お茶 緑茶の淹れ方

ドコニサクラガオルノカ

投稿日:2011年4月21日

阪急沿線の染井吉野以外、意識的に桜を見ようとしたのが
梅宮大社だったということで
”梅”宮大社なのに、”桜”とは、これいかに?)
桜つながり。
京都紅茶道部
ルピシアの『サクラサク』という煎茶。
桜のシーズンにあわせて、
開花 →桜紅茶(いつもの専門店)
散り頃→サクラサク
とタイミングを計ってました。
(ほんまかいな)
まだ未開封でしたので、すこし楽しみ。
用意は
京都紅茶道部
食器をちょっと多め。
理由は、お湯の温度を下げるため。
気温が上がってきてるので、
食器に移してもなかなか思った温度に下がってくれない。
『なら、水を足せばいい話じゃね?』
全く持ってそのとおり。
こんだけ食器を用意したのは、
単なる我侭ですw
で、
京都紅茶道部"
お湯を汲みまして(1回目)
京都紅茶道部
湯飲みに移し変えます(2回目)
京都紅茶道部
湯冷ましに入れ替えて(3回目)
京都紅茶道部
湯飲みを冷やします。
京都紅茶道部
湯冷ましから湯飲みへ再度入れ替え(4回目)
京都紅茶道部
茶葉を入れた急須に戻します(5回目)
あ~、メンドクセ・・・・・
これで、60℃台になったはず。
1分30秒淹れて
京都紅茶道部
網で濾すと・・・・・
京都紅茶道部
1煎目の出来上がりです。
特徴としては、
・さわやかな香り
・後味すっきりの味
で、『旨み』は?
おかしいな、『宇治茶』と書いてあったはずなのに、
特徴の『旨み』がない・・・・
わざわざ、60℃台を狙って淹れたのに・・・
桜のフレーバーでないことがわかりましたが、
宇治茶らしくないことも分かりました。
(ある意味、ルピシアらしい)
ただ、葉っぱが大きくしっかりしてるので、
食べるのには、最適かもしれません。

-お茶, 緑茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

何回も試しているが、イマイチうまくいかない。(アイス烏龍茶)

『金沢で飲んだアイスの凍頂烏龍茶』 うちでも、可能なかぎり再現しようとしてますが、いまいちうまくいかない。 ①濃い目に入れて薄める ②ダブルドリップ(2回に分けて香りと味を別々に取り出す)してから冷却 …

no image

ようやく、伊勢茶

※この記事は過去に書いた『伊勢旅行記』の続きでした。該当記事はすでにありません。 あの山盛り伊勢茶詰め合わせ詰め放題 から随分放置してました。 と言っても、全く手を付けなかったわけじゃないです。 ちゃ …

no image

【参考資料】中国茶を淹れてみる(青茶編)

【国産紅茶以外も見てみないとわからない】 よく『中国茶のような』とか『~のお茶の~』とかいう説明をしますが、基本そこまで詳しくない人が多いですので、実際に国産紅茶以外のお茶を淹れてみて見てもらおうかと …

no image

待てど暮らせど、なかなか紹介しなかったお茶を、ようやく!!!

さて 『お茶』のテーマをはじめて、 一番最初に『おいしい』とオススメしたものを入れました。 加賀棒茶です。 これまで、散々、 『ほんとにいいですよ』 とか 『飲まないと後悔する気がします』 とか、書い …

no image

2012年、初めて淹れたお茶

お茶の淹れ初め。正直、このまま自分で淹れないままズルズルと2月に突入してやろうかとも考えましたが、在庫を数えれば数えるほど、そういうわけにはいかない事実に直面するわけです。 散々悩んだ挙句、今年の一煎 …

アーカイブ