国産紅茶レビュー 熊本県

【熊本県】天の製茶園: 天の紅茶2013

投稿日:2013年11月7日

【 天の紅茶2013 この紅茶について】

今回は、熊本県の天の製茶園さんの 天の紅茶2013 をご紹介します。

一度載せたことのある茶葉ですが、当時の記事の書き方と今の書き方で随分違うので、
より分析色の濃い今の方法で改めて記事にしたいと思いまいた。
あと、個人的にももう一度検証して、この上位品目の『天の上紅茶』のレビューにも繋げたいと思ってます。

熊本水俣で作られた紅茶で、この頃検索数が伸びている紅茶です。
どうやらみんなこの紅茶を買う手立てを探してるようで、いろいろ検索しているようですが、
現在僕の手元に15袋ありますので、紅茶仲介部かの問い合わせから在庫確認と希望個数の問い合わせをしていただければ、折り返し小計と振込先を書いた返信を送らせていただきます。
ちなみに、1袋80g800円で4袋まででしたらメール便対応可能です。
通常発送かメール便かはご選択ください。
色んな所を探すより、まずほしいのならうちの方が断然早いです。
数量限定ですけどね。

※現在取り扱いを中止しております。

天の紅茶は現在、佐賀の紅茶専門店紅葉さん始め全国で販売されております。
このページ下記に生産している天の製茶園さんのWEBサイトをご紹介しておりますのでぜひ御覧ください。

【茶葉】

国産紅茶20131107 天の紅茶2013 -1

茶葉は全体的に細かく裁断され色目もずっと黒いです。
きっちり作り上げられた感が強いです。
実は淹れなくてもこの段階で甘い香りが漂ってて、
どこまで香りを蓄えているんだと驚きます。

【水色】

国産紅茶20131107 天の紅茶2013 -2

色目は濃い目ですが明るい赤茶色です。
香りは甘いカラメルのような香りですが、焙煎したような香ばしい香りに、
ほんのり花のような香りが漂ってます。
味は渋みがまだなく、鼻に戻る香りは甘いカラメルそのものです。
3分とは思えないくらいしっかり香りも何もかも出ている。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

色目は3倍以上濃くなりました。
香りはより深くなり香ばしさに拍車がかかってます。
味は軽く酸味で渋みはそこまできつくないです。
風味的には『このまま牛乳を入れたらコーヒー牛乳だな』という風味です。
文字通り、深く濃い味になりました。

【茶殻】

国産紅茶20131107 天の紅茶2013 -3

茶殻は全体的に膨らんだ系の茶葉ですが、全て綺麗に揃っており、
バランスよく抽出されたと認識できます。
実はこの段階でもいまだ香りが漂ってて、『まだまだポテンシャルがある』状態をまざまざと見せつけられているような気分になります。
全くもって、力強い紅茶だなと思い知らされます。

天の製茶園さんの紅茶をお求めになりたいと思いましたら、ぜひ下記サイトを御覧ください。

あまたま農園

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 熊本県

執筆者:

関連記事

【静岡県】グリーンエイト:JAPANESE BLACK TEA KOHAKU BITTER 2016-2

【静岡県】グリーンエイト: グリーンエイト KOHAKU BITTER 2016

【 グリーンエイト KOHAKU BITTER 2016 この紅茶について】 今回は、静岡県のグリーンエイトさんの グリーンエイト KOHAKU BITTER 2016 をご紹介します。 この紅茶は、 …

no image

奈良:葉香製茶2012紅月

今日の国産紅茶は、奈良の茶園さんの『葉香製茶』さんのです。この当代社長は、Twitterで知り合った友達で、何回もお邪魔させていただいてもらってます。今は一貫して『無農薬・有機栽培』でお茶を作っており …

【埼玉県】茶工房比留間園:塾果蜜香むさしかおり2017-2

【埼玉県】茶工房比留間園: 塾果蜜香むさしかおり2017

【 塾果蜜香むさしかおり2017 :この紅茶について】 塾果蜜香むさしかおり2017 はシングルオリジンで購入しました。 今年の2月に『ゆめわかば』の試飲レビューを書いております。 シングルオリジンに …

【茨城県】木村製茶工場:さしま紅茶青心紅茶2017-2

【茨城県】木村製茶工場: さしま紅茶青心紅茶2017

【 さしま紅茶青心紅茶2017 :この紅茶について】 さしま紅茶青心紅茶2017 は、茨城県の木村製茶工場で作られた紅茶です。 茶葉の品種は、『青心大宇』という烏龍茶に使われる品種です。 台湾烏龍茶を …

【京都府】和束紅茶(喜寿園):和束紅茶みおく2016-2

【京都府】和束紅茶(喜寿園): 和束紅茶みおく2016

【 和束紅茶みおく2016 この紅茶について】 今回は、京都府の和束紅茶さんの 和束紅茶みおく2016 をご紹介します。 直接の接点は2013年の茶源郷祭りからで、それからちょこちょこいろんな所でお世 …

アーカイブ