お茶

『お茶を飲む』という行為に資格が必要なのか?

投稿日:2011年5月31日

基本的には、僕は『お茶の資格』なるものは取る予定はありません。
(『お茶の先生』というわけの分からないものになるつもりはないので)
ただ、団体があるとその分だけ
『認定資格』なるものがあるのが、
この世の常。
ということで、今分かる範囲で『お茶の資格』というのを調べてみました。
・日本中国茶普及協会
インストラクター:初級→上級→特級
・日本中国茶協会
~中国政府公認~
評茶員:初級→中級→高級→技師→高級技師
茶藝師:初級→中級→高級→技師→高級技師
~日本中国茶協会独自~
中国茶エキスパート:ジュニア→シニア
日本紅茶協会
ティーインストラクター
日本茶インストラクター協会社団法人日本茶業中央会
日本茶アドバイザー(初級)

日本茶インストラクター(中級)

日本茶マスター(上級)
日本茶検定(合格点により、3級→2級→1級とあります)
日本茶普及協会
茶育指導士
ぜ~んぶ、民間資格なので、なんの特権も何の有効性もありませんが、
茶を科学的なポイントから見てる人たちが監修してることが多いので、
『確実なお茶知識』を身につけるには、いいかもしれません。
(ある意味、便利なまとめ本)
飲むという行為に、資格なんて要らないんですが、
そもそも先生になるつもりもありませんが、
『なぜか各協会に区分けされてしまった知識群』を
一度、集約する機会がありましたら、
『すべての資格を一気に取得』してみようかと考えてます。
(正確には、すべての知識を一気に習得して、
『各々に独自性なんてないことを証明すること』が目的)
その前に、やらなけりゃいけないことが、山積~♪
気楽に考えたら、一生かけても終わらないよな・・・

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

広告ついでにもう一つ告知

どういう経緯か謎ですが、ツイッター上でティーブレンダーの熊崎俊太郎さんと数人交えてほぼチャット状態でお話をさせていただいてましたので、熊崎さんの新作ブレンドの告知もさせていただきます。 ヴァリシオン …

no image

考え直すことが出来ました。

日本茶のことで 『まともな日本茶を飲もうとしたら、 100g2000円以上じゃないといけない』 と書いてきました。(何回か) 今日、一部訂正します。 昼間に、嫁様と八坂神社に初詣に行った帰りです。 帰 …

no image

お茶が旨いというだけでアップしたくなるお茶

今、絶賛?公開中の2011年吉田山大茶会の記事の途中ですが、 ここで買ったお茶をご紹介 明前獅峰龍井献上茶というのなんですが、 当日飲んだ時、そこまで味も香りもしてませんでした。 茶藝館かぎろひの店主 …

no image

紅茶買って来ました。

(いつも、このぐらい行動が早けりゃ良いのにな・・・) 一軒目は、京都大丸のレピシエ(ルピシア)基本的に、紅茶を手鍋で煮出して、牛乳入れて飲むので、強めの紅茶。値段も、あんまし高くない奴。 二軒目は、京 …

no image

特定の分野では良い仕事をする大手

果たして何のことかと言うと、 この前、買って(もらった)福袋のことです。 前に、ルイボスティーの話書きましたよね。 次は、もう一つのルイボスティー フレーバードです。 中には、マンゴーとシトラスが入っ …

アーカイブ