国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】森内茶農園:日本の紅茶2nd(2012)

投稿日:2013年11月10日

【この紅茶について】

森内茶農園さんは、発酵茶だけにとどまらず、いろんなバージョンの発酵具合を試しているそうで、
毎年専門家を招いて研究されています。
よくブログとかTwitterとか茶学の会の小泊先生のブログとかにも登場しますので、
正直、これを買う前から存じ上げてました。
去年、去年だったか満を持して購入し、おまけにいろいろ付けてくださったこと、
心より感謝いたします。

今年も世界お茶まつりにいらしていた『らしい』ですが
(知り合いも大挙して行って、僕だけ行けずじまい)
機会を見つけて必ずお会いしたい農園さんの一つでもあります。

【茶葉】

国産紅茶20131110森内日本の紅茶2nd1

茶葉は全体的に崩さず綺麗に撚り上げてます。
そのまま囓れるくらい。
悔しいかな、いつも使ってるスマホが故障で代替機で撮影しているんですが
こっちのほうが撮影性能が良いみたいで。
こんなにも艶っぽい茶葉を撮れたのは初めてです。
悔しい・・・(意味が違うがな)

【水色】

国産紅茶20131110森内日本の紅茶2nd2

水色はライトな橙色。
香りはほんのり甘酒っぽい。
軽く玄米スープぽいです。
多分滋納タイプ。
味は、薄いです。
薄いです。3分だけじゃ短かった模様。
もっと待つことにします。
温度が落ち着いたら、ほんのり甘みが出てきました。
やはり滋納タイプ。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は、朱が強くなり色目が深くなりました。
香りはわずかに強くなりました。
味は、渋くも酸っぱくもなく、ほんのり甘い感覚と軽く香ばしい香りが広がります。
落ち着いた良い紅茶です。
こういうのを『優しい日本の紅茶です』って言うんでしょうね。
滋納の良い例と言えるでしょう。

【茶殻】

国産紅茶20131110森内日本の紅茶2nd3

茶葉は見事に綺麗に開き、急須いっぱいにあふれています。
この頃この『増える系』が多いのですが、僕が残していたわけじゃないです。
ほんとにリストを順序通りレビューしているだけなので、たまたまです。
こんなにも増えると正直、びっくりデス。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

静岡:タネカ太田園:太田さんちの紅茶

□熟成という不思議 基本、紅茶の熟成というものを僕は信じてはいません。乾燥したものが、何を取り込んで熟成するのかわからないからです。ですが、経過とともに香気成分が抜けて別のものになります。それが熟成と …

no image

【岡山】富原製茶組合:かつやま紅茶(在来)

【茶葉】 もうちょい選別を丁寧にしてほしいな、というのがはじめの感想です。多分、紅茶としてのラインじゃなくて、煎茶としてのラインを流用しているのだと思いますが、出荷される煎茶と同じくらいの気の使い方を …

no image

【東京】お茶の木下園:東京紅茶

茶葉 この茶葉は元々ティーバッグのものを展開して使っています。撚りがきれいに入ってます。選別も丁寧です。正直、これをティーバッグにするのがもったいない気もします。 水色 ふと、ジャスミンのような香りが …

no image

【大分】蛍茶園:紅蛍

【出会いはツイッター】 蛍茶園のご主人、井上さんとの接点は、Twitterでこれを注文させてもらった時も、Twitterでなんとなくわかっていながらもサイト経由でしれっと注文しました。この時点では本当 …

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

アーカイブ