国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017

投稿日:2017年12月12日

【 宮崎茶房在来2017 :この紅茶について】

宮崎茶房在来2017 は、シングルオリジンのときに買いました。
宮崎茶房さんで在来の紅茶は初めて飲みます。
どんな仕上がりなのか楽しみです。

【茶葉】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017 -1
茶葉は全体的に軽いです。
他の宮崎茶房さんの紅茶のような重厚感も厚みも感じません。
空気をより上げたような感じがします。
計量しててもどのくらいが5gなのかわからないくらい。
淡い撚られ方かからどんな紅茶になるのか正直わかりません。

【水色・味・香り】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017 -2

3分淹れました。
水色は、赤みがかった黄色です。
香りは、生木の皮のような香りがします。
味は、少しだけコクがります。ただ、まだ薄いです。

味の系統は、このままで行くと滋納系になります。ただ、3分では薄いので味の系統はもっと長い時間漬けてからになります。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、少し薄い赤橙色です。
香りは、あまり変わらず生木の皮のような香りがします。
味は、渋みが全面に出てきました。

味の系統は、清廉系に寄ります。滋納系なると思ったのは最初だけでした。
キリッとした渋さは、紅茶というよりも緑茶に近いです。

【茶殻】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017 -3
茶殻は生葉のようです。
一つ一つ手摘みでとったような茶葉がそのまんま残ってます。
裁断した結果の割れたような茶葉が散見します。
裁断機でバスバス切ったあとではなく不揃いで、製茶中などで割れたのかなという感じがします。
ただやはり、全体的には茶葉はそのままの形にもどり、生き生きしたまま紅茶になったんだなって感じが受けます。

この紅茶は、2通りに楽しめます。
軽く淹れてふんわりとリラックスできます。
ガッツリ淹れて渋さでストレスからリセットできます。
共に、仕事などの緊張状態からの開放には適切かと思います。
ぜひともお役立てて下さい。

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

【奈良県】羽間農園:自然発酵紅茶2016-2

【奈良県】羽間農園:自然発酵紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良にて購入しました。 僕自身としては、初めての紅茶になります。 自然のままに、農薬や肥料を不使用で作られたお茶とのことです。 ナチュラル系の好きな方は …

no image

凍らせて発酵させるお茶

基本なところに立ち戻りますが、 紅茶のような発酵したお茶の作り方って御存知ですか? 普通にお茶を飲んでる時は意識しませんが知識として、 茶摘み↓萎凋(しおらせる)↓揉捻(揉み上げる)↓発酵(酸化させる …

no image

【静岡】益井園:益井紅茶みらいせかんど

この紅茶について 毎年、吉田山大茶会に来られていて、 ほぼ全種類試飲できるという太っ腹ぶりをひろされている益井園さんです。 前々回・前回・今回そして、岡山と含めて4回お会いしているのですが、 まともに …

no image

【静岡】牛小舎農園:とぷとぷ紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット関係でWEB上でご紹介受けました『かなざわゆう』さんの『お茶うけ屋』さんにて購入しました。ここでは他にも数軒買わせていただいた上に、ご紹介も頂きまして、 …

no image

【高知】秀平農園:四万十紅茶

【茶葉】 形状を見ると、紅茶というよりも、煎茶です。しかも、しっかり丁寧に作られた煎茶と同じような形になってます。選別も思いのほかきっちりしているみたいで、多くは葉です。茶葉もカサの割にちゃんと重さも …

アーカイブ