お茶 紅茶 紅茶の淹れ方

ティーバッグの紅茶の淹れ方。3通りのその3:ファミレスでの美味しい紅茶の淹れ方

投稿日:2013年10月23日

その3です。

1は電子レンジ
2は鍋
と紹介させていただきました。

で、

「ほかになにがあるの?」
と思われるかもしれません。

残ってますよ。
あとひとつの方法。

カップで淹れる方法。

「今まで散々、カップで淹れるのは
だめな淹れ方だって言ってたジャンww」
と一部の人はおっしゃるかもしれません。

いえいえ。

カップでもちゃんとした淹れ方が出来ます。
ファミレスのドリンクバーでも出来ますので、ぜひ覚えて置いてください。
ただ、ファミレスはお湯が100℃じゃないので、完璧とは言いがたいですが・・・

まず、いつもどおり、お湯を沸かします。
京都紅茶道部
ただ、量は一杯分を沸かすことをオススメします。
水が無駄にならないことと、量が少ないので、あっという間に沸きます。

昨日、書いたとおり、30秒ぐらいグツグツ言わせたら
(このときは弱火にしてください。蒸発して行っちゃいますんで)
京都紅茶道部
カップに注ぎます。
ポットで淹れるように先にカップを暖めておくほうがいいでしょう。
お湯の温度が下がる度合いが少なくなるんで。
(正直、100℃→95℃と100℃→90℃とは大きな違いが出ます)

そのあと、ティーバッグを入れて
京都紅茶道部

フタをします。

京都紅茶道部
多分、ほとんどの人は、『フタなんかあったけ?』と思うでしょう。

ソーサーでフタをするんです。

京都紅茶道部

そして、ファミレスではいつもこうしてます。

京都紅茶道部
上と下にダブルでソーサーをかぶせて持ってきます。
何回も飲むので、2回目以降は下のソーサーがティーパック置きになります。

そして、3分待ちます。
京都紅茶道部
この、『3分待ちます』が重要です。
ほとんどの人は『3分』を待てないので、
『色付きお湯』を『紅茶だ』と思い込んで飲んでるのが現状です。

そして、軽く揺らして上下を攪拌させて、ティーバッグをそっと取ります。
京都紅茶道部

完成です。

京都紅茶道部

このとき、ティーバッグをギュっと押さえたりしないでください。
無駄な苦味とかがでて、まずくなります。

何回も書いてますが、紅茶は、というか、お茶は、『時間』『温度』が重要な飲み物です。

とりあえず、3分待ちましょう。
そうすれば、誰でも、おいしいくれ香り高い紅茶を淹れられますから。

と、3日連続でティーパックの淹れ方を書いてきました。

「電子レンジで爆発??」
「鍋に投げ込む??」
「ファミレスで3分待てとな??」

と、多分、今までの『常識』とはかけ離れてること
書いてきたと思います。

でも、3つともに共通してるのは、『温度』『時間』の確保です。

夏みたいに、一気に大量に作って、冷蔵庫で冷やしておけば、いつでもすぐに飲めますが、
インスタントの紅茶というものが、お菓子や粉ジュースの領域を超えない現在、
インスタントのコーヒーほど、手軽にちゃんとしたものを飲めないのが現状です。

ですが、そこは、「紅茶は、3分待つ時間を楽しむのも味のうち」とお考えいただければ、今までと少し違った、ライフスタイルの彩りになるかもしれません。

この紹介した方法が、皆さんの生活のお役に立てれば、僕としては、幸いです。

あ、オチがねえや・・・     orz

-お茶, 紅茶, 紅茶の淹れ方

執筆者:

関連記事

no image

KALDEIで試飲させてもらえるアイスコーヒーがものすごく、おいしい。

基本、『コーヒーを飲むと、腹痛を起こす体質』である僕が、 その身を忘れて毎回試飲してます。 KALDIのアイスコーヒー。 なんで、あんなにも、おいしいんだろうか・・・ で、また、イオンモール京都ハナに …

ティーポット

和紅茶の底力を『あげていく』には

国産紅茶・和紅茶の現実を直視する 国産紅茶は、いたるところで見かけるようになりました。 最近では大手メーカーもティーバッグやドリンクなど、多岐にわたって展開を始めています。 これも、平成が始まってから …

no image

静岡県立大が「茶学総合講座」 国内大学初

県立大は、茶に関する総合的な研究所として国内大学初の「茶学総合講座」を、研究組織の食品栄養環境科学研究院に開設した。 ▽国内初の茶専門講座 お茶の研究所はたくさんありますが、一つの大学で総合的に見ると …

no image

KALDIで・・・

龍井茶! もちろん、安いのです。 関連

no image

日本の紅茶のメインは、べにふうきじゃないよ

日本のお茶業界で一番問題とされてるのは、 『茶葉が売れない』 ということです。 別に、この前ニュースになった放射性物質の話じゃないよ。 (前にも書いたけど、過剰反応するほど大したことじゃないし) 元々 …

アーカイブ