国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良2016で買いました。
って書くと「え~、まだあるやん」って言われますが、これは当時店頭に並んでなかったものを売ってもらいました。
故に、「地紅茶サミット奈良で買ったものではない」のです。

名前の通り、釜炒り茶をメインで作っている農家さんです。
こだわりの若手茶農家としても知られています。
釜炒り茶がメインなので、作る傾向も緑茶とか烏龍茶とかになります。
なので、このような「紅茶に寄ってくれたお茶」はあんまし作ってくれません。

もうちょっと作って。
せめて吉田山に持ってきてくれるくらい。(俺だけ用でもいいから、ゼロ試飲で買うし)

【茶葉】

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016-1
茶葉は、一つ一つが独立した茶葉です。
一枚だけつまんで、お湯にいれて飲んでもいいくらいの茶葉です。
それを5g計量すると、こんなにもうず高く積み上がります。
一つ一つがビシッと立ち上がって、その強さを感じます。
手摘みですので、茶葉はそのまま、心芽も混ざってます。
茶葉から凄いです。

【水色・味・香り】

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016-2

3分淹れました。
水色は、黄色です。過去最高に黄色です。
香りは、はちみつの香りがします。蜜香たる所以です。
味は、ほんのり甘く、ふんわりしてます。やさしいお茶です。

味の系統は、清廉系です。

しばらく淹れると、このようになりました。
水色は、鮮やかな朱色です。
香りは、完熟したりんごや完熟した梅の香りがします。
味は、軽く渋めで口当たりがライトです。
温度が落ち着くと、軽い酸味が顔をだしてきて、他の味が一気に引き立ってきます。

もう、紅茶として出すにしても、気軽に出す香りじゃありません。
完全にとっておきのお茶として出すのがふさわしい紅茶です。

【茶殻】

【静岡県】釜炒り茶 柴本:蜜香茶2016-3
茶殻は、茶葉そのものです。
茶殻と言わなければ、わかりません。
そして、残り香が驚きなのです。
残り香が干しいちじくなのです。
とても甘い。
この写真のあと、思わず2煎目を準備しました。

柴本さん、とんでもないものをよこしてきよったで・・・・:(;゙゚’ω゚’):

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(べにふうき+印雑)2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶2016(べにふうき+印雑)

【この紅茶について】 この紅茶は、木下園さんから送られた紅茶第3弾です。 べにふうきと印雑(インドで取ってきた品種の雑種なんだけど選抜された品種)のブレンドです。 紅茶を作る時に、印雑を使う例はよく見 …

静岡牧之原山本園:べにふうき春摘み和紅茶七番R2016-2

【静岡県】牧之原山本園:べにふうき春摘み和紅茶七番R2016

【この紅茶について】 静岡県の牧之原市産の紅茶です。 静岡県が定める「ふじのくに山のお茶100選」に選ばれている紅茶とのことです。 静岡県は年々良い紅茶を見かける様になりました。 農家さんの努力が窺い …

【茨城県】吉田茶園:IZUMI BLACK -TEA 2nd Flush 2016-2

【茨城県】吉田茶園:IZUMI BLACK -TEA 2nd Flush 2016

【この紅茶について】 この紅茶の試飲は2回目です。 前回は2013年に、知り合い(中国茶の専門家)に頂いたものでした。 今回は、地紅茶サミット奈良にて購入しました。 この4年間の間で、この『茨城のお茶 …

【静岡県】釜炒り茶柴本:手摘み紅茶べにひかり2018-2

【静岡県】釜炒り茶柴本:手摘み紅茶べにひかり2018

【この紅茶について】 この紅茶は、2018年吉田山大茶会にて購入しました。 紅茶だけにとどまらず、自然農法で作られた数々のお茶は全国広くファンを増やしています。 イベント参加も積極的で、いろんなお茶の …

【宮崎県】宮崎茶房:べにふうきMIMIZAKO2017-2

【宮崎県】宮崎茶房: べにふうきMIMIZAKO2017

【 べにふうきMIMIZAKO2017 :この紅茶について】 べにふうきMIMIZAKO2017 は、シングルオリジンのときに購入しました。 基本、出ているものをほとんど持っていたりしていたので、今回 …

アーカイブ