今回の紅茶に関しては、去年の製造で今年からはもう作らないらしい
『実質最後の紅茶』だそうです。
市場がこれからという時で残念ではありますが、また、製造される機会がくることを
お待ちしております。

【茶葉】

国産紅茶20131010とぷとぷ紅茶1

茶葉は、茎もそこそこあるんですが、それ以上に1葉と思われる茶葉が多く見受けられます。
摘み取りに関してはすごく気を使ったのではないかと推察されます。
ただ、茶葉の撚りはさほどなく、縮んだ緑茶という感じもします。

【水色】

国産紅茶20131010とぷとぷ紅茶2

水色は赤黒いです。
香りは微かにポン菓子のような香りがします。(微かに)
味はほのかに酸味がしますが、ほぼ白湯です。
時間が短すぎましたかね・・・
ですが、温度が高くて舌が感知できないというのもありますので、
温度が下がるまで待ちます。

温度が落ち着いたら、酸味が顔を出してきました。
香りの中から、紅茶の蜜香のような香りが出てきました。
(ただし、甘さはなし)

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

色目は、赤みが存在感がなくなるほど黒くなりました。
香りは香ばしい深い香りです。
味は、酸味が存在感を若干薄め、香ばしさが出てきました。
まるでちょっとしたコーヒー。
ただ、落ち着くと喉にヒットする味になります。

緑茶品種って、コーヒーっぽくなるのが多いのですが、これってなんなんでしょうかね?

【茶殻】

国産紅茶20131010とぷとぷ紅茶3

茶殻は、茶葉の時に思ったとおり、小さい茶葉が展開された形が多いです。
手積みか慎重に表面をなぞったんだろうなという気がします。
残り香は、いい香りが残ってないので、しっかり出たんだろうと思います。

香りや味の抽出は、その茶葉の素直さを表してるのかな、なんて勝手に思ったりします。
ただ、『いい香りが残りまくり』の台湾茶とかが悪いということでもなく、あれはあれで『延々と香りが残っていく』不思議さを常に感じています。

日本であんな無限ループなお茶作ってる人いないかな・・・

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

新潟:富士美園:雪国紅茶

日本北限の紅茶 『日本で北限のお茶』は岩手県あたりで作ってるようです。 ただ、この話をなんの不思議も感じずに聞かないでください。 お茶はそもそも『熱帯植物』なのです。 それがなぜ、豪雪地帯なので育てら …

no image

【京都】南山城紅茶プロジェクト:べにふうき

【この紅茶について】 いつもお世話になっています、南山城紅茶です。ここでは、『やぶきた』と『べにふうき』と『おくみどり』の3種の製造が主に行われてます。ただ、おくみどりは今年は摘採時期を外したらしく、 …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(白ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、和束町の喜寿園さんの紅茶でしかも、『ホテルオークラ限定モデル』という今は買えないものです。ただ、だからといって特別だというわけでなく、通常発売されている赤ラベルと黒ラ …

【京都府】和束紅茶:和束紅茶みおく2017-2

【京都府】和束紅茶: 和束紅茶みおく2017

【 和束紅茶みおく2017 :この紅茶について】 和束紅茶みおく2017 は、神戸ティーフェスティバルで購入しました。 よくよく調べてみたら、2017年の和束紅茶さんの紅茶を購入していないことが判明。 …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶そうふう

【この紅茶について】 この紅茶は、先日の茶源郷まつりに委託で出した茶葉で、和束の喜寿園さんが作られている紅茶です。品種は『そうふう』で、手に入れるには、喜寿園さん直接かいつもお馴染み十三茶淹さんでお買 …

アーカイブ