国産紅茶レビュー 熊本県

【熊本県】お茶のカジハラ: 告茶春摘みべにふうき和紅茶2017

投稿日:2017年9月14日

【 告茶春摘みべにふうき和紅茶2017 :この紅茶について】

告茶春摘みべにふうき和紅茶2017 は、何度となく登場してます熊本県のお茶のカジハラさんの『告茶』シリーズです。
熊本といえば、今年地紅茶サミットが開催されます。
お茶のカジハラの梶原さんと言えば、この地紅茶サミット2017水俣の副実行委員長でもあります。
水俣の紅茶づくりの中心人物の一人です。

【茶葉】

【熊本県】お茶のカジハラ: 告茶春摘みべにふうき和紅茶2017 -1
茶葉は、大ぶりで一つ一つががっしりしていて、太く撚られてます。
梶原さんのお茶は紅茶だけにとどまらず、緑茶(釜炒り茶)でもこのような撚りなんですよね。
茶葉で存在感を示すそんな紅茶です。

【水色・味・香り】

【熊本県】お茶のカジハラ: 告茶春摘みべにふうき和紅茶2017 -2

3分淹れました。
水色は、薄オレンジ色です。
香りは、軽く柑橘系のような酸っぱい香りとほんのりカラメルのような香ばしい甘さがします。
味は、ほぼ白湯です。
香りだけ拾ったなって感じです。
やはり、茶葉の見た目通り、5分以上が良いでしょう。

味の系統は、まだ判別付けられません。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、赤い朱色です。
香りは、炊きたてのもち米のような甘い香りがします。
味は、軽く渋めの風味がした後、鼻からコーヒーのような香りが抜けていきます。

味の系統は軽めの望蘭系です。
ライトなコーヒーと言う感じがします。
見た目は紅茶なんですけどね。

【茶殻】

【熊本県】お茶のカジハラ: 告茶春摘みべにふうき和紅茶2017 -3
茶殻は大ぶりの茶葉が大きく覆うように開いた形に成りました。
最初の茶葉から充分予想にできますが、改めて見るとその大きさに驚きます。
後心残りが、バニラのような残り香があったことです。
これも紅茶に入れれたらと思うと、自分の未熟さを感じずにいられません。

次はもっとうまく淹れようと思います。

-国産紅茶レビュー, 熊本県

執筆者:

関連記事

no image

【大分】蛍茶園:紅蛍

【出会いはツイッター】 蛍茶園のご主人、井上さんとの接点は、Twitterでこれを注文させてもらった時も、Twitterでなんとなくわかっていながらもサイト経由でしれっと注文しました。この時点では本当 …

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016-2

【奈良県】あおはに自然学校:和紅茶2016

【この紅茶について】 地紅茶サミット奈良で購入しました。 社会福祉法人青葉仁会ということろが生産販売団体です。 紅茶づくりが、社会との接点になるという事例になるのかもしれません。 詳しくは、問い合わせ …

国産紅茶20130924 さくら紅茶2013 -2

【熊本】桜野園: さくら紅茶2013

今回は、熊本の桜野園さんの さくら紅茶2013 をご紹介します。 【茶葉】 茶葉は短めですが、綺麗に寄られてます。 姿かたちも綺麗な茶葉です。 細かめなので微細な重さも測りやすいです。 改めて見てみる …

no image

高知:香ル茶園:香ル茶

始まりは新聞記事 今日、読売新聞全国版で、 『国産紅茶 じわり浸透、緑茶産地で生産増』(※リンクあり) という記事が紹介されていました。 前から書いている通り、国産紅茶にチャレンジする茶園さんは増えて …

みおぷれみあむ2018パッケージ

【静岡県】益井園: みおぷれみあむ2018

【 みおぷれみあむ2018 この紅茶について】 今回は静岡県の益井園さんの みおぷれみあむ2018 を紹介します。 みおぷれみあむは、その年の「みお」の中で香り高く仕上がったものに名付けるそうです。 …

アーカイブ