お茶 緑茶の淹れ方

ドコニサクラガオルノカ

投稿日:2011年4月21日

阪急沿線の染井吉野以外、意識的に桜を見ようとしたのが
梅宮大社だったということで
”梅”宮大社なのに、”桜”とは、これいかに?)
桜つながり。
京都紅茶道部
ルピシアの『サクラサク』という煎茶。
桜のシーズンにあわせて、
開花 →桜紅茶(いつもの専門店)
散り頃→サクラサク
とタイミングを計ってました。
(ほんまかいな)
まだ未開封でしたので、すこし楽しみ。
用意は
京都紅茶道部
食器をちょっと多め。
理由は、お湯の温度を下げるため。
気温が上がってきてるので、
食器に移してもなかなか思った温度に下がってくれない。
『なら、水を足せばいい話じゃね?』
全く持ってそのとおり。
こんだけ食器を用意したのは、
単なる我侭ですw
で、
京都紅茶道部"
お湯を汲みまして(1回目)
京都紅茶道部
湯飲みに移し変えます(2回目)
京都紅茶道部
湯冷ましに入れ替えて(3回目)
京都紅茶道部
湯飲みを冷やします。
京都紅茶道部
湯冷ましから湯飲みへ再度入れ替え(4回目)
京都紅茶道部
茶葉を入れた急須に戻します(5回目)
あ~、メンドクセ・・・・・
これで、60℃台になったはず。
1分30秒淹れて
京都紅茶道部
網で濾すと・・・・・
京都紅茶道部
1煎目の出来上がりです。
特徴としては、
・さわやかな香り
・後味すっきりの味
で、『旨み』は?
おかしいな、『宇治茶』と書いてあったはずなのに、
特徴の『旨み』がない・・・・
わざわざ、60℃台を狙って淹れたのに・・・
桜のフレーバーでないことがわかりましたが、
宇治茶らしくないことも分かりました。
(ある意味、ルピシアらしい)
ただ、葉っぱが大きくしっかりしてるので、
食べるのには、最適かもしれません。

-お茶, 緑茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

国産紅茶、絶賛収集中・・・

この頃嫁様に『ブログ更新してないね』と言われてます。ふと思ったのですが、ここで『あの紅茶がおいしい』とか『この紅茶がオイシイ』とか言うのはどうかなあとおもいだしたのです。 まあ、ストックが100アイテ …

no image

お茶ブログの人はみんな、今日のブログタイトルは『今日は紅茶の日です』です。

なので、基本天邪鬼な僕はこう言います。 今日は古典の日です!※古典の日 お茶ブログ主なのに、あえて別のアプローチ! でも古典の日のネタはここまでです。 今日は、ロシアに漂流した大黒屋光太夫が、ロシア帝 …

no image

豪快にしくじってしまった。

お茶を淹れる時、鍋かやかんで沸かすんですが、 この頃は、 『紅茶は魔法瓶で、緑茶は急須で、中国茶は蓋碗で』 というふうにしてるため、 まるっきし、鍋の役目が無くなってしまいました。 で、いつものように …

no image

ためしてがってん、録画しててん

今、録画してた『ためしてがってん』(3/9放送分)を見てみました。 リクエスト特集で、『痴呆』と『お茶』が内容です。 『痴呆』の方は完全に流し聞き。 (こっちのほうが、重要なネタかもしれないw) 今回 …

no image

もういっちょ告知

このブログをご覧になってらっしゃるお茶主の皆さんで、 お茶会の告知をされたい方。 メッセージください。 ブログ記事を確認の上、こっちでも告知させて頂きます。 関連

アーカイブ