国産紅茶レビュー 熊本県

【熊本県】お茶のかじはら:告和紅茶秋摘みべにふうき和紅茶オータムナル2016

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買いました。
名称に「告和紅茶秋摘みべにふうき和紅茶オータムナル」ってかきましたが、パッケージに買いてあった物をそのまま記載しただけですので、もしどこかでご覧になられてましたら、正式名称教えてください。

告茶はファーストコンタクトは、十三のお茶屋さんでした。
詳しくは、過去記事の『こちら』をご覧いただきたいのですけれど、昨年は吉田山大茶会にも参加されていらっしゃって、ある程度ご挨拶をしていました。
ただ、接点が薄いので、そこまで知己があるわけではありません。

興味もたれましたら、ぜひとも十三「茶淹」までお問い合わせ下さい。

【茶葉】

【熊本県】お茶のかじはら:告和紅茶秋摘みべにふうき和紅茶オータムナル2016-1
過去記事を見返していたら「茎が多くて」と書いていました。
先月書いた記事でもそうですが、茎のよりわけがきっちりしてます。
丁寧に選別しているだなと思うわけです。
もともと良いお茶を作る農家さんなだけに、ちゃんとした茶葉にしてくださると、期待値も急上昇します。
どのような紅茶なのか楽しみです。

【水色・味・香り】

【熊本県】お茶のかじはら:告和紅茶秋摘みべにふうき和紅茶オータムナル2016-2

3分淹れました。
水色は、明るめの橙色です。
香りは、微かに樹皮のような香りがしますが、ほぼしません。
味は、ほんのり米っぽい風味がしますがほぼ白湯です。
3分は短すぎました。
もっと長く淹れるのに向いてます。

味の系統は、この段階ではまだわかりません。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、濃い赤色になりました。
香りは、青々とした草のような香りです。
味は、最初に一瞬酸味が走りますが、渋みがガツンと広がります。

味の系統は、望蘭系です。

想定以上に「紅茶」です。
和紅茶という先入観なしで長めに淹れて下さい。
しっかりとしたコシの強い紅茶を楽しむことができます。

【茶殻】

【熊本県】お茶のかじはら:告和紅茶秋摘みべにふうき和紅茶オータムナル2016-3
茶殻は、一つ一つの茶葉がキレイに開いています。
残り香がほとんどなく、紅茶として出し切った感があります。
ただ、もしかするとまだ煎を重ねられるかもしれません。
メインの釜炒り茶が、順当に淹れれば4煎を越えてもまだ楽しめるからです。
紅茶は一発勝負なのですが、そうは行かない紅茶がどんどん出てきているようで面白いです。

-国産紅茶レビュー, 熊本県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】森内茶農園:日本の紅茶2nd(2012)

【この紅茶について】 森内茶農園さんは、発酵茶だけにとどまらず、いろんなバージョンの発酵具合を試しているそうで、毎年専門家を招いて研究されています。よくブログとかTwitterとか茶学の会の小泊先生の …

no image

【高知】広井茶生産組合:しまんとRED

【日本で最も成功している紅茶かもしれない】 高知県は、日本の紅茶の歴史を語る上で大事なところで、試験的に中国から茶師を雇い、大分県と熊本県で製造に乗り出しますが散々たる結果に終わります。それから後に国 …

【静岡県】 益井園 : みらいふぁすと2018-2

【静岡県】 益井園 : みらいふぁすと2018

【 みらいふぁすと2018 :この紅茶について】 この紅茶は、静岡県の益井園さんの紅茶です。 もう何度となく試飲記事をかいていますので、もはやお馴染みかと思います。 日本を代表する清廉系の国産紅茶です …

【石川県】小林屋茶舗:加賀の紅茶輝2018-2

【石川県】茶レンジの会: 加賀の紅茶『輝』2018

【 加賀の紅茶『輝』2018 この紅茶について】 この紅茶は、石川県加賀市の打越製茶農業協同組合の有志の方々と石川県茶商工業協同組合で作られている加賀地方の紅茶です。 毎年、打越の製茶場で製茶されてい …

【大分県】きつき紅茶:国産きつき紅茶べにふうき2017-2

【大分県】きつき紅茶: 国産きつき紅茶べにふうき2017

【 国産きつき紅茶べにふうき2017 :この紅茶について】 国産きつき紅茶べにふうき2017 は、大分県の杵築市で作られているきつき紅茶さんの紅茶です。 知る人ぞ知る紅茶の名手です。 前まではティーハ …

アーカイブ