国産紅茶レビュー 大分県

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ)

投稿日:2017年12月28日

【 紅蛍2017(ティーバッグ) :この紅茶について】

この紅茶は、大分県の耶馬渓町にある茶農家さんの紅茶です。
今は観光名所『耶馬渓』が近いということが有り、飲食店もされてます。

前に一度試飲記事を書いていますので、そちらとあわせて変化をご確認いただければと思います。

【大分】蛍茶園:紅蛍

記事を書く前に一度飲んでまして、その時のあまりの変化に驚きました。
ちゃんと紅茶になってて、しかも人に勧めれるものになってました。
出オチみたいな格好になり申し訳ございませんが、詳しくは下記の記事を御覧ください。

【茶葉】

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ) -1
茶葉は、ティーバッグ用に細かくしてあります。
アップで見てみると、細かい撚りなど確認できます。
丁寧に作り込んでいるという印象を受けました。
ちらほら茎や髭が見られますが、味の調整のために入れたのでしょうか。
サイズ感が他の茶葉に近いものばかりなので、ティーバッグから開けなければ、特に問題ないかと思います。

【水色・味・香り】

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ) -2
3分淹れました。
水色は、橙色です。
香りは、ワラや落ち葉っぽい香りがしますが、ほんのりと甘い香りがします。
味は、まだ白湯です。

味の系統は、香りだけで言えば、滋納系と清廉系の間くらいになります。ただ、味が出ていないので、香りも含めてもっと変化すると思います。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤橙色になりました。
香りは、なんとなく花っぽい香りになりました。
味は、渋みはなく、香ばしさとコクがあります。

味の系統は、限りなく清廉系に寄ってる滋納系です。
目的の料理かお菓子が先にあって、それに寄せて紅茶を作ってるのかなという印象を感じました。
京都だったら、この味を好きな人が多そうです。

【茶殻】

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ) -3
茶殻はざっくりと裁断されたあとがよくわかります。
本来、ティーバッグなので、開けて確認するというのはどうかと思うこともあるわけですが、これがフルリーフだったら綺麗な形に仕上がってるかもという淡い想像はします。
残り香もそんなにも残ってませんでした。
出の良い紅茶だなというそういう印象をうけました。

この紅茶は、料理との相性が良さそうです。
味を引き立てる名脇役としてうってつけだと思います。
食べ合わせの際にぜひ活用をしてみて下さい。

-国産紅茶レビュー, 大分県

執筆者:

関連記事

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)

【この紅茶について】 【茶葉】 この茶葉は手摘みで作っているそうで、形状がしっかりしているものばかりです。 しかもゴールデン芯目(ゴールデンチップとかシルバーチプとかの部分)も混ざっており、見た目も楽 …

no image

【静岡】豊好園:かなやみどり

【この紅茶について】 この紅茶は豊好園さんから購入した紅茶の第3弾です。今回はかなやみどりです。ここで作られている品種別紅茶はまだまだありますので、続々更新していきます。これだけ品種別に紅茶を作ってい …

【奈良県】健一自然農園:大和和紅茶2016-2

【奈良県】健一自然農園:大和和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で買いました。 改めて、奈良県での国産紅茶の生産の裾野が広がってることを実感しました。 奈良県のお茶は宇治茶の一部として使われる事が多く、いままで一般 …

no image

奈良:葉香製茶2012紅月

今日の国産紅茶は、奈良の茶園さんの『葉香製茶』さんのです。この当代社長は、Twitterで知り合った友達で、何回もお邪魔させていただいてもらってます。今は一貫して『無農薬・有機栽培』でお茶を作っており …

no image

【京都】南山城紅茶プロジェクト:おくみどり2012SF

【この紅茶について】 この紅茶は、南山城村で『京ふか冠』という深蒸し茶を作っていらっしゃる辻本製茶さんのおくみどりを使って作った紅茶です。 摘んだ時期が、1番茶と2番茶の間で、本人曰く『1.5茶』とい …

アーカイブ