べにふうき

『紅茶べにふうき』に取り憑かれてるんじゃないかと、錯覚する

投稿日:2011年5月28日

基本的に、『ある特定のものにこだわる』人が、この世にはたくさんいます。
服のブランドとか家電のメーカーとか本の著者とか。
僕は、とりわけ『食』に関してこだわってるらしく、
味噌は富山の『日本海味噌』、
米はうちの母親の実家の米、
通常に飲むお茶は、加賀棒茶か京番茶
(ただし、ここはメーカーを問いません)
とかあります。
この頃は、楽しみで飲むお茶が『べにふうき(紅茶)』を基準というか、
”紅茶の味比べの基準”にすえることが多くなりました。
べにふうきは、紅茶を飲んだ既歴としては、あたらしいほうです。
この頃も、普通に緑茶とか、例のフォンダンショコラの紅茶とか桜紅茶とか嫁に飲ませるカモミールとかいろいろ飲んでますが、結局はべにふうきを飲むとこの紅茶のことばかり考え込みます。
例えば、
『なぜマイナー扱いなんだろう』とか
『静岡の試飲のときにこの香りを体感できなかったのはなぜだ』とか
『紅茶よりも、緑茶の認知度のほうが高いのはなぜだろう』とか
『なぜ、高級品扱いされてるんだろう』とか
いろいろ考え出したら、寝付けなくなるくらい。
また、近いうちに、手元にあるセイロン紅茶とべにふうきの比較を書いて載せますが、それも結局はべにふうきの異常なまでのスペックの高さを示す内容になってしまいます。
(セイロンが悪い訳じゃないです。ものすごくいいです。ですが、それ以上にべにふうきがチートすぎるんです)
いまだに仕上がらない(てか、全く進まない)『京都紅茶道部』のサイトは、まず最初に『べにふうき』のサイトととして仕上がる予定です。
僕が、みんなに一番伝えたいのは、いわゆる『日本茶』でも一般的な『紅茶』でもなくて、『日本国産紅茶』であり、その『べにふうき』なんです。
サイトを作れば、広がるとは思ってません。
でも、専門サイトとそれからのほかの人たちへの接点の増加が、べにふうきを広めるきっかけになればいいと思います。
個人的には、べにふうきの『売茶翁』をやってみたいという、気もあります。
(お金、かかるがな orz)

-べにふうき

執筆者:


  1. みこどん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >龍之介さん
    コメントありがとうござます。
    べにふうきだけにとどまらず、お茶全般がすごいポテンシャルを秘めてます。
    某風評被害が、まったく無意味なものだとおもうくらいw

  2. みこどん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >花鑢さん
    コメントありがとうござます。
    枕崎の研究所が出身地でしたね。
    (べにふうき)
    おいしいだけじゃ、広まらないのが商売ですね・・・
    もったいないです。

  3. 花鑢 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。私は鹿児島に住んでいます。
    べにふうきと言えば鹿児島枕崎出身。
    にかかわらずべにふうき紅茶はものすごくマイナーなのです・・(先日その話をブログにアップしたばかりでした)
    ぜひこの紅茶の素晴らしさを広げて身近で飲めるものになってほしいと切望します。
    だって、おいしいもん!

  4. 龍之介 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初コメントです。
    いつも楽しく、またほうほうと頷きながら、読んでます。
    私も何気に紅茶専門店で花粉症対策にべにふうきを買い求めましたが、みこどんさんのブログを見て、べにふうきとは花粉症対策にとどまらない、すごいパワーを秘めたお茶なのだと知りました。
    今後の、研究の発展、楽しみにしてます。

関連記事

no image

べにふうきの茶葉で淹れる時に、注意が必要みたいです。

先日、はれて『粉末のべにふうき』がなくなりました。 ので、 を開けました。 こんな事言ってはなんですが、 初べにふうきリーフです。 さっそく、淹れてみようと思いましたが、 その裏に 気になることが・・ …

no image

さすが、製薬会社。やることが細かい。

さてさて、近所でまたべにふうき製品を見つけました。 粉末のべにふうき。 作ってるのが、製薬会社の『ワシのマークの大正製薬』 タイトルに、『やることが細かい』と書いたのは、 べにふうきと一緒にすると効果 …

no image

ちゃんと、伝わったかな・・・

予告どおり、嫁のお母さん(お義母さん)に、 べにふうきの『花粉症に効く淹れ方』をレクチャーしてきました。 もちろん、手ぶらで行ったわけじゃなくて、 ”べにふうき”・”生姜”・”オリゴ糖”と、3点セット …

no image

花粉症のみなさまへ~今月から準備開始です~

僕も含めなんですけどね・・・ 毎回紹介してます、『花粉症にべにふうき』来年の花粉症対策に向けて、12月から準備が一番効果的です。と、これも何回も言ってますが、毎回言います。 詳しくは、独法農研機構の野 …

no image

今回ばかりは、お茶を嗜好品と捉えずに、健康食品か薬と考えるほうが妥当になる。

昨日『花粉症に効く、お茶』として、”べにふうき”と紹介しました。 その成分の”『メチル化カテキン』が効く”と書き、詳しい説明は、次回に投げました。 そう、今がその次回です。 そもそも、お茶は、カテキン …

アーカイブ