お茶 べにふうき 紅茶 紅茶の淹れ方

国産紅茶復興ののろしは、ここから上がった・・・

投稿日:2011年3月9日

前にも記事にしてたことがあります。
かつて、明治以降、日本では外国に人間を派遣して紅茶の生産能力・品質水準を上げていったこと。
そして、昭和46年に紅茶が自由化されて、ほぼ完全にその能力を失ってしまったこと。
ですが、今日紹介する紅茶の生産者は、1989年に、国産紅茶の父多田元吉がインドから持ち帰った茶樹を再び栽培させ、1993年に登録された当時最新の茶葉『べにふうき』を1996年に栽培し、そして日本国内の紅茶生産技術を伝え、国産紅茶中興の祖と(たぶん)呼ばれる方です。
その、日本で始めて『べにふうき』を紅茶として商品した会社、
『丸子紅茶』さん
のべにふうきを
京都紅茶道部
飲んでみました。
ネットで検索すると、この袋一つで1600円とか2000円とかで売ってますが、僕は直接購入したので、もっと安く手に入りました。
(将来的に、希望者がいれば、共同注文も考えてます)
茶葉は
京都紅茶道部
ブロークンではない(はず)ですが、短めです。
色目は少し赤い。
でも、この時点から、すごく香りが漂ってきます。
京都紅茶道部
いつもどおり、お湯を沸かしまして
京都紅茶道部
茶葉を投入
京都紅茶道部
弱火にして、淹れます。
今日は4分間。
(ポットで5分くらいを推奨してたので、少し長めにしてみました)
時間が経ったら
京都紅茶道部
入れ替えて
京都紅茶道部
出来上がりです。
京都紅茶道部
思ったよりも、色目は濃いです。
(今回は、500mlに対し、ティースプーン(茶葉用)2杯(5gほど)使ってます)
香りは甘く、味は濃いです。
嫁は、苦いとも言ってたけど、それはいつも砂糖とミルクをガンガンに入れてるためで、ブラックコーヒーを飲むような人には、甘く感じられます。
そして、この紅茶の最大の特徴が、『飲み終わった後のカップの香り』です。
『これぞ紅茶!』という香りが、カップの内側に残り、少しの間、追加を注ぐのをためらいます。
高いのから安いのまで(大半は安いのだけど)いろんな紅茶を飲んでますが、カップにまで香りが残るのは初めてでした。
衝撃ですw
今回は、ストレートでしたが、次はミルクを入れてみます。
もしかしたら、すばらしいミルクティーになるかもしれないので。

-お茶, べにふうき, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:


関連記事

no image

あれ?お茶の世界組織ってなかったんけ?

6月の吉田山大茶会で知りました台湾のお茶をご紹介されているshizuさんのブログで、『ITFA』という団体の紹介がされてました。 ITFAというのは、International Tea Farm Al …

no image

粉紅茶のポテンシャルを調べてみる

ミルクティーじゃない粉紅茶 で、先日(といっても、昨日か一昨日)、 インスタントティーをもう一つ買っていました。 確実にジュースだろうと思いながら・・・ 実際に、あけてみまして 見た目は、そのまんま粉 …

no image

『紅茶べにふうき』に取り憑かれてるんじゃないかと、錯覚する

基本的に、『ある特定のものにこだわる』人が、この世にはたくさんいます。 服のブランドとか家電のメーカーとか本の著者とか。 僕は、とりわけ『食』に関してこだわってるらしく、 味噌は富山の『日本海味噌』、 …

no image

ちゃんと、伝わったかな・・・

予告どおり、嫁のお母さん(お義母さん)に、 べにふうきの『花粉症に効く淹れ方』をレクチャーしてきました。 もちろん、手ぶらで行ったわけじゃなくて、 ”べにふうき”・”生姜”・”オリゴ糖”と、3点セット …

no image

待てど暮らせど、なかなか紹介しなかったお茶を、ようやく紹介します!!!

さて 『お茶』のテーマをはじめて、 一番最初に『おいしい』とオススメしたものを入れました。 加賀棒茶です。 これまで、散々、 『ほんとにいいですよ』 とか 『飲まないと後悔する気がします』 とか、書い …

アーカイブ