べにふうき 紅茶

『べに』からい出た『ほまれ』 そしてその子どもたちも『紅茶のほまれ』

投稿日:

話題のべにほまれ。ただしべにほまれの子供たちも優れた紅茶だと知ってますか

テレビ番組で三重県のべにほまれの紹介がされて、一躍検索数が増えた『べにほまれ』
三重県だけ取り上げられていたようですが、べにほまれは現在
・沖縄県
・大分県
・奈良県
・静岡県
でも作られ、各々の地元で購入することが出来ます。
(沖縄のは難しいかもしれませんが)

ですが、べにほまれはアッサムより持ち帰ってきた種を日本で育てて長い時間かけて選抜したべにほまれは、のちの世である現在に至るまで、優秀な紅茶品種を生み出す母体になっています。
そちらにも注目していただけると大変ありがたいです。

べにほまれの種から生まれた『いずみ』

いずみは、べにほまれから生まれた種から育てたお茶の木の中から、更によりすぐって選び出した品種です。
お茶がまだ輸出品目として作られていた時は、紅茶の他に北アフリカ向けの釜炒り茶として生産されて多く輸出されていたそうです。
温暖な気候を好み、生育がいいので年間6回も摘採できる優秀な品種でありました。
この品種も、紅茶の自由化の煽りを受け、お茶の輸出激減とともに生産地から姿を消していくことになります。
現在では、茨城県において生産が確認されています。
いずみの紅茶は、アッサム系の芳醇な香りが特徴のいい紅茶です。

べにほまれを母としてうまれた『べにふじ』

べにふじは、べにほまれと中国種との掛け合いで生まれた品種です。
生産量が紅ほまれの倍で、数多く収穫出来ました。
こちらも海外輸出用の品種としてそだれられ、静岡県で見受けることが出来ます。
紅茶の品種なのですが、比較的寒さに強く、東海圏や近畿圏などで生産されていたようです。
これはまだ先ですが、大分県でも数年後に生産が開始される可能性があります。
復活が楽しみです。

べにほまれを母として生まれた優等生『べにふうき』

紅茶の自由化直前から開始され、現時点で『最後の紅茶品種』になってしまったのが、このべにふうきです。
紅茶としてよりも、その中に含まれる『メチル化カテキン』の含有量の多さから、花粉症対策の緑茶として日本海側から東は関東、西は九州沖縄まで広範囲に広まった品種です。
花粉症対策に使うという目論見は、今のところ大失敗になっていますが、広め方によってはまだまだ余地がありそうです。
現実的に『べにふうき緑茶が花粉症に効く』というのは、一般的に広まっていないというのが、いろいろセミナー等開いてみた実感です。

このべにふうきは、紅茶としても優秀で、このべにふうきを元に作った紅茶がイギリスの国際的な食品コンテストで5000点出品された世界中の紅茶の中から4年連続で金賞を受賞していたりします。
しかもどこでも安定してそだてられ、ちゃんとした紅茶の加工技術があれば、どのべにふうきも香り高い芳醇な紅茶に仕上がることが出来ます。

紅茶として実に優等生な品種なのです。

べにほまれ以外にも目を向けて欲しい

時より、各メディアで取り上げられる頻度が多くなり、じわじわと認知されてきつつある国産紅茶ですが、特定の茶園とか特定の品種だけにとらわれないでほしいというのが本音です。
今、全国で400茶園で紅茶を生産しており、生産高も120tほどになります。
現状として。『売れるだけ作るので精一杯』というのが実情です。

お茶の主力が緑茶なので、『国産紅茶を増産』とすぐには行けない実情はありますが、その数少ない生産量の中でも気に入った紅茶を見つけていただき、それをリピート購入していただくことで、国産紅茶の生産を続けることが出来ます。

国産紅茶を知る機会というのはなかなかないと思いますが、当サイト京都紅茶道部でもイベント開催や情報提供など常時行っていきますので、お出かけの上お探し願えれば幸いです。

国産紅茶でも、得られる『幸せ』というものはあるものです。
この記事を読んでくださった貴方の生活の一部になって、癒しになるよう心から願っております。

-べにふうき, 紅茶

執筆者:

関連記事

no image

正直言って、見落としていた。

大体、ジャスコには『薬局ブース』ってのがあったんですね。 知っていながら、気がついてなかった。 結局、嫁に言われて、見てみました。 ないと思ってたんですけどね・・・ 侮ることなかれ。 粉末と『茶葉と水 …

no image

サイトはまだかいな。

まだまだです orz その前に、ピグにてコミュニティー(部活) と、グルっぽ を作りました。 農家でもない僕が、消費者に近い存在としてべにふうきを広めれれば・・・ だって、べにふうきを作ってる人や研究 …

no image

鼻炎でお困りの方の記事

『タイトル名』まさに、僕のことなんですけどね・・・(^^; で、べにふうきの記事を書いたついでに、アレルギー性鼻炎の対策になるべにふうきの飲み方を『また』記事にします。 前も書いてるので、『検索して見 …

no image

国産紅茶復興ののろしは、ここから上がった・・・

前にも記事にしてたことがあります。 かつて、明治以降、日本では外国に人間を派遣して紅茶の生産能力・品質水準を上げていったこと。 そして、昭和46年に紅茶が自由化されて、ほぼ完全にその能力を失ってしまっ …

no image

実は、直接他人に教えに行くのは初めてです。

嫁様との会話で、 『お母さんが、花粉症ひどいから、 例のお茶教えに行ってきたら?』 という提案(命令)によって、 お義母さんにべにふうきの淹れ方を直接教えに行くことになりました。 11月から、あれだけ …

アーカイブ