べにふうき

紅茶の、国産と”外”国産

投稿日:2011年4月16日

予告してたと言えば、予告してまいた。
予告では、『どう考えても、べにふうきが一番になってしまう』ようなこと書きましたが
淹れて、飲んで、確認したら、意外と冷静になれました。
(味覚の理性的判断は、感情を凌駕してます)
さてさて、比較したのは、
京都紅茶道部
・べにふうき
・猫のセイロン(JANATセイロンエクストラ)
です。
条件は
京都紅茶道部
・300cc
・茶さじ杯
・沸騰はしっかりと
・淹れる時間は3分
・飲むときは、ぬるい温度で
で、淹れました。
京都紅茶道部
各々、2煎目まで淹れて
セイロン1煎目 ○    ○べにふうき1煎目
セイロン2煎目 ○    ○べにふうき2煎目
です。
砂糖もミルクも入れない状態でしたら、
香り、味、飲みやすさ、すべてにおいて、べにふうきが勝ってます。
傾向は、1煎目も2煎目も同じです。
セイロンは、1煎目は、渋みが強く、苦味がひっかかり、
2煎目は色付きのお湯状態。
ストレートは、べにふうきがおいしいです。
このあと、オリゴ糖を淹れて、味の変化を確認したんですが、
やはり、べにふうきの法が優位です。
甘い香りに変化して、人によっては強烈なリラックス効果がえられます。
ただ、ミルクを入れると、途端に変わります。
苦い・くどいだけだったセイロン1煎目が、
飲みやすくしかもしっかりした味を持った飲みごたえのある形になります。
べにふうきも変化するんですが、上品に変化するので、物足りなさを感じるかもしれません。
しかし、セイロンの2煎目は、どうがんばっても、色付きのお湯を越えられず、
改めて、『紅茶は1煎目が命』ということを裏付ける結果になりました。
べにふうきは、お茶としての精度がものすごく高く、飲みやすいお茶です。
『日本人の紅茶』をイメージし、砂糖を入れなくても飲めるように仕上がってる、世界的にも珍しいつくりをしてます。
それに対し、比較したセイロンは、砂糖や牛乳を入れて『当たり前』の文化圏で作られたお茶なので、混ぜるとおいしくいただけます。
一概に、どちらが勝ってるとか言う評価はつけられません。
どちらにも、美味しく淹れられるポイントがあるんですから。
それを、見つけ、しっかりと淹れることが、いつでもどこでも紅茶を楽しむ上で大事じゃないでしょうか。
でもね、『紅茶の2煎目』はやめようね。
ただのお湯だわ。あれ。

Janat ジャンナッツブラックシリーズ セイロンエクストラ 200g
¥780
楽天
丸子紅茶 紅富貴(べにふうき)【5P14Sep09】
¥1,575
楽天

-べにふうき

執筆者:

関連記事

no image

『花粉が去年の5~10倍の飛散量』だとわかってながら、真っ向から受けてたつ俺って何?

『2011年の花粉飛散量、10年の5~10倍!』 (@関西) というニュースをごらんになられたことはあると思います。 「え??去年の5倍~10倍??」 ただ、2010年は非常に少なく平年以下で、 実際 …

no image

ふと、思い出した。

先日、ブログでNHKの番組で紅茶を取り上げると書いたと思います。 ※極める!:Eテレ6月6日・13日・20日・27日午後10時25分~10時50分 それを紅茶研究のトップランナー磯淵さんのブログで紹介 …

no image

ファーストフラッシュが出る前に再検証:紅茶を淹れる2つの方法

南山城紅茶チームのツイッターやフェイスブックに、今年の南山城紅茶のファーストフラッシュ(一番茶)の準備の光景がアップされてました。 出まわるのも時間の問題なので、今回は去年までの物をどういう方法で淹れ …

no image

さすが、製薬会社。やることが細かい。

さてさて、近所でまたべにふうき製品を見つけました。 粉末のべにふうき。 作ってるのが、製薬会社の『ワシのマークの大正製薬』 タイトルに、『やることが細かい』と書いたのは、 べにふうきと一緒にすると効果 …

no image

ついに、大量に並んでました。

休日の嫁様と一緒に、嫁のお義母さんに牡蠣を渡すため、ジャスコに行って来ました。 『大きいなぁ、重いなぁ』とは言われましたが、無事引き渡し完了。 そのあと、食品売り場をうろついていましたら、 ついにあり …

アーカイブ