お茶 紅茶

おすすめする日常的な国産紅茶の買い方

投稿日:

「茶葉があと少しでなくなる」となかなか減らない

基本貧乏性なので、残り少ない茶葉はなくなりません。

例えば、50gの国産紅茶を買ったとします。
試飲で飲んで、みんなで飲んで、30gほど使います。
20g残るわけですが、これが約4杯分(500mlポット換算)になります。

この20gがなかなかなくなりません。
「なくなると、もう飲めない」
とか
「また買わないといけなくなる」
など考えてしまい、飲みにくくなってしまうのです。
結果としてそんなものが100を超えるとザクッと2kg在庫が出来るわけです。
多くのお茶好きの「積み茶」が3kgと言われていますから、まあ、在庫だけで匹敵してますね。
(これはあくまでも「資料」ですので、「積み茶」ではありません)

少しのお茶を一気に飲んで次を買う人もいるなか、やはり飲みにくいというのは事実なのです。

常にいっぱいあると安心する

手元に多く残っていると気兼ねなく使えます。

その事実に気がついたのは、お世話になっている山片茶園の山片君から、べにふうきBF(粉のべにふうき)を1kg購入した時のことです。
常に計量器で茶葉を計りながら飲んでいたのですが、ある時から茶さじでザクザクと淹れる様になりました。

どんだけいれても、無くならない。これは実に心の余裕を与えてくれました。
正直、国産紅茶に限らず「リーフの紅茶」というものは、日常的に飲むには水のように飲みにくい売り方をしています。
よくて1日ティーポット1杯という飲み方。一日5gで365日分、約2kgですが、本当は気が向いたらどんどん飲みたいわけです。
一日4回20gとか。
コーヒーってそんな飲み方してませんか?
何杯も飲むコーヒーに対して、紅茶はそこまで飲まない。
もしかすると、そういう「気兼ね」をうむ現状こそが、紅茶の裾野を狭めているのではないかとかんじでいるわけです。

そういうわけで、あるとき山片君が「大量の国産紅茶」を売ってくれました。
3kg。いわゆる紅茶3年分ってやつです。
どんだけ使ってもなくなりません。
実に心地よく紅茶を淹れられています。

紅茶をたくさん買うコツ

紅茶は、「とっておき」と「日常」と分けておくのがいいでしょう。

「とっておき」は文字通り特別。
買ったら完璧に密封して香りが揮発しないようにしましょう。

「日常」主に2つのルートが有ります。

・販売店の特売
・農家の去年の在庫処分

販売店の特売は100Pのティーバッグです。
ティーバッグは1包2~3gなので、200~300gの紅茶の量になります。
特売なら300円ぐらいで買えます。
専門店で多くは100g1000円なので、激安です。
ポットで入れるときは、ティーバッグを毎回2つぐらい投げ込めば、手軽に紅茶を楽しめます。
しかもコスト的にも痛くありません。
会社ではこの方法を使ってます。

農家からの去年の在庫処分は、常に連絡を取れるようにしておくことがコツです。
基本、農家さんは紅茶を生鮮食品と位置づけて、毎年売りたいものです。
毎年安定して売れれば、農家さんの生活も安定します。
「紅茶は熟成が美味しい」と言うのは、あくまでも僕ら飲み手や仲介者の意見です。
農家さんには関係はありません。
なので、どうしても前の年の分で多く余ってしまうものがあります。
それを極力農家さんの言い値で大量に買います。
結果、今回は3kgもの紅茶を買いました。
普通に買ったら30000円します。
これは、仲介者・販売店の手に渡ると、最低価格90000円になります。
それを、ここでは言えませんが、スペシャルプライスで買えます。

このように、関係を作ることによって、手軽に買うことができます。
お茶は縁を作ることで楽しめる飲み物だなと思うわけです。

この縁を大事にしながら国産紅茶を買うことが、日常的に国産紅茶を楽しむ事が出来るコツではないかと思うわけです。

-お茶, 紅茶

執筆者:

関連記事

no image

ある紅茶専門店にまつわる創業伝説と偉人創業者②

ルピシア(旧社名レピシエ)は、サイトではこう書いてあります。 平成6年8月株式会社レピシエ設立 /千駄ヶ谷店オープン/同時期より通信販売、FC展開を開始 平成8年7月本店を東京都渋谷区千駄ヶ谷1-28 …

no image

こんな、高いものを・・・

昨日、嫁から「お母さん(嫁の実母)から、これ↑を渡せって言われたから」と言って、これをもらいました「FTGFOP1のダージリン」!!? これか?「値段見ずに買ったわww」と言ってた、高い紅茶は! これ …

no image

美味しいお茶とは、付け加えるわけでもなく、引き出すもの

数ヶ月、いくつかの『桜の香りのお茶』の記事を書いてきました。 例えば、”桜餅の香り”とか、”桜そのものの紅茶”とか。 でも、全部『着香茶』といわれる、『あとで、何かしらの方法で香りをつけたもの』です。 …

no image

予定、追加。

まだ、確定じゃないですが、 12/1に宇治市生涯学習センターで行われる、 「eラーニングで学ぶ 宇治茶の歩み」のスクーリングに行ってきます。 今、申し込んだばかりなので、定員に達してなければいけるんで …

no image

今年は仕方ないのかな・・・

本命でした、京都大丸錦小路側出る烏丸通手前の「紅茶専門店」の福袋。 開店と同時にお店の店員さん(20代前半?結構かわいい)に聞いてみました。 「今年は、ないですよ」 orz ま、仕方ないよね・・・ 結 …

アーカイブ