お茶 緑茶の淹れ方

ドコニサクラガオルノカ

投稿日:2011年4月21日

阪急沿線の染井吉野以外、意識的に桜を見ようとしたのが
梅宮大社だったということで
”梅”宮大社なのに、”桜”とは、これいかに?)
桜つながり。
京都紅茶道部
ルピシアの『サクラサク』という煎茶。
桜のシーズンにあわせて、
開花 →桜紅茶(いつもの専門店)
散り頃→サクラサク
とタイミングを計ってました。
(ほんまかいな)
まだ未開封でしたので、すこし楽しみ。
用意は
京都紅茶道部
食器をちょっと多め。
理由は、お湯の温度を下げるため。
気温が上がってきてるので、
食器に移してもなかなか思った温度に下がってくれない。
『なら、水を足せばいい話じゃね?』
全く持ってそのとおり。
こんだけ食器を用意したのは、
単なる我侭ですw
で、
京都紅茶道部"
お湯を汲みまして(1回目)
京都紅茶道部
湯飲みに移し変えます(2回目)
京都紅茶道部
湯冷ましに入れ替えて(3回目)
京都紅茶道部
湯飲みを冷やします。
京都紅茶道部
湯冷ましから湯飲みへ再度入れ替え(4回目)
京都紅茶道部
茶葉を入れた急須に戻します(5回目)
あ~、メンドクセ・・・・・
これで、60℃台になったはず。
1分30秒淹れて
京都紅茶道部
網で濾すと・・・・・
京都紅茶道部
1煎目の出来上がりです。
特徴としては、
・さわやかな香り
・後味すっきりの味
で、『旨み』は?
おかしいな、『宇治茶』と書いてあったはずなのに、
特徴の『旨み』がない・・・・
わざわざ、60℃台を狙って淹れたのに・・・
桜のフレーバーでないことがわかりましたが、
宇治茶らしくないことも分かりました。
(ある意味、ルピシアらしい)
ただ、葉っぱが大きくしっかりしてるので、
食べるのには、最適かもしれません。

-お茶, 緑茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

若旦那の早業

基本、『水出しのお茶』は好きではありません。 本来60度近辺で出るお茶の香り・味・風味などが、 ほぼ出てない温度帯だからです。 ただ、放送が見事だったんで、動画を貼らせていただきます。 お店は、ブログ …

no image

仏式?英式?和式?タイプ別でみる紅茶の淹れ方第3回

□英式で淹れてみる 『英式』と言っても、普通に淹れるだけなんですがね。手順はこうです。①水を多めに用意しておく(ポット×1.5倍)↓②沸かす↓③気泡がボコボコ言って来たら、少しお湯をポットに入れて温め …

no image

このブログを見てらっしゃる方で「オレンジペコーはオレンジの香り」と思ってる人はいないと思いますが

昨日買ってきました、 メジャーメーカー「トワイニング」の セイロン・オレジペコーです。 たぶん ご存知と思いますが、 オレンジペコーは果物のオレンジとは何の関係もありません。 (一応、再確認) 念のた …

no image

ついに入手の目処が経ちました。

今月はじめに『加賀の紅茶今期分販売』の話を書きました。野田屋さんから返信が来まして、注文が終わりました。あとは届いて振り込むだけ。 ただね・・・ べにふうきの丸子紅茶さんもそうだけど、後で振込って危な …

no image

いつも、お茶はどこで買ってますか?

お茶を買うまでの流れ ご存知の通り、お茶を買う人は、『消費者』です。 生産→消費者という、物の流れは『流通』といいます。 日本においての基本的な流通の形は 生産者→卸→小売→消費者 です。 ただ、必ず …

アーカイブ