お茶

火をかけっぱなしにしなくても、紅茶の煮出し法と同じくらいのクオリティーをだすには。

投稿日:2011年3月29日

いつも書いてますが。
『紅茶は100℃で淹れます』
ですが、このことを必死に守ろうとすれば、ずっと火にかけないといけません。
ですが、普通にポットに入れると、それで温度が下がってしまいます。
なので、あらかじめお湯を入れて、ポットを暖めてから淹れます。
ですが、どれだけポットを暖めても、90度とかにはなりません。
(お湯が100度でもポットが60度だと90度以上にはなりません。お湯の量にもよりますが)
でも、それを防ぐために、新作のポットを用意しました。
それは・・・
京都紅茶道部
これです!



/ ̄ ̄\   魔法瓶だよね・・・
/       \           ____
|::::::        |      /       \
. |:::::::::::   |    / ⌒   ⌒   \
|::::::::::::::    | /  (●) (●)     \     はい!魔法瓶です!
.  |::::::::::::::   } |    (__人__)     |
.  ヽ::::::::::::::    }  \   ` ⌒´     _/
ヽ::::::::::  ノ   |             \
/:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――


魔法瓶は冷えにくい構造です。
そりゃそうでしょう。
真空をガラス層で包んだ製品です。
『余熱がなくても、限りなく100度に
近い温度で淹れられる』

こんなところに、ふさわしいものが!!
ただ、格好悪いんですよね。
出来れば、マリアージュフレールの保温性カバーのあるティーポットがいいな・・・
(約3万円←そんなもの買えません)
まあ、僕の理念?
『普通に買える茶葉を最高の味で飲む』
ということで
京都紅茶道部
水を汲みまして
京都紅茶道部
ここまではいつもどおり
京都紅茶道部
火をかけます。(奥のやかんは京番茶用)
その間に、
京都紅茶道部
魔法瓶に茶葉を入れて置きます。
(茶葉は、いつもの紅茶専門店のアッサムのCTC)
京都紅茶道部
お湯を注いで
京都紅茶道部
ふたを閉めて、3分間・・・
京都紅茶道部
ガラスのポットに入れ替えます。
この時点で、紅茶の香りがふわっっと広がります。
もしかして、フレーバード向きかも。香り飛ばないし。
京都紅茶道部
先に、オリゴ糖を入れていたので、混ぜます。
京都紅茶道部
出来上がりは、こんな感じ。
文字通り、『ブラックティー』
鍋入れに匹敵するくらいの色目です。
牛乳も入れて
京都紅茶道部
このような感じ。
結構、牛乳入れてます。
(150ccぐらい)
僕自身、香りよりも味そのものにこだわるので、
茶葉からの味がしっかり出てないと納得できません。
ですが、普通にポットで入れると香りだけで味がすごく薄くなります。
(良い言い方をすれば、ライトな味。ただ、これは俺にとって手抜きでしかない)
なので、魔法瓶で入れると茶葉の味までしっかりとでます。
人によっては渋くて飲めないと考えますが、つまみがなくてお茶だけで飲むようなスタイルをとると、十分すぎるくらいしっかりした味に仕上がります。
多分、どこのご家庭でも使ってない魔法瓶が一つぐらいあると思いますので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

-お茶

執筆者:


  1. みこどん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ちいぽんさん
    多分、わけのわからない内容だったりしますが、よろしくお願いします。
    こっそり、読者登録もしとくので、がんばってね。
    あと、そっちはライフラインがまだ復旧してないかもしれないかもしれないけど、寒さには気をつけてね。

  2. ちいぽん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おもしろそうなブログなのでコメします♪
    これからちょこちょこきますので
    更新たのしみにしています(〃ω〃)
    よかったら私のぶろぐにもきてくださいね!!

関連記事

no image

TPPの検証として、『紅茶の自由化』を考える。

※今日の内容を理解出来ない人は今日は、読まないでください。 よく内容がわからないまま、TPPが議論されているみたいですが、その検証として、昭和46年に行われた紅茶の自由化を取り上げてみます。 今は、じ …

no image

リベンジ!!

って、この言葉、いつから流行ってんだろ・・・ (調べてみたら、使われだしたのは1994年9月に開催されたK-1で、一般化したのは、1999年の松坂投手からだそうです) この前、嫁に 「その存在意義さえ …

no image

猫のお店

と言っても、本当に『猫の店』ではありません。 『紅茶の猫』ということで、フランスの紅茶メーカーJANATの日本のお店です。 でも、リアルショップではありません。 WEBショップです。 正直、知りません …

no image

抹茶の違った選択肢

夫婦岩の回で、ちらっと触れた割にあんまし反応がなかったので、改めてアップします。 『抹茶黒糖』です。 黒糖を抹茶でコーティングしたもので、 触ると抹茶が手につきます。 ちなみに、黒糖の味が強いので、『 …

no image

嫁様がずいぶん前に金沢の店で買っていたものを今は初めて開けたことに気がついた。

在庫確認の時、あることは知っていたんですが、 実は淹れた事が無かったわけでした。 夜に、嫁様に 『何か飲むのも無いの?』 といわれたので、 『お茶は淹れればあるが』 と答えたので、適当にそれにするか聞 …

アーカイブ