国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017

投稿日:2017年12月12日

【 宮崎茶房在来2017 :この紅茶について】

宮崎茶房在来2017 は、シングルオリジンのときに買いました。
宮崎茶房さんで在来の紅茶は初めて飲みます。
どんな仕上がりなのか楽しみです。

【茶葉】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017 -1
茶葉は全体的に軽いです。
他の宮崎茶房さんの紅茶のような重厚感も厚みも感じません。
空気をより上げたような感じがします。
計量しててもどのくらいが5gなのかわからないくらい。
淡い撚られ方かからどんな紅茶になるのか正直わかりません。

【水色・味・香り】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017 -2

3分淹れました。
水色は、赤みがかった黄色です。
香りは、生木の皮のような香りがします。
味は、少しだけコクがります。ただ、まだ薄いです。

味の系統は、このままで行くと滋納系になります。ただ、3分では薄いので味の系統はもっと長い時間漬けてからになります。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、少し薄い赤橙色です。
香りは、あまり変わらず生木の皮のような香りがします。
味は、渋みが全面に出てきました。

味の系統は、清廉系に寄ります。滋納系なると思ったのは最初だけでした。
キリッとした渋さは、紅茶というよりも緑茶に近いです。

【茶殻】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017 -3
茶殻は生葉のようです。
一つ一つ手摘みでとったような茶葉がそのまんま残ってます。
裁断した結果の割れたような茶葉が散見します。
裁断機でバスバス切ったあとではなく不揃いで、製茶中などで割れたのかなという感じがします。
ただやはり、全体的には茶葉はそのままの形にもどり、生き生きしたまま紅茶になったんだなって感じが受けます。

この紅茶は、2通りに楽しめます。
軽く淹れてふんわりとリラックスできます。
ガッツリ淹れて渋さでストレスからリセットできます。
共に、仕事などの緊張状態からの開放には適切かと思います。
ぜひともお役立てて下さい。

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

no image

【福岡】鶴製茶園:八女の紅茶『紅鶴』

【茶葉】 茶葉は、綺麗にカットされていて計量しやすかったです。発酵は強めなのかもしれません。青目の茶葉がほとんど見当たりませんでした。 【水色】 水色は綺麗な紅色です。微かに新茶のような青い香りがして …

no image

【岐阜】なべしま銘茶:飛騨紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、丸子紅茶のべにふうきを、飛騨まで持って行って製茶した紅茶だそうです。丸子ティーファクトリーで講習を受けた方が作っていらっしゃるというお話でした。『茶葉の輸入』で地元の …

no image

【埼玉】田畑園:和風紅茶

【茶葉】 淹れやすくブロークンにしたのかと思います。選別はブロークンにしたせいか、さほど目立ってませんが、繊維や茎が混ざってるので、仕分けはほどほどにしたのかなって思います。 【水色】 番茶みたいな風 …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶(赤ラベル)

【この紅茶について】 この紅茶は、毎度おなじみ十三の茶淹さんで買った紅茶ですが、これを作られている喜寿園のご主人、杉本さんとも知り合いです。杉本さんの紅茶として、うちには黒ラベル、赤ラベル、そしてホテ …

no image

【大分】高橋製茶:和紅茶by吉四六の里

【この紅茶について】 この紅茶は、映画『種まく旅人~みのりの茶~』の舞台になりました、高橋製茶さんの紅茶です。元々、大分は熊本と同じく『国産紅茶発祥の地』として知られていますが、紅茶の農家はそんなにも …

アーカイブ