国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で買いました。
って書くと「え~、まだあるやん」って言われますが、これは当時店頭に並んでなかったものを売ってもらいました。
故に、「地紅茶サミット奈良で買ったものではない」のです。

名前の通り、釜炒り茶をメインで作っている農家さんです。
こだわりの若手茶農家としても知られています。
釜炒り茶がメインなので、作る傾向も緑茶とか烏龍茶とかになります。
なので、このような「紅茶に寄ってくれたお茶」はあんまし作ってくれません。

もうちょっと作って。
せめて吉田山に持ってきてくれるくらい。(俺だけ用でもいいから、ゼロ試飲で買うし)

【茶葉】

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016-1
茶葉は、一つ一つが独立した茶葉です。
一枚だけつまんで、お湯にいれて飲んでもいいくらいの茶葉です。
それを5g計量すると、こんなにもうず高く積み上がります。
一つ一つがビシッと立ち上がって、その強さを感じます。
手摘みですので、茶葉はそのまま、心芽も混ざってます。
茶葉から凄いです。

【水色・味・香り】

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016-2

3分淹れました。
水色は、黄色です。過去最高に黄色です。
香りは、はちみつの香りがします。蜜香たる所以です。
味は、ほんのり甘く、ふんわりしてます。やさしいお茶です。

味の系統は、清廉系です。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、鮮やかな朱色です。
香りは、完熟したりんごや完熟した梅の香りがします。
味は、軽く渋めで口当たりがライトです。
温度が落ち着くと、軽い酸味が顔をだしてきて、他の味が一気に引き立ってきます。

もう、紅茶として出すにしても、気軽に出す香りじゃありません。
完全にとっておきのお茶として出すのがふさわしい紅茶です。

【茶殻】

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016-3
茶殻は、茶葉そのものです。
茶殻と言わなければ、わかりません。
そして、残り香が驚きなのです。
残り香が干しいちじくなのです。
とても甘い。
この写真のあと、思わず2煎目を準備しました。

柴本さん、とんでもないものをよこしてきよったで・・・・:(;゙゚’ω゚’):

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【静岡】豊好園:さえみどり

【この紅茶について】 豊好園さんの15品種ある紅茶中の一つです。 さえみどりは、緑茶でつかわれる品種でちょくちょく目にします。 【茶葉】 茶葉の形状は豊好園さんらしく、大ぶりの撚りのしっかりした茶葉で …

no image

大分:山片茶園:田舎のお茶やの紅茶です(レギュラー)

□一期一会の普及品 本人にも確認してますが、『レギュラー商品は単品で売るには忍びなく、ブレンドすると本気を出すロットを集めている』というものです。つまり、今から書くレビューがこうだという感想を書いても …

no image

奈良:葉香製茶2012紅月

今日の国産紅茶は、奈良の茶園さんの『葉香製茶』さんのです。この当代社長は、Twitterで知り合った友達で、何回もお邪魔させていただいてもらってます。今は一貫して『無農薬・有機栽培』でお茶を作っており …

no image

【京都】喜寿園:京都宇治和束茶和束紅茶そうふう

【この紅茶について】 この紅茶は、先日の茶源郷まつりに委託で出した茶葉で、和束の喜寿園さんが作られている紅茶です。品種は『そうふう』で、手に入れるには、喜寿園さん直接かいつもお馴染み十三茶淹さんでお買 …

no image

【奈良】葉香製茶:おくみどり

【この紅茶について】 毎度お世話になっております奈良の葉香製茶さんの紅茶です。おくみどりは実験を兼ねてもらったものなんですよね。そのまま製品でもありますので、紹介させてもらいます。 【茶葉】 茶葉は、 …

アーカイブ