国産紅茶レビュー 熊本県

【熊本県】お茶のかじはら:告和紅茶秋摘みべにふうき和紅茶オータムナル2016

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買いました。
名称に「告和紅茶秋摘みべにふうき和紅茶オータムナル」ってかきましたが、パッケージに買いてあった物をそのまま記載しただけですので、もしどこかでご覧になられてましたら、正式名称教えてください。

告茶はファーストコンタクトは、十三のお茶屋さんでした。
詳しくは、過去記事の『こちら』をご覧いただきたいのですけれど、昨年は吉田山大茶会にも参加されていらっしゃって、ある程度ご挨拶をしていました。
ただ、接点が薄いので、そこまで知己があるわけではありません。

興味もたれましたら、ぜひとも十三「茶淹」までお問い合わせ下さい。

【茶葉】

【熊本県】お茶のかじはら:告和紅茶秋摘みべにふうき和紅茶オータムナル2016-1
過去記事を見返していたら「茎が多くて」と書いていました。
先月書いた記事でもそうですが、茎のよりわけがきっちりしてます。
丁寧に選別しているだなと思うわけです。
もともと良いお茶を作る農家さんなだけに、ちゃんとした茶葉にしてくださると、期待値も急上昇します。
どのような紅茶なのか楽しみです。

【水色・味・香り】

【熊本県】お茶のかじはら:告和紅茶秋摘みべにふうき和紅茶オータムナル2016-2

3分淹れました。
水色は、明るめの橙色です。
香りは、微かに樹皮のような香りがしますが、ほぼしません。
味は、ほんのり米っぽい風味がしますがほぼ白湯です。
3分は短すぎました。
もっと長く淹れるのに向いてます。

味の系統は、この段階ではまだわかりません。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、濃い赤色になりました。
香りは、青々とした草のような香りです。
味は、最初に一瞬酸味が走りますが、渋みがガツンと広がります。

味の系統は、望蘭系です。

想定以上に「紅茶」です。
和紅茶という先入観なしで長めに淹れて下さい。
しっかりとしたコシの強い紅茶を楽しむことができます。

【茶殻】

【熊本県】お茶のかじはら:告和紅茶秋摘みべにふうき和紅茶オータムナル2016-3
茶殻は、一つ一つの茶葉がキレイに開いています。
残り香がほとんどなく、紅茶として出し切った感があります。
ただ、もしかするとまだ煎を重ねられるかもしれません。
メインの釜炒り茶が、順当に淹れれば4煎を越えてもまだ楽しめるからです。
紅茶は一発勝負なのですが、そうは行かない紅茶がどんどん出てきているようで面白いです。

-国産紅茶レビュー, 熊本県

執筆者:

関連記事

【京都府】和束紅茶:京のおもてなし和束紅茶ふきみ2016-2

【京都府】和束紅茶:京のおもてなし和束紅茶ふきみ2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良か茶源郷祭りで買いました。 どっちか忘れました。 多分、茶源郷祭りじゃなかったかなぁって思います。 茶源郷祭りに行った時に、まっさきにこの和束紅茶さ …

no image

【滋賀】丸安茶業:土山紅茶

【茶葉】 茶葉は荒茶っぽさがそのままです。色目は悪くないのですがね。もう少し、手を加えて欲しかったかなと。 【水色】 注いだとき、買ったすぐに飲んだときになかったような華やかな香り。ただ、香りは強いわ …

no image

【福岡】栗原製茶:紅・八女津媛

【この紅茶について】 この紅茶は去年の地紅茶サミットに参加されていた茶農家さんの商品です。もちろん、現地会場で買いました。栗原さんは、紅茶の人というか、煎茶の人というイメージの方が強いです。話をしてい …

【奈良県】健一自然農園:大和和紅茶2016-2

【奈良県】健一自然農園:大和和紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で買いました。 改めて、奈良県での国産紅茶の生産の裾野が広がってることを実感しました。 奈良県のお茶は宇治茶の一部として使われる事が多く、いままで一般 …

no image

大分:山片茶園2012奥武蔵FF

前々回の山片茶園さんのお茶の記事に『ここの茶葉は、FFもSFも含めて青っぽいのが多いのですが、』と書きました。 今回はそのFF(一番茶)ですので、 こんな感じに青いです。インドのカングラみたいといえば …

アーカイブ