京紅活動

注目すべきは「にっぽん烏龍」だった

投稿日:2015年3月29日

大手メーカーが売り出すもう一つの「国産烏龍茶」

先日、コカ・コーラが売り出した「つむぎ」を紹介しました。
感想的には「ほうじ茶」って感じで、烏龍茶とは思いませんでした。
(どっちかと言えば、滋納系の国産紅茶、火入れ強め)
いまいち、香りが足りない気もしました。

それよりも前に販売済みだったポッカサッポロの国産烏龍茶をついに買う事が出来ました。
さっそくこちらも記事にしたいと思います。

国産烏龍茶「にっぽん烏龍」を飲んでみた

国産烏龍茶「にっぽん烏龍」
今回は、まずは飲んでみて判断をしてみようと思います。

一口飲んで、緑茶っぽさを感じました。
青いというか。
ただ、そのあとは烏龍茶と感じるには十分なほどの風味と味が追っかけてきます。
焙じ茶っぽさがなくていい感じの烏龍茶。

茶葉は、つむぎと違い、屋久島産茶葉と静岡産茶葉をブレンドと明言しており、大変明確でわかりやすいです。
こうあってほしいな・・・
と思うのは、道楽の道楽でしょうか。

このお茶に関して僕よりも専門的で詳しく書いている人がいますので、そちらの記事を見るほうがいいでしょう。
(って、おい┌(`Д´)ノ)゚∀゚))

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記ポッカサッポロ にっぽん烏龍 (2)

もう、日本を代表する中国茶の専門家ですね。
僕の感覚では、中国茶方面でこまったら、あるきちさんに聞こうというくらいの専門家です。
茶道楽仲間っていいわぁ・・・

「国産烏龍茶」に求めてほしい方向性

ペットボトルの烏龍茶が悪いとか安いとかいう事はありません。
例えば、セブンイレブンのペットボトルの烏龍茶は、時期にもよりますが得も言われぬ芳香を放つものが出回っていることがあります。
暑いさなか、ふらふらの時にそれに当たった時には、一瞬でメンタルも回復するくらいの芳香です。

例えば、国産烏龍茶はただ単に食べものとの相性を合わせる「飲み込むための飲物」という事ではなく、それを飲むことで何かしらの感情をいだかせる特徴を感じさせるものであってほしいと思います。
それは、ブレンドでもいいわけです。
生産量は多くはありませんが、いくつもの産地の茶葉を特徴に合わせてブレンドをすることで、いろんなバージョンの国産紅茶、国産烏龍茶の可能性は見えてくると思います。
いわゆる「烏龍茶とは違う切り口」を僕は求めてほしいと思っております。

-京紅活動

執筆者:

関連記事

自作ティーコージー

ティーコージーを自作中

いろんなティーコージーを自作 去年から、色々なティーコージーを自作しています。 例えば、 ・立体縫製のティーコージー ・テイスティングカップ用ティーコージー ・普通のティーコージー などを作ってきまし …

蓋碗緑茶

2017年の振り返り~京都紅茶道部と個人的な事と~

今年はよく動いた年でした 小題目どおりですが、外によく動いた年でした。 基本的に、関西近辺、特に京都から電車で日帰りできる範囲しか行動しませんが、ちょこちょこと府外に移動。 長い間ツイッターで交流があ …

チャイ

リプトンの『 クレームブリュレミルクティー 』を飲んでみた。

クレームブリュレミルクティー の”クレームブリュレ”って何? ※アイキャッチは、インドのチャイです。 『クレームブリュレ(フランス語: Crème brûlée)は、カスタードプディングと似たデザート …

no image

京都唯一の村の紅茶で作る、日本唯一の生姜ミルクティーが飲める店

日本で唯一、南山城村の紅茶を使った生姜ミルクティー 昨年から試験的に準備・テストを繰り返してきました 『南山城村・京都生姜ミルクティー』 ですが、4月2日より、約1ヶ月間主張出店が決定しました。 予定 …

紅茶フェスティバル国産紅茶コンテスト①

2017年紅茶フェスティバル国産紅茶グランプリ に参加しました

2017年紅茶フェスティバル国産紅茶グランプリ 一般審査員として行ってきました 本日(10/1)に紅茶フェスティバルのイベントの一つから独立した『国産紅茶グランプリ』に一般審査員として参加してきました …

アーカイブ