お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

簡単そうで、なかなか出来ない『一杯の完璧な紅茶の淹れ方』

投稿日:2010年11月5日

紅茶を淹れる事は難しい事?

本来、日本茶と違って、『100℃で淹れる』ことさえ間違わなければ、
失敗することがない紅茶。
でも、ある時期まで100年ぐらい、この『淹れ方』の論争が続いてました。
紅茶をしてる人には、よく笑いのネタにされてる、
”MIF:ミルク イン ファースト(牛乳を先に入れる)”

”MIA:ミルク イン アフター(牛乳をあとに入れる)”
日本人からしたら、「そんなもん、どっちでもいいだろww」
という話になるんですが、
そこは、『紅茶を文化として作り上げた』イギリス。
問題解決まで、100年の月日を要しました。
(というか、一種の紅茶宣伝のためのパフォーマンスだったりします)
2003年、イギリスの「王立化学協会」というところが、
『科学的知見』に基づき、解析した結果が以下の通りです。

【用意するもの】

・アッサムのリーフ
(CTCとかではなく、ちゃんと葉が広がるもの)
・軟水
・新鮮な低温殺菌牛乳
・白砂糖

【手順】

①やかんに、新鮮な軟水を注ぎ、火をかける。
時間、水、火力などを無駄にしないように適量を沸かすこと
(こんなことまで、指示するのか??)
②湯が沸くのを待つ間、1/4カップの水を入れた陶磁器のポットを電子レンジに入れて、
1分間加熱し、ポットを温めておくこと。
③やかんの湯が沸くと同時に、加熱したポットのから湯を捨てる。
④カップ1杯当たり、ティースプーン1杯の茶葉をポットに入れる。
⑤沸騰してるやかんまでポットを持っていき、茶葉めがけて勢い良く注ぐ。
⑥3分間蒸らす。
⑦理想的なカップは陶磁器のマグカップだか、それはあなたの好みのものでよい。
⑧カップに”先ず”牛乳を注ぎ、”続けて”紅茶を注ぎ、
おいしそうな色合いになるのを目指す。
⑨砂糖は、好みで入れる。
⑩紅茶の飲み頃の温度は、60℃~65℃で、これ以上熱いと飲みにくく、
下品に音をたててすすることになる。


と、いうわけで。
この項目に科学的証明がイチイチくっついてくるわけです。
なかなか出来ないのは、方法ではありません。
ポットの余熱は、電子レンジが無ければ、多めにお湯を沸かして、それで温めればいいだけ。
現状の生活の中で、なにが、難しいのかと言うと、
材料の『低温殺菌牛乳』がなかなか売ってないということ。
この記事を作るために、低温殺菌牛乳を探しに近所の店を見てきたんですが、
どこにも、置いてないんです。
ほとんどは、
・130度で2秒加熱する『超高温殺菌牛乳』
・脂肪分を抜いて、カルシウムや葉酸を加えた、『加工乳』
なんです。
材料の段階で、挫折。
さっきの、”MIF”・”MIA”論争の、根幹になる話で、
『MIFだと、高温の紅茶の中に、冷えた牛乳を入れると、
たんぱく質が変性してしまい、『牛乳くささ』がでてしまう』
と言う結論が出ました。
つまり、超高温殺菌牛乳は、その高温ゆえに
たんぱく質がすでに変性してしまっており、『牛乳くささ』が発生してるそうです。
だから、変性してない低温殺菌牛乳がふさわしいという、話です。
「紅茶にここまで論争できるイギリス人ってすげえな・・・」
と、
”カレーとアイスに猟奇的なまでの情熱を注ぐ民族”
の僕は思ってしまってます。

 

参考資料

一杯の紅茶の世界史 (文春新書)/磯淵 猛
¥714
Amazon.co.jp

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:


  1. シャン☆ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >みこどんさん
    2004.11.06
    2004.09
    2003.10
    ・・・・・まいっかw

  2. みこどん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >シャン☆さん
    (時々ニアミスはしますが)
    お久です!
    賞味期限切れは・・・
    半年以内なら、普通にご賞味いただけます。
    それ以上でしたら、劣化してるのを覚悟して置いてください。

  3. シャン☆ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    なるへそ~♪
    紅茶は詳しくないけど・・・
    好きだから勉強になりました!!
    賞味期限切れのもこれでおいしくなりますかねぇ(・ω・)/

関連記事

no image

ほぼ毎日飲み続けて、2ヶ月もちました。

静岡で購入して以来、ほぼ毎日飲んでたお茶があります。 それが、 これです。 静岡の『ティーアップ』さんの粉末緑茶。 粉末なので、水やぬるま湯に溶かすだけ。 色目も、 すごく、涼やか。 (てか、冬に言う …

no image

正直、いつも淹れるのをためらうが、淹れないとなくならない。

なら、捨てれよと・・・ いや・・・ どんなものでも、一度は、チャレンジする義務があるんじゃないかと・・・ いつも、思うわけですね。 見た瞬間に、味が想像できて、もう、どうしようか散々悩んだんですが、 …

no image

僕がルピシア嫌いではないという5つの理由

□初めに釈明 一昨日はルピシアをディスっているとしか思えない記事(※なんとなく消しました)を書きまして、 主にTwitterから、叱責のお言葉(1件)と励ましのお言葉(1件)をいただきました。 どうも …

no image

ただいま、黒猫の黒缶を買うと、もれなく日本製のスプーンがつきます。

ただし、在庫が尽き次第もらえなくなります。 いつもの、近所のKALDIにて、 いつもの 黒猫買いました。 (セイロンエクストラ) じつは、もともと買うつもりはなかったのですが、 これが おまけについて …

no image

仏式?英式?和式?タイプ別でみる紅茶の淹れ方第2回

□仏式で淹れる 用意したのは以下のものです。 ポット コットンフィルター これといって多くもなし。 □手順 ポットを用意します。余熱の前にサイズ確認してみました。 お湯を沸かしたら、 そのままお湯を入 …

アーカイブ