お茶 べにふうき 紅茶 紅茶の淹れ方

国産紅茶復興ののろしは、ここから上がった・・・

投稿日:2011年3月9日

前にも記事にしてたことがあります。
かつて、明治以降、日本では外国に人間を派遣して紅茶の生産能力・品質水準を上げていったこと。
そして、昭和46年に紅茶が自由化されて、ほぼ完全にその能力を失ってしまったこと。
ですが、今日紹介する紅茶の生産者は、1989年に、国産紅茶の父多田元吉がインドから持ち帰った茶樹を再び栽培させ、1993年に登録された当時最新の茶葉『べにふうき』を1996年に栽培し、そして日本国内の紅茶生産技術を伝え、国産紅茶中興の祖と(たぶん)呼ばれる方です。
その、日本で始めて『べにふうき』を紅茶として商品した会社、
『丸子紅茶』さん
のべにふうきを
京都紅茶道部
飲んでみました。
ネットで検索すると、この袋一つで1600円とか2000円とかで売ってますが、僕は直接購入したので、もっと安く手に入りました。
(将来的に、希望者がいれば、共同注文も考えてます)
茶葉は
京都紅茶道部
ブロークンではない(はず)ですが、短めです。
色目は少し赤い。
でも、この時点から、すごく香りが漂ってきます。
京都紅茶道部
いつもどおり、お湯を沸かしまして
京都紅茶道部
茶葉を投入
京都紅茶道部
弱火にして、淹れます。
今日は4分間。
(ポットで5分くらいを推奨してたので、少し長めにしてみました)
時間が経ったら
京都紅茶道部
入れ替えて
京都紅茶道部
出来上がりです。
京都紅茶道部
思ったよりも、色目は濃いです。
(今回は、500mlに対し、ティースプーン(茶葉用)2杯(5gほど)使ってます)
香りは甘く、味は濃いです。
嫁は、苦いとも言ってたけど、それはいつも砂糖とミルクをガンガンに入れてるためで、ブラックコーヒーを飲むような人には、甘く感じられます。
そして、この紅茶の最大の特徴が、『飲み終わった後のカップの香り』です。
『これぞ紅茶!』という香りが、カップの内側に残り、少しの間、追加を注ぐのをためらいます。
高いのから安いのまで(大半は安いのだけど)いろんな紅茶を飲んでますが、カップにまで香りが残るのは初めてでした。
衝撃ですw
今回は、ストレートでしたが、次はミルクを入れてみます。
もしかしたら、すばらしいミルクティーになるかもしれないので。

-お茶, べにふうき, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:


関連記事

no image

行って来ます。

ルピシアのダージリンフェス行って来ます。 多分東京のと同じレイアウトだと思うんですが、 まあ、基本『試飲だけしまくって』帰ってきます。 多分、中の様子を写真で撮れると思います。 (カメラを忘れなければ …

no image

白猫購入

買いました。 白猫です!! 先日の『八十八夜ネタ』の際に、話してました 白い猫(JANAT ダージリン2011ファーストフラッシュ)を買いました。 で、いつもなら、ここで 『早速!』 といって、淹れて …

no image

火をかけっぱなしにしなくても、紅茶の煮出し法と同じくらいのクオリティーをだすには。

いつも書いてますが。 『紅茶は100℃で淹れます』 ですが、このことを必死に守ろうとすれば、ずっと火にかけないといけません。 ですが、普通にポットに入れると、それで温度が下がってしまいます。 なので、 …

no image

抹茶の違った選択肢

夫婦岩の回で、ちらっと触れた割にあんまし反応がなかったので、改めてアップします。 『抹茶黒糖』です。 黒糖を抹茶でコーティングしたもので、 触ると抹茶が手につきます。 ちなみに、黒糖の味が強いので、『 …

no image

簡単そうで、なかなか出来ない『一杯の完璧な紅茶の淹れ方』

紅茶を淹れる事は難しい事? 本来、日本茶と違って、『100℃で淹れる』ことさえ間違わなければ、 失敗することがない紅茶。 でも、ある時期まで100年ぐらい、この『淹れ方』の論争が続いてました。 紅茶を …

アーカイブ