お茶

火をかけっぱなしにしなくても、紅茶の煮出し法と同じくらいのクオリティーをだすには。

投稿日:2011年3月29日

いつも書いてますが。
『紅茶は100℃で淹れます』
ですが、このことを必死に守ろうとすれば、ずっと火にかけないといけません。
ですが、普通にポットに入れると、それで温度が下がってしまいます。
なので、あらかじめお湯を入れて、ポットを暖めてから淹れます。
ですが、どれだけポットを暖めても、90度とかにはなりません。
(お湯が100度でもポットが60度だと90度以上にはなりません。お湯の量にもよりますが)
でも、それを防ぐために、新作のポットを用意しました。
それは・・・
京都紅茶道部
これです!



/ ̄ ̄\   魔法瓶だよね・・・
/       \           ____
|::::::        |      /       \
. |:::::::::::   |    / ⌒   ⌒   \
|::::::::::::::    | /  (●) (●)     \     はい!魔法瓶です!
.  |::::::::::::::   } |    (__人__)     |
.  ヽ::::::::::::::    }  \   ` ⌒´     _/
ヽ::::::::::  ノ   |             \
/:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――


魔法瓶は冷えにくい構造です。
そりゃそうでしょう。
真空をガラス層で包んだ製品です。
『余熱がなくても、限りなく100度に
近い温度で淹れられる』

こんなところに、ふさわしいものが!!
ただ、格好悪いんですよね。
出来れば、マリアージュフレールの保温性カバーのあるティーポットがいいな・・・
(約3万円←そんなもの買えません)
まあ、僕の理念?
『普通に買える茶葉を最高の味で飲む』
ということで
京都紅茶道部
水を汲みまして
京都紅茶道部
ここまではいつもどおり
京都紅茶道部
火をかけます。(奥のやかんは京番茶用)
その間に、
京都紅茶道部
魔法瓶に茶葉を入れて置きます。
(茶葉は、いつもの紅茶専門店のアッサムのCTC)
京都紅茶道部
お湯を注いで
京都紅茶道部
ふたを閉めて、3分間・・・
京都紅茶道部
ガラスのポットに入れ替えます。
この時点で、紅茶の香りがふわっっと広がります。
もしかして、フレーバード向きかも。香り飛ばないし。
京都紅茶道部
先に、オリゴ糖を入れていたので、混ぜます。
京都紅茶道部
出来上がりは、こんな感じ。
文字通り、『ブラックティー』
鍋入れに匹敵するくらいの色目です。
牛乳も入れて
京都紅茶道部
このような感じ。
結構、牛乳入れてます。
(150ccぐらい)
僕自身、香りよりも味そのものにこだわるので、
茶葉からの味がしっかり出てないと納得できません。
ですが、普通にポットで入れると香りだけで味がすごく薄くなります。
(良い言い方をすれば、ライトな味。ただ、これは俺にとって手抜きでしかない)
なので、魔法瓶で入れると茶葉の味までしっかりとでます。
人によっては渋くて飲めないと考えますが、つまみがなくてお茶だけで飲むようなスタイルをとると、十分すぎるくらいしっかりした味に仕上がります。
多分、どこのご家庭でも使ってない魔法瓶が一つぐらいあると思いますので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

-お茶

執筆者:


  1. みこどん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ちいぽんさん
    多分、わけのわからない内容だったりしますが、よろしくお願いします。
    こっそり、読者登録もしとくので、がんばってね。
    あと、そっちはライフラインがまだ復旧してないかもしれないかもしれないけど、寒さには気をつけてね。

  2. ちいぽん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おもしろそうなブログなのでコメします♪
    これからちょこちょこきますので
    更新たのしみにしています(〃ω〃)
    よかったら私のぶろぐにもきてくださいね!!

関連記事

no image

このブログを見てらっしゃる方で「オレンジペコーはオレンジの香り」と思ってる人はいないと思いますが

昨日買ってきました、 メジャーメーカー「トワイニング」の セイロン・オレジペコーです。 たぶん ご存知と思いますが、 オレンジペコーは果物のオレンジとは何の関係もありません。 (一応、再確認) 念のた …

no image

2012年、初めて淹れたお茶

お茶の淹れ初め。正直、このまま自分で淹れないままズルズルと2月に突入してやろうかとも考えましたが、在庫を数えれば数えるほど、そういうわけにはいかない事実に直面するわけです。 散々悩んだ挙句、今年の一煎 …

no image

カルピス紅茶レビュー

【カルピス紅茶とはなんぞや】 カルピス紅茶とは、「カルピス+紅茶」の飲み物です。調べてみたら、カルピスの公式ページにもあるようで、まんざらネタ紅茶でもないと自信をもちました。(なお、リンク先はカルピス …

no image

日本茶の淹れ方、わかりますか?

【日本茶を淹れる前に】 で、うだうだ言い続けてた、『日本茶の淹れ方』です。 今まで、日本茶の淹れ方を避けてきたとおり、 紅茶と違って制限がたくさんあります。 紅茶→100℃で3分以上でOK 緑茶→・一 …

no image

静岡の「世界お茶まつり」の参加申し込み

下記のイベントに、申し込みました。 10/29 紅茶セミナー「世界へ羽ばたく国産紅茶」 10/30 シンポジウム「お茶を飲むとなぜ体に良いのか」 10/31 茶の文化講演会 「喫茶楽塾」 ただ、申し込 …

アーカイブ