お茶 緑茶の淹れ方

ドコニサクラガオルノカ

投稿日:2011年4月21日

阪急沿線の染井吉野以外、意識的に桜を見ようとしたのが
梅宮大社だったということで
”梅”宮大社なのに、”桜”とは、これいかに?)
桜つながり。
京都紅茶道部
ルピシアの『サクラサク』という煎茶。
桜のシーズンにあわせて、
開花 →桜紅茶(いつもの専門店)
散り頃→サクラサク
とタイミングを計ってました。
(ほんまかいな)
まだ未開封でしたので、すこし楽しみ。
用意は
京都紅茶道部
食器をちょっと多め。
理由は、お湯の温度を下げるため。
気温が上がってきてるので、
食器に移してもなかなか思った温度に下がってくれない。
『なら、水を足せばいい話じゃね?』
全く持ってそのとおり。
こんだけ食器を用意したのは、
単なる我侭ですw
で、
京都紅茶道部"
お湯を汲みまして(1回目)
京都紅茶道部
湯飲みに移し変えます(2回目)
京都紅茶道部
湯冷ましに入れ替えて(3回目)
京都紅茶道部
湯飲みを冷やします。
京都紅茶道部
湯冷ましから湯飲みへ再度入れ替え(4回目)
京都紅茶道部
茶葉を入れた急須に戻します(5回目)
あ~、メンドクセ・・・・・
これで、60℃台になったはず。
1分30秒淹れて
京都紅茶道部
網で濾すと・・・・・
京都紅茶道部
1煎目の出来上がりです。
特徴としては、
・さわやかな香り
・後味すっきりの味
で、『旨み』は?
おかしいな、『宇治茶』と書いてあったはずなのに、
特徴の『旨み』がない・・・・
わざわざ、60℃台を狙って淹れたのに・・・
桜のフレーバーでないことがわかりましたが、
宇治茶らしくないことも分かりました。
(ある意味、ルピシアらしい)
ただ、葉っぱが大きくしっかりしてるので、
食べるのには、最適かもしれません。

-お茶, 緑茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

なぜ新年早々、嫁から文句を言われないといけないのかわからない。

新年明けました。 おめでとうございます。 本年も引き続き、御愛顧賜りますよう、 よろしくお願いいたします。 さて、 旧年の予告どおり、 今年最初のお茶は、 玉露です。 見せ逃げはしません。(それは、昨 …

no image

ここ数日間でチャレンジしてみたもの。

ツイッターでも花ざかりの『水出し物』をちょいとしてみました。 メニューは以下のとおり <してみたもの> ・烏龍茶(安物) ・プーアル茶(安物) ・紅茶(アッサムCTC) ・煎茶 <これからする予定のも …

no image

ツイッターのネタふりより

紅茶茶漬けではありません! (海草紅茶でもありません) バウム(バームクーヘン)の話が出てましたので、 それを。 あれ?紅茶じゃないぞ・・・・ まあ、添えということで。 ネタ的には、『トーストバウムを …

no image

2012年、初めて淹れたお茶

お茶の淹れ初め。正直、このまま自分で淹れないままズルズルと2月に突入してやろうかとも考えましたが、在庫を数えれば数えるほど、そういうわけにはいかない事実に直面するわけです。 散々悩んだ挙句、今年の一煎 …

no image

猫のお試しはいかがですか?

とは言っても、生きた猫を『ほいっ』って渡すわけではありません。 ここの猫→JANATさん のことです。 (もし、他の会社でも猫が使ってるのがわかったら、J猫と呼びます) メールで、届いたのが、 『サン …

アーカイブ