京紅活動

茶源郷まつり2017 に行ってきました。

投稿日:2017年11月6日

 茶源郷祭り2017 -4

メジェドは人気でした。

茶源郷祭り2017-3
紅茶の試飲していただきながらも、多くの人の視線の先にはメジェドがいました。

・気づいている人
・「可愛い」という人
・なんだか思い出せない人

それぞれでしたが、間違いなく大人から子供までメジェドが人気でした。
数人写真を撮られている方もいらっしゃったので、どこかに上がってるかもしれません。

茶源郷まつり2017 に参加して

 茶源郷祭り2017 -5
出店参加としては2013年以来になります。
前回は6産地の国産紅茶を持ってきまして、試飲を行ってきましたが、共同出店の「いずみや茶舗」さんが、茨城県を中心として関東のお茶を持ってきてましたので、和束の隣の宇治田原の紅茶をもっていくことにしました。

2013年の時もこの宇治田原の農家さんの紅茶を持っていていたのですが、その時は香り華やかな清廉系の紅茶でした。
それが4年経ちまして、天の紅茶や桜野園の紅茶の様に、香り重厚な望蘭系の紅茶になってました。
濃く淹れるとコーヒーと戦えます。
何故変わったのかわかりませんが、お茶の詳しい方には好評でした。
完売したわけではありませんので、試飲レビューを書きましたら、通販をしたいと思います。
その時までお待ち下さい。

茶源郷まつり全体として、お茶のイベントというよりも『お茶の郷のお茶を使った地域の祭り』という状態になってました。
非常に食べ物が豊富で、ここでしか食う機会がないだろうものもありました。
大変賑やかなお祭りでしたので、お祭りを楽しみたい方にはおすすめいたします。
お茶は主に和束の農家さんのものが中心で、他の産地のお茶を扱う所が散見される程度です。
だんだん、お茶屋さん比率が減ってきている気もします。

来年はどうなるんでしょうか。

メジェド祭でした

 茶源郷祭り2017 -2
ツイッターでも上げてましたとおり、今回の茶源郷まつりはメジェドを中心にお送りしておりました。
エコ茶会でもそうですが、メジェドティーコージーは知ってる人には目を引きました。
今はこの1体ですが、増産できればもっと並べたいです。
ただ、そもそもティーコージーとして作ったのですが、その『サイズ元のせいで』基本的に役立たずなのです。
最近100均のポットにつかえることがわかりました。
とりあえず、使い先がわかりましたが、その100均のポットにはすでにティーコージがあります。

しばらく、何もしないマスコット継続であることには変わりないようです。

-京紅活動

執筆者:

関連記事

no image

国産紅茶に熟成と言う考え方

「紅茶は新しい方がいい」元々そう考えていた 紅茶は農作物なので「新鮮な方がいい」という風に元々考えてました。 やはり、作り立ての方がおいしいと思うし、さらに今のシーズンの「一番茶」というのは、なかなか …

目ジェド

エジプト神話の メジェドのティーコージー を作ってみた

あるエジプトの神をティーコージーにしたくて・・・ エジプト神話に出てくる『メジェド』という神だろう存在をご存知でしょうか。 メジェド:死者の書の第17章では、他のよくわからない神々とともにメジェド(「 …

no image

国産紅茶に関する雑談をサイトに書きます

今まで『お茶の記事』ということで、こちらに書いてきましたが、国産紅茶に関する事だけサイトの方に書きます。ただ、国産紅茶レビューは今までどおりで、国産紅茶以外の雑談(緑茶、海外の紅茶、中国茶等々)はこち …

no image

公式サイトとフェイスブックページ開通のお知らせ

多分、パソコンや画面の大きなタブレットで見ていらっしゃる方は気づいていると思いますが、今、上部ヘッダー部分にメニューバーを表示してあります。その中の右端『Facebookページ』と『京都紅茶道部本館』 …

no image

京都唯一の村の紅茶で作る、日本唯一の生姜ミルクティーが飲める店

日本で唯一、南山城村の紅茶を使った生姜ミルクティー 昨年から試験的に準備・テストを繰り返してきました 『南山城村・京都生姜ミルクティー』 ですが、4月2日より、約1ヶ月間主張出店が決定しました。 予定 …

アーカイブ