国産紅茶レビュー 熊本県

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd

投稿日:2017年3月6日

【この紅茶について】

この紅茶は、地紅茶サミット奈良で買いました。
熊本のお茶のカジハラさんは、「告茶」という名前で商品化しております。
紅茶よりも釜炒り茶の方が印象に残る方で、この方の釜炒り茶のファンは全国に数多く居ます。
去年の吉田山大茶会に出店された際に、試飲のあまりを頂いたのですが、この釜炒り茶が香り高くとてもいいお茶でした。
ただ、量が少ないなというのが個人的な感想です。
ガシガシ飲んでいたいようなお茶を作る農家さんです。

【茶葉】

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd-1
茶葉は全体的に大ぶりの茶葉です。
一つ一つが鋭く撚られています。
計量はしにくいですが、淹れごたえのある茶葉です。
封を切ったときから、軽く香りだす所、釜炒りの農家さんだなぁって思います。

【水色・味・香り】

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd-2

3分淹れました。
水色は、クリアな薄茶色です。
香りは、穀物っぽい香りが覗いているのですが、軽く香ばしいです。
味は、ほぼ白湯なのですが、ふんわり軽く木の芽のような風味がします。
3分は薄すぎました。
温度が落ち着くと、ふんわりと花の蜜のような風味が広がります。

味の系統は、今の段階ではわかりません。

しばらく淹れると次のようになりました。
水色は、きれいな赤茶色になりました。
香りは、ポン菓子と木の葉の香りがお互いに混ざっている感じです。
味は、ぐっと渋くなり、軽く甘さが鼻を抜けていきます。

味の系統は、滋納系と清廉系の間ぐらいです。

紅茶というよりもいわゆる番茶よりなのですが、風味がところどころ和紅茶らしいと言うのが感想です。

【茶殻】

【熊本県】お茶のカジハラ:香駿和紅茶2016-2nd-3
茶殻は、茶葉の大きさ通りの茶葉が開いた感じの茶殻です。
ただ大きく開くわけでなく、細長い茶葉がふんわりと開いています。
ちょっとした海藻みたいな感じです。
残り香がまだある所、まだまだ淹れたり無いなぁって気がします。

-国産紅茶レビュー, 熊本県

執筆者:

関連記事

【鹿児島県】薩摩英国館:夢ふうき(ティーバッグ)2017-2

【鹿児島県】薩摩英国館:夢ふうき(ティーバッグ)2017

【この紅茶について】 この紅茶は、神戸ティーフェスティバルにて購入しました。 前に大阪の支店でも購入したことがあります。 今回はティーバッグですので多少の違いはあるかと思います。 どのような紅茶になる …

no image

【東京】お茶の木下園:東京紅茶

茶葉 この茶葉は元々ティーバッグのものを展開して使っています。撚りがきれいに入ってます。選別も丁寧です。正直、これをティーバッグにするのがもったいない気もします。 水色 ふと、ジャスミンのような香りが …

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016-2

【石川県】茶レンジの会:加賀の紅茶『輝』2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 実のところ、毎年金沢に行くので、もっと早く購入する事もできたのですが、諸事情で地紅茶サミットまでのびてしまいました。 この紅茶は、 …

国産紅茶20140718豊好園静7132-2

【静岡】豊好園:静7132

この紅茶について このお茶の品種は、お茶に関わっている人にはこの静7132が馴染みがあるのですが、商品名と特徴として、一般消費者の人たちには『まちこ』と『桜の香りのする緑茶』で知られている品種です。 …

no image

【静岡】益井園:みらいふぁすとふらしゅ

【今日は紅茶の日】 今日は大黒屋光太夫が、ロシアの皇帝エカチェリーナ2世に招かれ、欧式茶会に参加した公式記録が残る日です。 Twitterとか見ていると、『日本人が初めて紅茶を飲んだ日』という昔の知識 …

アーカイブ