京紅活動

尾張旭市で紅茶コンテストに行ってきました。

投稿日:

紅茶フェスティバルの国産紅茶グランプリ一般審査員として行ってきました

紅茶フェスティバル国産紅茶グランプリ②
本日(10/1)に紅茶フェスティバルのイベントの一つから独立した『国産紅茶グランプリ』に一般審査員として参加してきました。

京都(住んでいる所)から片道3時間40分。
在来線を乗り継いで行ったのは、いつぞやの世界お茶まつり以来です。

今年から紅茶フェスティバルと日程をずらして、発表も当日行うということで行ってまいりまいりました。
出品されている紅茶は、前段階で一度審査をされて残った紅茶2部門・10品・計20品になります。

どの紅茶も甲乙つけがたく、一定の基準を決めて、それを超えるか超えないかという判断で採点をしておりました。
他の人はそういうことではないとおもいますが、非常に良い物揃いでした。

結果は以下のとおりです。

2017年紅茶フェスティバル国産紅茶グランプリ結果

チャレンジ部門
大賞
金川(かにがわ)製茶さん

準グランプリ
ハサマ共同製茶組合さん
ごとう製茶さん

審査員特別賞
やんばる紅茶さん

金賞(3名)
中村農園さん
岩永製茶園さん
伊達製茶さん

銀賞(3名)
鈴木製茶さん
お茶の坂口園さん
庵・花茶ティーファクトリーさん

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

市販茶部門
大賞
甲斐製茶園さん

準グランプリ
ごとう製茶さん
牧之原山本園さん

審査員特別賞
カネトウ三浦園さん

金賞(3名)
心向樹さん
ハサマ共同製茶組合さん
井村製茶さん

銀賞(3名)
富士山まる茂茶園さん
益井園さん
やんばる紅茶さん

国産紅茶の行く末は・・・

紅茶フェスティバル国産紅茶グランプリ③
国産紅茶はその知名度の広がりから、いろいろな農家さんが生産に着手し出しています。
あわせて、大手飲料メーカーや紅茶専門店も手をつけ始めてきました。

生産量から言えば、正直全盛期の頃と比べるとまだまだ足りない国産紅茶ですが、ここの品質に関しては世界の有名紅茶に負けない紅茶がたくさん出てきております。
有名紅茶にも負けない品質とは『高級紅茶』に分類しておかしくないものです。

現在、マーケットは日本国内だけとなってます。
原因は、生産量が少ないため、生産者の目の届く範囲のマーケティングで売り切れてしまうということにあります。
国際価格と比較すると高いという実情もありますが、まだマーケットの供給側としての力が弱いこともあり、なかなか爆発的な広がりを見せることはありません。

これからさらなる広がりを見せるためには、圧倒的な生産量を示す必要があると思います。
ですがそれは、品質が伴った生産量である必要があります。
国産紅茶はこれからもまだまだ新しい展開を期待したいと思います。

-京紅活動

執筆者:

関連記事

目ジェド

メジェド様のお姿のティーコージーを作ってみた

あるエジプトの神をティーコージーにしたくて・・・ エジプト神話に出てくる『メジェド』という神だろう存在をご存知でしょうか。 メジェド:死者の書の第17章では、他のよくわからない神々とともにメジェド(「 …

能登の紅茶やぶきた

能登の紅茶の茶園と加賀の紅茶の工場の見学報告

能登島にある能登の紅茶 今回ご案内いただけたのは、いつもお馴染みの金沢幸町の小林茶舗の小林さんと上林金沢茶舗の織田さん。 織田さんは加賀の紅茶生産グループ茶レンジの会の方で、金沢の茶販売組合の事務長を …

20170718のアイキャッチ

祇園祭の後はお茶を飲もう

純粋にお茶の人達でない人達との「お茶会」 先の3連休の末日に、久々の「お茶会」をしてきました。 ツイッターとかフォローされている方はご存知かと思います。 祇園祭先の祭り山鉾巡行の後から、錦市場の近所で …

ポッカサッポロ『知覧にっぽん紅茶』を飲んでみた

ポッカサッポロが烏龍茶に続き、紅茶を投入する ポッカサッポロといえば「にっぽん烏龍」という国産の烏龍茶を販売しております。 こちらは、屋久島の茶葉2割と静岡の茶葉8割をブレンドしたものです。 屋久島と …

注目すべきは「にっぽん烏龍」だった

大手メーカーが売り出すもう一つの「国産烏龍茶」 先日、コカ・コーラが売り出した「つむぎ」を紹介しました。 感想的には「ほうじ茶」って感じで、烏龍茶とは思いませんでした。 (どっちかと言えば、滋納系の国 …

アーカイブ