国産紅茶レビュー 奈良県

【奈良県】中尾農園:奈良和観音紅茶(十年秘蔵)2016

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は地紅茶サミット奈良で購入した紅茶です。
「十年秘蔵」って書いてあるんで、作ってから10年保存してたのかなと雑に考えました。
(チャンスがあれば、意味を教えてほしい)
ぱっと見た目も緑茶品種だとわかるので、元々緑茶に強い農家さんなんだと思います。
もっと良い紅茶をだし続けてもらえるよう願うばかりです。

【茶葉】

【奈良県】中尾農園:奈良和観音紅茶(十年秘蔵)2016-1
茶葉の形はティーバッグにすることを念頭にしているためか、葉も茎も全て粉のように崩してあります。
抽出時間を短くする意図のもと作られていると思います。
形状云々というよりも、淹れてみて飲んでみる紅茶かと思います。

【水色・味・香り】

【奈良県】中尾農園:奈良和観音紅茶(十年秘蔵)2016-2
3分淹れました。
水色は、淡い茶色に少しオレンジがかってます。
香りはおかゆっぽい香りです。
味は、濃いめの甘茶で、ツル系の茶外茶を飲んでいるような感じです。

味の系統は、滋納系です。

長く淹れますと下記のように変わりました。
水色は、赤みが強くなりました。
香りは変化ありません。
味は軽く酸味が出てきました。合わせて穀物のような風味が出てきています。

典型的な滋納系の紅茶です。
和菓子や料理と相性が良さそうです。
食べものの味を邪魔しないので、さっと飲める食中茶としての使い方をおすすめできそうです。

【茶殻】

【奈良県】中尾農園:奈良和観音紅茶(十年秘蔵)2016-3
茶殻は元の茶葉が膨らんだような感じです。
ただ、元々のものと比べてみると、随所細かく刻まれながらも、開いた茶葉が見受けられます。
もしかすると、きれいに撚られたあと、通常よりも細かく裁断したのかなと思います。
これも、ティーバッグでの抽出の事を考えて加工してると見られます。

まあ、次からこの紅茶はティーバッグを開ける真似はしませんけどね。
(あくまでの『この紅茶』は。来年は開けます。)

-国産紅茶レビュー, 奈良県

執筆者:

関連記事

【京都府】京都地紅茶:京のべに茶2017-2

【京都府】京都地紅茶: 京のべに茶2017

【 京のべに茶2017 :この紅茶について】 京のべに茶2017 は、京都市右京区旧京北町地区で作られている紅茶です。 基本的に、イベントに出られることを見たことない紅茶です。 同じ右京区に時々車が来 …

竹西農園:自然農法茶(紅茶:やまとみどり)2016-2

【奈良県】竹西農園:自然農法茶(紅茶:やまとみどり)2016

【この紅茶について】 この紅茶は地紅茶サミット奈良で購入しました。 緑茶として売り出している物は、有機認定された物を使っているとのことです。 有機栽培で自然農法という所がポイントでしょうか。 自然農法 …

no image

【三重】川戸紅茶:パール紅茶(赤)

【この紅茶について】 前回のパール紅茶(緑)の時も書きましたが、これは昔日本の頂点を名実ともに極めた紅茶です。「自称日本一」ではなく、品評会制度が紅茶にもあったときに、何度も日本一に輝いています。それ …

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)2

【東京都】木下園製茶工場:東京紅茶やまとなでしこ2016(べにふうき)

【この紅茶について】 【茶葉】 この茶葉は手摘みで作っているそうで、形状がしっかりしているものばかりです。 しかもゴールデン芯目(ゴールデンチップとかシルバーチプとかの部分)も混ざっており、見た目も楽 …

no image

【静岡】井村製茶:菊川紅茶(やぶきた紅茶)

【この紅茶について】 この紅茶は、静岡の井村製茶さんの紅茶です。 品種はやぶきたです。 紅富貴と随分風味も見た目も違ってます。 同じ茶園でも全く違うものが出来上がるのもまた面白いです。 【茶葉】 茶葉 …

アーカイブ