京紅活動

国産紅茶に熟成と言う考え方

投稿日:

「紅茶は新しい方がいい」元々そう考えていた

紅茶は農作物なので「新鮮な方がいい」という風に元々考えてました。
やはり、作り立ての方がおいしいと思うし、さらに今のシーズンの「一番茶」というのは、なかなか味わい深い。
(でも、オータムナルが好きですが)
多くの農家さんも、去年の紅茶は肥料として茶園に戻すという事もよく聞きます。
作り手から見ても、古い物には魅力を感じないというイメージが伝わりました。

ですが、この頃1年や2年と経過している紅茶を飲むと、最初に感じたイメージとは全く違う味わいに驚くことがあります。
送られて来た時は、荒々しくてとげとげしてていたのに、今飲むとまろやかで穏やかになっている。
薫り高い紅茶がと思ってたら、ふんわりと甘い雰囲気の紅茶になってるなど。
それが一つ二つではなく、ずいぶん多くに見られ、「もしかしたら紅茶は熟成というのは、ほんとにあるのではないか」と思うようになってきました。

紅茶に熟成という考え方は、他のお茶仲間からよく聞くことがありました。
ですが、僕自身としては否定的で、薄くなれどおいしくなるわけがないという風に思ってました。
その考え方を改めないといけないことが、多々起こってきました。

紅茶は熟成をする。
それを身をもって体験しているのが今なわけです。

経年するストック、変化する味

最初に味の変化を思ったのは、奈良の茶農家さんが作ってくれた実験茶でした。
紅茶を作る際に、萎凋の度合いを変えたり、火入れを時間差をつけたり、発酵環境を変えたりなど、色々チャレンジしたものでした。
最初に飲んだ時は、どれも若々しく荒々しい雰囲気をもったお茶で、たくさん飲めないという感じでした。
それが、1年経ち、2年経ち、その都度飲んでみると、最初にメモした雰囲気と全く違うお茶になっているのです。
共通しているのは、荒々しさがなくなっていること。
その後に、各々の個性が出てきて、香りの高い物、華やかな物、甘い物、やさしい物、こうばしいものなどなど・・・
それをポットでなく、中国茶器の「茶壺」で飲んでいたので、煎を重ねるごとの変化を楽しみ、実に奥深い紅茶になってました。
この時は、この紅茶だけかなと思ってました。

この頃、ストックが数年と経年していて、必然的に熟成した紅茶を飲むことが多くなりました。
このブログの国産紅茶レビューの際の雰囲気とはまるで違う紅茶になっているのです。
香りがメインだと思っていた紅茶が味がはっきりするようになったり、味が特徴ないと思っていた紅茶が実に個性的で良い紅茶になっていたり。
さらに、先ほどの奈良の実験茶と同じく荒々しくて飲み切れなかった紅茶が、穏やかで重厚な紅茶になるなど実に多様な変化を見せてきたのです。

もしかしたら、毎年昨年度の紅茶を捨てているという農家のみんなに声を掛けて、ストックないし自分で確保するという選択肢も出てきたのではないかと、そう思うようになってきてます。

紅茶も「適正熟成年数」というのがあるのかもしれない

紅茶もワインと同じように「~年もの」という考え方もできるのかもしれません。
毎年味が変わるので、その時にテイスティングしないと正確な味は表現できませんが、それをする価値は十分にあると思われます。

熟成させるには、香りが揮発しないように密封が最低条件になります。
それを農家さんにずっとさせるのはさすがに酷なのかもしれません。
仲介して売るという立場で、それらを集めて適正環境下で保存できれば、優れた熟成紅茶を提供できるのではないかと、そう思う事もあります。

「紅茶は新しい方がおいしい」という考えを改める。

これは、これから国産紅茶を考える上で、もしかしたら重要なことになっていくのではないかと思われます。

-京紅活動

執筆者:

関連記事

注目すべきは「にっぽん烏龍」だった

大手メーカーが売り出すもう一つの「国産烏龍茶」 先日、コカ・コーラが売り出した「つむぎ」を紹介しました。 感想的には「ほうじ茶」って感じで、烏龍茶とは思いませんでした。 (どっちかと言えば、滋納系の国 …

同じ会社の紅茶だけど、買う国が違うと・・・

リプトンの紅茶、買う国が違うとどのくらい違うの? よく「ナショナルブランドは、その国の水に合わせて茶葉をブレンドしている」と言われます。 それでよく引き合いに出されるのが、『イギリスで買った茶葉を日本 …

no image

新年あけましておめでとうございます。

2015年新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 今年も、引き続き以下のイベントに参加予定です。 6月吉田山大茶会 9月地球にやさしい中国茶交流会 10月紅茶フェステ …

もし私が「ミス国産紅茶」「ミス和紅茶」をするならば

将来的に「ミス国産紅茶」「ミス和紅茶」をしたい 「ミス~」と言うものがいろんなジャンルで存在します。 例えば、ミス・ユニバース、ミス日本、某ツイッターではIT企業MS社の美人社員がミス日本酒秋田代表に …

自作ティーコージー

ティーコージーを自作中

いろんなティーコージーを自作 去年から、色々なティーコージーを自作しています。 例えば、 ・立体縫製のティーコージー ・テイスティングカップ用ティーコージー ・普通のティーコージー などを作ってきまし …

アーカイブ