お茶

お茶のある風景

投稿日:2010年11月12日

口に入れるものの優先順位

先日ネタにもしましたが、人間の口に入るものの行動のパターンは、食→飲です。
食のプロセスの中で、『煮だした汁が飲める』と解釈して、それを飲むという行動。
お茶でも、本来はそういうプロセスをたどったのではないかといわれてます。
ミャンマーでは、今も食べるお茶というのが残ってます。
日本へは、食用ではなくて、最初から飲用として入り、
それが仏教とともに持ってこられたので、お寺を中心に広がりました。

お茶の文化的背景

お茶に、風景ということで、

紅茶にイングリッシュガーデンが作られたり、

日本では、寺院を中心にお茶が広がったので、

寺院庭園に日本茶(当時は、抹茶か団茶)

さらに、日本のお茶は精神的鋭化を極めていき、
わび茶に発展。
京都紅茶道部-世界お茶9
(※イメージ図です)
お茶は、それぞれの文化から風景を作り出していく、
ツールとなっていっていたのかもしれません。

現代におけるお茶の風景

では、一般化を重ねた、今は・・・というと、
普通の生活の中に、そういう文化を入れこめれないのが、現状。
(侘び茶の究極は、野点らしいのですが)
生活の清涼剤としてのお茶は、飲みのもの多様化に伴い、
そいう言う役目は失いつつある、というのが、専門家達の見解です。
でも、お茶は日本人の7割から、『好き』または『きらいでない』という評価をされてます。
それは、清涼剤という役目ではなく、『癒し』という部分が多くの理由となってるといわれてます。
なら、家で『癒し』を求め、お茶を淹れるのか・・・
残念ながら、現代建築では全員がそういう家に住んでないのが現状です。
(飲み物単体だけで、癒しをえられるほどの想像力がなくなってることも事実)
今後、このお茶に求められてる『癒し』を再現するには、そのための『風景』が必要とされてくるでしょう。
そういう、『食』と『文化』の再認識が、これからのお茶だけではなくて、
自分達の足場を見つめていく大切なキーとなりうるかもしれません。
(※今後、『お茶と風景』に関しては、勉強が進み次第、追いかけていきます)

-お茶

執筆者:

関連記事

no image

誰でもできるセパレートティーの作り方

ツイッターでいつもお世話になってます『ぞうの紅茶』さんが、しばらく、『セパレートティー』なる多重層からなる紅茶を紹介していました。 こちらの方がおいしそうなので、先に紹介させていただきます。 カンタン …

no image

ストレスを感じると苦味で解消できるのが大人だそうで

前に、『大人になると苦いものがうまく感じるようになる』という話を聞いたことがあります。原因としては、ストレスが味覚の感受性を落とし、学習で特に危険がないと認識された苦味に関してはそれが心地よさだと感じ …

no image

ルイボスティー驚きの飲み方

1/9にコメントいただきました、よう☆さんのお誘いに乗りまして、 よう☆さんにペタをしていきました 「香」@ちいさなハーブティー屋さんのブログをみさせていただきまして 早速試してみました。 ルイボスコ …

ティーポット

僕が紅茶好きだと言ったら友達は笑い出しました。でも目の前で淹れ出したら・・・

紅茶を安定して淹れられるようになったきっかけ 昔話になるのですが、僕自身はお茶は物心ついた時から好きだったのですが、明確にお茶好きを公言したのは21歳の春先でした。 一番のきっかけは、19の時にティー …

no image

まあ、同じ木なんだからあっても不思議じゃないわな。

この頃、ちょくちょく拝見させていただいてもらってる、お茶屋@和さんのブログにて、 『玉露かりがね』というのが、紹介されてたので、転載させていただきました。 ま、玉露もお茶の木なので、通常の煎茶にある『 …

アーカイブ