国産紅茶レビュー 奈良県

【奈良県】中尾農園:奈良和観音紅茶(十年秘蔵)2016

投稿日:

【この紅茶について】

この紅茶は地紅茶サミット奈良で購入した紅茶です。
「十年秘蔵」って書いてあるんで、作ってから10年保存してたのかなと雑に考えました。
(チャンスがあれば、意味を教えてほしい)
ぱっと見た目も緑茶品種だとわかるので、元々緑茶に強い農家さんなんだと思います。
もっと良い紅茶をだし続けてもらえるよう願うばかりです。

【茶葉】

【奈良県】中尾農園:奈良和観音紅茶(十年秘蔵)2016-1
茶葉の形はティーバッグにすることを念頭にしているためか、葉も茎も全て粉のように崩してあります。
抽出時間を短くする意図のもと作られていると思います。
形状云々というよりも、淹れてみて飲んでみる紅茶かと思います。

【水色・味・香り】

【奈良県】中尾農園:奈良和観音紅茶(十年秘蔵)2016-2
3分淹れました。
水色は、淡い茶色に少しオレンジがかってます。
香りはおかゆっぽい香りです。
味は、濃いめの甘茶で、ツル系の茶外茶を飲んでいるような感じです。

味の系統は、滋納系です。

長く淹れますと下記のように変わりました。
水色は、赤みが強くなりました。
香りは変化ありません。
味は軽く酸味が出てきました。合わせて穀物のような風味が出てきています。

典型的な滋納系の紅茶です。
和菓子や料理と相性が良さそうです。
食べものの味を邪魔しないので、さっと飲める食中茶としての使い方をおすすめできそうです。

【茶殻】

【奈良県】中尾農園:奈良和観音紅茶(十年秘蔵)2016-3
茶殻は元の茶葉が膨らんだような感じです。
ただ、元々のものと比べてみると、随所細かく刻まれながらも、開いた茶葉が見受けられます。
もしかすると、きれいに撚られたあと、通常よりも細かく裁断したのかなと思います。
これも、ティーバッグでの抽出の事を考えて加工してると見られます。

まあ、次からこの紅茶はティーバッグを開ける真似はしませんけどね。
(あくまでの『この紅茶』は。来年は開けます。)

-国産紅茶レビュー, 奈良県

執筆者:

関連記事

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016-2

【富山県】富山紅茶の会:富山県産紅茶あさひの紅茶2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 富山県朝日町産の茶葉で、元々は「バタバタ茶」という茶筅で泡立てて飲む後発酵茶を作っているそうです。 その茶葉を、紅茶にすることで、 …

no image

【京都】南山城紅茶プロジェクト:おくみどり2012SF

【この紅茶について】 この紅茶は、南山城村で『京ふか冠』という深蒸し茶を作っていらっしゃる辻本製茶さんのおくみどりを使って作った紅茶です。 摘んだ時期が、1番茶と2番茶の間で、本人曰く『1.5茶』とい …

no image

【大分】山片茶園:在来春(2013)

【この紅茶について】 この紅茶は、おなじみ『山片茶園』の春に作った在来の紅茶です。ただ、発酵が弱かったらしく、半発酵気味だということです。どこまで半発酵気味7日、楽しみです。 【茶葉】 茶葉は中国緑茶 …

no image

≪国産紅茶レビュー100記事目≫【京都】南山城紅茶プロジェクト:やぶきた

【この紅茶について】 100記事目がこの紅茶になったのは偶然です。狙ってません。南山城紅茶は、僕が本格的に紅茶を集め出した時に一番最初に関わることのできた紅茶製造チームです。南山城村役場の方が関わって …

no image

奈良月ヶ瀬の国産紅茶

□岩田さんと紅茶の出会い 当代17代目岩田文明さんは、最初からお茶を作っていたわけではなかったそうです。会社員時代にイギリスで飲んだ紅茶に感動したことと、大学時代から『紅茶をつくらないのか』と言われて …

アーカイブ