国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】竹内園:紀文紅茶(きーもんてぃー)

投稿日:2013年10月16日

【この紅茶について】

この紅茶はとぷとぷ紅茶と同じく、『おちゃうけ屋』さんで買いました。
ネットショップ以外では、いつもお世話になっております十三の茶淹さんでも取り扱っています。
名前の『紀文紅茶(きーもんてぃー)』ですが、これはこれを作った本人『紀文』に由来します。
紅茶としてはなかなか良く、これからの発展を期待できる紅茶でもあります。

この方といい、山片茶園の彼といい、若い子で紅茶を作っている人たちは、
謙遜なのかなんなのか、自己評価が低い。
もっと自信をもってくれればいいのになぁって・・・
(まあ、結果もっといいものになってくれるなら、それも良いかなって思ってます)

【茶葉】

国産紅茶20131016きーむんてぃー1

茶葉は一見緑茶よりではありますが、
綺麗に繊維・茎除去もされて、綺麗です。
これが、緑茶の合間に息子さんが作ってる紅茶だとは思えない。
(二次情報)

【水色】

国産紅茶20131016きーむんてぃー2

水色は濃い目の赤です。
香りは、最初は穀物っぽいのですが、中に甘い香りがします。
味は、ライトなのですが、ほんのり渋く、鼻から抜ける香りに、若い花の香りがします。
変に口に残ったり、イガイガしないので、良い紅茶です。
まあ、3分は短すぎたかな・・・

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は50%増しぐらいです。
顔rは、ずっと香ばしくずっと甘くなりました。
(これで、緑茶品種と紅茶品種のブレンドだというからびっくりΣ(゚∀゚ノ)ノ)
味も渋みが強めに来ますが、鼻から抜ける香りがどっしり甘いです。
改めて淹れると、印象かわるな・・・ってかんじです。
ここの今年実験で作ったべにふうきの紅茶を某所で飲ませてもらたのですが
ほぼ完成した紅茶で、そのまま売っちゃえ!!って断言したほどです。
若手の有望株の一角だな、という気もします。

【茶殻】

国産紅茶20131016きーむんてぃー3

茶殻は『開いた系』です。
ただ、全体的に小さい茶葉に見えます。
『開いたけど縮んだ?』ってイメージも出てきますが、
同時に『えらくコンパクトに収まったな』って感じもします。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【中国】九曲紅梅②

【中国】九曲紅梅

【この紅茶について】 この紅茶は、お茶仲間である中国茶の専門家A氏から頂いた紅茶です。 A氏の中国茶専門サイトは→こちら この紅茶は「九曲紅梅」といいます。 中国の浙江省杭州市で作られています。 原産 …

no image

【大分】山片茶園:かなやみどり

【この紅茶について】 この記事でも何回も出ております『山片茶園』の紅茶です。日本には400軒紅茶を作っており、商品数も1000点以上と言われていますが、ここの紅茶と比できる紅茶は数少ないです。僕自身、 …

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016-2

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 富山県朝日町産の茶葉で、元々は「バタバタ茶」という茶筅で泡立てて飲む後発酵茶を作っているそうです。 その茶葉を、紅茶にすることで、 …

no image

静岡:タネカ太田園:太田さんちの紅茶

□熟成という不思議 基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになります。それが熟成と …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶そうふう

【この紅茶について】 この紅茶は、先日の茶源郷まつりに委託で出した茶葉で、和束の喜寿園さんが作られている紅茶です。品種は『そうふう』で、手に入れるには、喜寿園さん直接かいつもお馴染み十三茶淹さんでお買 …

アーカイブ