国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016

投稿日:2017年3月22日

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入したものです。
静岡は生産者がどんどん増えている地域です。
ある程度似ている形状のものもあれば、それとは違う物を目指す人もいます。
この方の紅茶は、どのようなお茶を目指しているのか楽しみです。

【茶葉】

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016-1
ダストかファニングスを思わせるような形状です。
ティースプーンですくい上げた時、CTCをイメージしているのかなと思いました。
ともあれ、大ぶりの紅茶に見られない粉っぽさは、これはこれで、紅茶らしい形状だなと思います。
さっと淹れて飲むタイプの紅茶ですかね?

【水色・味・香り】

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016-2
3分淹れました。
水色は、濃い赤です。
香りは、穀物っぽい香りがしますが、ほのかに若草のような風味がします。
味は、しっかり渋さがあり、スッキリしてます。
紅茶らしい紅茶です。

味の系統は、望蘭系になると思われます。
こういう紅茶は、ティーバッグ向きですね。
思った以上に早く出てます。
長く淹れると、結構渋くなるんじゃないかなぁなんて思ってます。

しばらく淹れるとこうのようになりました。
水色は、底が黒く見えるくらい濃い赤です。
香りは、焼き芋の皮のような風味がします。これは、ミルクティーに向く紅茶の特徴と似てます。
味は、酸味と渋味が濃く同居してます。
日本の紅茶と言わなければ、わからないと思います。
思った以上に、日本離れした紅茶です。

改めて、すごい紅茶だなって思います。

【茶殻】

【静岡県】善左衛門:和紅茶2016-3
カサが大きくなるわけでなく、茶葉一つ一つが膨らんだような感じです。
収まりが良いので片付けがし易いかなと。
淹れてみてもおもったのですが、ミルクティーにする気がないのならば、さっと熱湯で通して、数回に分けて淹れるという方法もあるでしょう。
飲み方はいろいろですが、それだけ濃い紅茶なんだってことはご理解いただければと思います。

正直、冷えると飲みにくいです。
ほんとに、ミルクティー向きです。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

≪国産紅茶レビュー100記事目≫【京都】南山城紅茶プロジェクト:やぶきた

【この紅茶について】 100記事目がこの紅茶になったのは偶然です。狙ってません。南山城紅茶は、僕が本格的に紅茶を集め出した時に一番最初に関わることのできた紅茶製造チームです。南山城村役場の方が関わって …

【奈良県】健一自然農園(販売:山添村かすががーでん):大和高原茶和紅茶(ティーバッグ)2016-2

【奈良県】健一自然農園(販売:山添村かすががーでん):大和高原茶和紅茶(ティーバッグ)2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 農家さんの名前は聞いたことがあるのですが、どこで買ったか記憶にありません。 過去に試飲したか調べてみましたが、いまいちヒットせず。 …

【大分県】きつき紅茶:べにひかりオータムナル2016-2

【大分県】きつき紅茶: きつき紅茶べにひかりオータムナル2016

【 きつき紅茶べにひかりオータムナル2016 :この紅茶について】 きつき紅茶べにひかりオータムナル2016 は、大分県杵築市で作られている紅茶です。 芦屋のティーハウスムジカでも取り扱っている紅茶で …

【宮崎県】宮崎茶房:べにふうきMIMIZAKO2017-2

【宮崎県】宮崎茶房: べにふうきMIMIZAKO2017

【 べにふうきMIMIZAKO2017 :この紅茶について】 べにふうきMIMIZAKO2017 は、シングルオリジンのときに購入しました。 基本、出ているものをほとんど持っていたりしていたので、今回 …

【静岡県】益井園:みらいふぁすとふらっしゅ2017-2

【静岡県】益井園: みらいふぁすとふらっしゅ2017

【 みらいふぁすとふらっしゅ2017 :この紅茶について】 みらいふぁすとふらっしゅ2017 は、静岡県川根本町の紅茶です。 毎年みていますので、おなじみの紅茶です。 昨日は、香駿という品種でしたが、 …

アーカイブ