国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017

投稿日:2017年12月12日

【 宮崎茶房在来2017 :この紅茶について】

宮崎茶房在来2017 は、シングルオリジンのときに買いました。
宮崎茶房さんで在来の紅茶は初めて飲みます。
どんな仕上がりなのか楽しみです。

【茶葉】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017 -1
茶葉は全体的に軽いです。
他の宮崎茶房さんの紅茶のような重厚感も厚みも感じません。
空気をより上げたような感じがします。
計量しててもどのくらいが5gなのかわからないくらい。
淡い撚られ方かからどんな紅茶になるのか正直わかりません。

【水色・味・香り】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017 -2

3分淹れました。
水色は、赤みがかった黄色です。
香りは、生木の皮のような香りがします。
味は、少しだけコクがります。ただ、まだ薄いです。

味の系統は、このままで行くと滋納系になります。ただ、3分では薄いので味の系統はもっと長い時間漬けてからになります。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、少し薄い赤橙色です。
香りは、あまり変わらず生木の皮のような香りがします。
味は、渋みが全面に出てきました。

味の系統は、清廉系に寄ります。滋納系なると思ったのは最初だけでした。
キリッとした渋さは、紅茶というよりも緑茶に近いです。

【茶殻】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017 -3
茶殻は生葉のようです。
一つ一つ手摘みでとったような茶葉がそのまんま残ってます。
裁断した結果の割れたような茶葉が散見します。
裁断機でバスバス切ったあとではなく不揃いで、製茶中などで割れたのかなという感じがします。
ただやはり、全体的には茶葉はそのままの形にもどり、生き生きしたまま紅茶になったんだなって感じが受けます。

この紅茶は、2通りに楽しめます。
軽く淹れてふんわりとリラックスできます。
ガッツリ淹れて渋さでストレスからリセットできます。
共に、仕事などの緊張状態からの開放には適切かと思います。
ぜひともお役立てて下さい。

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

no image

高知:香ル茶園:香ル茶

始まりは新聞記事 今日、読売新聞全国版で、 『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり) という記事が紹介されていました。 前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えて …

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016-1

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で買いました。 って書くと「え~、まだあるやん」って言われますが、これは当時店頭に並んでなかったものを売ってもらいました。 故に、「地紅茶サ …

【熊本県】Jasteaブランド:熊本矢部下田さん みなみかおり2017-2

【熊本県】Jasteaブランド: 熊本矢部下田さん・みなみかおり2017

【 熊本矢部下田さん・みなみかおり2017 :この紅茶について】 熊本矢部下田さん みなみかおり2017 は、日本茶ショップJasteaの商品です。 熊本県矢部の農家さんによる紅茶です。 品種は『みな …

【奈良県】羽間農園:自然発酵紅茶2016-2

【奈良県】羽間農園:自然発酵紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良にて購入しました。 僕自身としては、初めての紅茶になります。 自然のままに、農薬や肥料を不使用で作られたお茶とのことです。 ナチュラル系の好きな方は …

【大分県】蛍茶園:紅蛍2017(ティーバッグ)-2

【大分県】蛍茶園: 紅蛍2017(ティーバッグ)

【 紅蛍2017(ティーバッグ) :この紅茶について】 この紅茶は、大分県の耶馬渓町にある茶農家さんの紅茶です。 今は観光名所『耶馬渓』が近いということが有り、飲食店もされてます。 前に一度試飲記事を …

アーカイブ