お茶 緑茶の淹れ方

ドコニサクラガオルノカ

投稿日:2011年4月21日

阪急沿線の染井吉野以外、意識的に桜を見ようとしたのが
梅宮大社だったということで
”梅”宮大社なのに、”桜”とは、これいかに?)
桜つながり。
京都紅茶道部
ルピシアの『サクラサク』という煎茶。
桜のシーズンにあわせて、
開花 →桜紅茶(いつもの専門店)
散り頃→サクラサク
とタイミングを計ってました。
(ほんまかいな)
まだ未開封でしたので、すこし楽しみ。
用意は
京都紅茶道部
食器をちょっと多め。
理由は、お湯の温度を下げるため。
気温が上がってきてるので、
食器に移してもなかなか思った温度に下がってくれない。
『なら、水を足せばいい話じゃね?』
全く持ってそのとおり。
こんだけ食器を用意したのは、
単なる我侭ですw
で、
京都紅茶道部"
お湯を汲みまして(1回目)
京都紅茶道部
湯飲みに移し変えます(2回目)
京都紅茶道部
湯冷ましに入れ替えて(3回目)
京都紅茶道部
湯飲みを冷やします。
京都紅茶道部
湯冷ましから湯飲みへ再度入れ替え(4回目)
京都紅茶道部
茶葉を入れた急須に戻します(5回目)
あ~、メンドクセ・・・・・
これで、60℃台になったはず。
1分30秒淹れて
京都紅茶道部
網で濾すと・・・・・
京都紅茶道部
1煎目の出来上がりです。
特徴としては、
・さわやかな香り
・後味すっきりの味
で、『旨み』は?
おかしいな、『宇治茶』と書いてあったはずなのに、
特徴の『旨み』がない・・・・
わざわざ、60℃台を狙って淹れたのに・・・
桜のフレーバーでないことがわかりましたが、
宇治茶らしくないことも分かりました。
(ある意味、ルピシアらしい)
ただ、葉っぱが大きくしっかりしてるので、
食べるのには、最適かもしれません。

-お茶, 緑茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

煎茶パックの実力

煎茶パックは美味しいのか? この頃、ぐうたら生活が長いため、 若干、逆流性食堂炎気味に陥ってます。 どこかの製薬会社のCMのいいお客さんです。 さて、うちには、煎茶のティーバッグがあります。 多分、ホ …

no image

いまだに、中国茶が良くわからない。

中国茶の起源について お茶の起源は、中国の南西部かビルマ(ミャンマー)のあたりだと言われてます。 それが証拠か知りませんが、ビルマには”ラペトゥ”と呼ばれる、食べるお茶があります。 人間の食の確認は、 …

no image

『帝国静岡』が結果を出したんだから、あげないわけないわけにはいかない。

いわば、『トヨタが第3者機関で安全点検をしてもらったのと同じ』ことだから。 先日(といっても、一昨日)、 『農水省の検査は、実際に即しておらず、全くの無意味』 と言って果然拒否を宣言していたが、結局、 …

no image

広告ついでにもう一つ告知

どういう経緯か謎ですが、ツイッター上でティーブレンダーの熊崎俊太郎さんと数人交えてほぼチャット状態でお話をさせていただいてましたので、熊崎さんの新作ブレンドの告知もさせていただきます。 ヴァリシオン …

no image

今年のラス茶

今年最後にお茶を淹れました。去年は、加賀棒茶でしたので、今年は京番茶 ではなくて、 ケーキに合わせる(正確にはシュークリーム)ので、ルピシアの寿です。 来年はみなさまにいいことが沢山訪れますように。俺 …

アーカイブ