京紅活動

注目すべきは「にっぽん烏龍」だった

投稿日:2015年3月29日

大手メーカーが売り出すもう一つの「国産烏龍茶」

先日、コカ・コーラが売り出した「つむぎ」を紹介しました。
感想的には「ほうじ茶」って感じで、烏龍茶とは思いませんでした。
(どっちかと言えば、滋納系の国産紅茶、火入れ強め)
いまいち、香りが足りない気もしました。

それよりも前に販売済みだったポッカサッポロの国産烏龍茶をついに買う事が出来ました。
さっそくこちらも記事にしたいと思います。

国産烏龍茶「にっぽん烏龍」を飲んでみた

国産烏龍茶「にっぽん烏龍」
今回は、まずは飲んでみて判断をしてみようと思います。

一口飲んで、緑茶っぽさを感じました。
青いというか。
ただ、そのあとは烏龍茶と感じるには十分なほどの風味と味が追っかけてきます。
焙じ茶っぽさがなくていい感じの烏龍茶。

茶葉は、つむぎと違い、屋久島産茶葉と静岡産茶葉をブレンドと明言しており、大変明確でわかりやすいです。
こうあってほしいな・・・
と思うのは、道楽の道楽でしょうか。

このお茶に関して僕よりも専門的で詳しく書いている人がいますので、そちらの記事を見るほうがいいでしょう。
(って、おい┌(`Д´)ノ)゚∀゚))

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記
ポッカサッポロ にっぽん烏龍 (2)

もう、日本を代表する中国茶の専門家ですね。
僕の感覚では、中国茶方面でこまったら、あるきちさんに聞こうというくらいの専門家です。
茶道楽仲間っていいわぁ・・・

「国産烏龍茶」に求めてほしい方向性

ペットボトルの烏龍茶が悪いとか安いとかいう事はありません。
例えば、セブンイレブンのペットボトルの烏龍茶は、時期にもよりますが得も言われぬ芳香を放つものが出回っていることがあります。
暑いさなか、ふらふらの時にそれに当たった時には、一瞬でメンタルも回復するくらいの芳香です。

例えば、国産烏龍茶はただ単に食べものとの相性を合わせる「飲み込むための飲物」という事ではなく、それを飲むことで何かしらの感情をいだかせる特徴を感じさせるものであってほしいと思います。
それは、ブレンドでもいいわけです。
生産量は多くはありませんが、いくつもの産地の茶葉を特徴に合わせてブレンドをすることで、いろんなバージョンの国産紅茶、国産烏龍茶の可能性は見えてくると思います。
いわゆる「烏龍茶とは違う切り口」を僕は求めてほしいと思っております。

-京紅活動

執筆者:

関連記事

能登の紅茶やぶきた

能登の紅茶の茶園と加賀の紅茶の工場の見学報告

能登島にある能登の紅茶 今回ご案内いただけたのは、いつもお馴染みの金沢幸町の小林茶舗の小林さんと上林金沢茶舗の織田さん。 織田さんは加賀の紅茶生産グループ茶レンジの会の方で、金沢の茶販売組合の事務長を …

ワンコインわんこうちゃ

※終了【ワンコインセミナー】第1回職場で役に立つおいしい紅茶の淹れ方開催

1月26日、紅茶を淹れるという敷居を下げるという試みで 「職場でも手軽に紅茶を淹れられる」紅茶教室を開催しました。 場所は、京都駅前コワーキングスペースcotoさん 大きな地図で見る 普段からお世話に …

20170718のアイキャッチ

祇園祭の後はお茶を飲もう

純粋にお茶の人達でない人達との「お茶会」 先の3連休の末日に、久々の「お茶会」をしてきました。 ツイッターとかフォローされている方はご存知かと思います。 祇園祭先の祭り山鉾巡行の後から、錦市場の近所で …

目ジェド

メジェド様のお姿のティーコージーを作ってみた

あるエジプトの神をティーコージーにしたくて・・・ エジプト神話に出てくる『メジェド』という神だろう存在をご存知でしょうか。 メジェド:死者の書の第17章では、他のよくわからない神々とともにメジェド(「 …

新年のご挨拶及び今年の抱負

新年のご挨拶 新年、明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 昨年、一昨年と記事の更新があまりありませんでした。 一つには生活環境の変化により取材量が減ってしまたということと …

アーカイブ