国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】森内茶農園:日本の紅茶2nd(2012)

投稿日:2013年11月10日

【この紅茶について】

森内茶農園さんは、発酵茶だけにとどまらず、いろんなバージョンの発酵具合を試しているそうで、
毎年専門家を招いて研究されています。
よくブログとかTwitterとか茶学の会の小泊先生のブログとかにも登場しますので、
正直、これを買う前から存じ上げてました。
去年、去年だったか満を持して購入し、おまけにいろいろ付けてくださったこと、
心より感謝いたします。

今年も世界お茶まつりにいらしていた『らしい』ですが
(知り合いも大挙して行って、僕だけ行けずじまい)
機会を見つけて必ずお会いしたい農園さんの一つでもあります。

【茶葉】

国産紅茶20131110森内日本の紅茶2nd1

茶葉は全体的に崩さず綺麗に撚り上げてます。
そのまま囓れるくらい。
悔しいかな、いつも使ってるスマホが故障で代替機で撮影しているんですが
こっちのほうが撮影性能が良いみたいで。
こんなにも艶っぽい茶葉を撮れたのは初めてです。
悔しい・・・(意味が違うがな)

【水色】

国産紅茶20131110森内日本の紅茶2nd2

水色はライトな橙色。
香りはほんのり甘酒っぽい。
軽く玄米スープぽいです。
多分滋納タイプ。
味は、薄いです。
薄いです。3分だけじゃ短かった模様。
もっと待つことにします。
温度が落ち着いたら、ほんのり甘みが出てきました。
やはり滋納タイプ。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色は、朱が強くなり色目が深くなりました。
香りはわずかに強くなりました。
味は、渋くも酸っぱくもなく、ほんのり甘い感覚と軽く香ばしい香りが広がります。
落ち着いた良い紅茶です。
こういうのを『優しい日本の紅茶です』って言うんでしょうね。
滋納の良い例と言えるでしょう。

【茶殻】

国産紅茶20131110森内日本の紅茶2nd3

茶葉は見事に綺麗に開き、急須いっぱいにあふれています。
この頃この『増える系』が多いのですが、僕が残していたわけじゃないです。
ほんとにリストを順序通りレビューしているだけなので、たまたまです。
こんなにも増えると正直、びっくりデス。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

no image

【奈良】月ヶ瀬健康茶園:べにほまれ

【この紅茶について】 前にも、テレビに出られる前に記事にしましたが、 イギリスで飲んだ紅茶に感動して、実家でも作ってみようと紅茶作りをされている 月ヶ瀬健康茶園の紅茶です。 品種は、川戸紅茶と同じく、 …

【熊本県】お茶のカジハラ:告茶春摘みべにふうき和紅茶2017-2

【熊本県】お茶のカジハラ:告茶春摘みべにふうき和紅茶2017

【この紅茶について】 この紅茶は、何度となく登場してます熊本県のお茶のカジハラさんの『告茶』シリーズです。 熊本といえば、今年地紅茶サミットが開催されます。 お茶のカジハラの梶原さんと言えば、この地紅 …

no image

【奈良】葉香製茶:おくみどり

【この紅茶について】 毎度お世話になっております奈良の葉香製茶さんの紅茶です。おくみどりは実験を兼ねてもらったものなんですよね。そのまま製品でもありますので、紹介させてもらいます。 【茶葉】 茶葉は、 …

no image

【鹿児島】緒方茶工房:ベニオガタ紅茶

【茶葉】 茶葉は撚ったというより、フレークにした感じです。計量したとき、量に対してカサが少なかったので、本当にその量なのかと測りなおしたくらいです。気分、もうちょい選別がほしいか、って感じです。 【水 …

no image

大分:杵築紅茶:べにふうき

□べにふうきを日本で初めて導入した茶園 このブログでも専用の項目を作って取り上げてます『べにふうき』国産紅茶としては存亡を賭けた最後の品種だったそうです。できた当時は、紅茶も10tも生産されていなく、 …

アーカイブ