国産紅茶レビュー 宮崎県

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017

投稿日:2017年12月12日

【 宮崎茶房在来2017 :この紅茶について】

宮崎茶房在来2017 は、シングルオリジンのときに買いました。
宮崎茶房さんで在来の紅茶は初めて飲みます。
どんな仕上がりなのか楽しみです。

【茶葉】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017 -1
茶葉は全体的に軽いです。
他の宮崎茶房さんの紅茶のような重厚感も厚みも感じません。
空気をより上げたような感じがします。
計量しててもどのくらいが5gなのかわからないくらい。
淡い撚られ方かからどんな紅茶になるのか正直わかりません。

【水色・味・香り】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017 -2

3分淹れました。
水色は、赤みがかった黄色です。
香りは、生木の皮のような香りがします。
味は、少しだけコクがります。ただ、まだ薄いです。

味の系統は、このままで行くと滋納系になります。ただ、3分では薄いので味の系統はもっと長い時間漬けてからになります。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、少し薄い赤橙色です。
香りは、あまり変わらず生木の皮のような香りがします。
味は、渋みが全面に出てきました。

味の系統は、清廉系に寄ります。滋納系なると思ったのは最初だけでした。
キリッとした渋さは、紅茶というよりも緑茶に近いです。

【茶殻】

【宮崎県】宮崎茶房: 宮崎茶房在来2017 -3
茶殻は生葉のようです。
一つ一つ手摘みでとったような茶葉がそのまんま残ってます。
裁断した結果の割れたような茶葉が散見します。
裁断機でバスバス切ったあとではなく不揃いで、製茶中などで割れたのかなという感じがします。
ただやはり、全体的には茶葉はそのままの形にもどり、生き生きしたまま紅茶になったんだなって感じが受けます。

この紅茶は、2通りに楽しめます。
軽く淹れてふんわりとリラックスできます。
ガッツリ淹れて渋さでストレスからリセットできます。
共に、仕事などの緊張状態からの開放には適切かと思います。
ぜひともお役立てて下さい。

-国産紅茶レビュー, 宮崎県

執筆者:

関連記事

no image

【奈良】葉香製茶:100年在来

【この紅茶について】 この紅茶は、奈良・月ヶ瀬で茶農家をしておられる葉香製茶さんの紅茶で作られたのは、自身の家が100年以上栽培している在来品種で作った紅茶です。 【茶葉】 まあ、直接の知り合いなので …

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd-2

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買いました。 熊本のお茶のカジハラさんは、「告茶」という名前で商品化しております。 紅茶よりも釜炒り茶の方が印象に残る方で、この方の釜炒り茶のファ …

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016-2

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき和紅茶八番2016

【この紅茶について】 静岡県の農家さんの紅茶です。 品種は紅茶品種のべにふうきで、静岡県の「ふじのくに山のお茶100選」認定紅茶です。 静岡県はお茶生産日本一ですが、今や紅茶も日本で一二を争う生産量と …

no image

【静岡】豊好園:さえみどり

【この紅茶について】 豊好園さんの15品種ある紅茶中の一つです。 さえみどりは、緑茶でつかわれる品種でちょくちょく目にします。 【茶葉】 茶葉の形状は豊好園さんらしく、大ぶりの撚りのしっかりした茶葉で …

no image

【静岡】井村製茶:べにふうき紅茶プレミアム

【この紅茶について】 静岡の井村製茶さんの紅茶です。 前に『桃の香りのするべにふうき』として紹介させてもらいましたが、 今回はその中でも新芽に近いものを選別して製茶したものです。 井村さんいわく『選り …

アーカイブ