国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡県】 石原園茶舗:石原園 与一郎紅茶2013

投稿日:2013年10月24日

【 与一郎紅茶2013 この紅茶について】

今回は、静岡県の石原園茶舗さんの 与一郎紅茶2013 をご紹介します。

この紅茶は、全国的にも珍しい『からべに』という古い紅茶品種の紅茶です。
元々はこれと『べにほまれ』と『はつもみじ』などは、輸出紅茶の花型だったらしいです。
輸出用釜炒り茶・ぐり茶などに使われていた八重穂などと同じく、輸出が減少するに合わせ、消滅していき、今では知る人ぞ知る品種になってしまったということです。

【 与一郎紅茶2013 茶葉】

石原園茶舗20131024 与一郎紅茶2013 -1

茶葉は全体的に細かいです。
粉砕しているのか裁断しているのかそこんところはよくわかりませんが、計量がしやすくて助かります。

【水色】

石原園茶舗20131024 与一郎紅茶2013 -2

水色は軽めの焦げ茶色。
香りは、おかゆみたいなんですが、軽くミルクみたいな甘い香りがします。
味は薄いシナモンのような感じです。
まあ、全体的に薄いのでまだ出きってないんでしょう。
長時間抽出を待ちます。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色はさっきと比較にならないくらい濃くなりました。
(色の種類は同じで濃くなったと考えてください)
香りはほぼ変化なしです。
味は、酸味が強めであとから軽く渋みが追いかけてきます。
軽くなんで、人によっては感じないかもしれません。

『紅茶としての香りが云々』というよりも、『特徴的な香り』がきになる。
某狭山の茶園さんの『乳香香のする実験紅茶』もそう。
こういう独自性を一定の品質の上に気づかれたら、無二の紅茶になるんじゃないかと、常々思うわけです。

【茶殻】

石原園茶舗20131024 与一郎紅茶2013 -3

全体的には『膨らんだ系』の茶葉です。
ただ、先端ぽい茶葉が多いんで、もしかしたら全体的に小さい葉を集めていたのかもしれません。

石原園さんにご興味を持たれましたらぜひご覧いただければと思います。

紅茶-お茶の本場・静岡茶の通販【石原園】

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

満田製茶20130824 しがの紅茶2012 -茶液

しがの紅茶2012 :土山茶・近江茶の満田製茶【滋賀県】

今回は、滋賀県の満田製茶さんの しがの紅茶2012 をご紹介します。 【 しがの紅茶2012 茶葉】 選別がまだみたいで、荒茶っぽいです。 ただ、全体的に裁断を入れているみたいで長さは均等にみえます。 …

富山紅茶の会20130901 富山あさひの紅茶2012 -茶液

富山あさひの紅茶2012 : 富山紅茶の会【富山】

【 富山あさひの紅茶2012 この紅茶について】 今日の 和紅茶 は、富山県の富山紅茶の会さんの 富山あさひの紅茶2012 をご紹介します。 この紅茶は、姉妹品である『富山くれはの紅茶』と同じところの …

【静岡県】マルヒ製茶:魔夜べにひかり春摘み2019-パッケージ

魔夜べにひかり春摘み2019 :マルヒ製茶【静岡県】

【 魔夜べにひかり春摘み2019 この和紅茶について】 今日の輪紅茶は、静岡県のマルヒ製茶さんの 魔夜べにひかり春摘み2019 をご紹介します。 べにひかりは紅茶に使える品種として新しい品種なのですが …

国産紅茶20131105 丸子紅茶べにひかり2011 -2

【静岡県】丸子紅茶 : 丸子紅茶べにひかり2011

【 丸子紅茶べにひかり2011 この紅茶について】 今回は、静岡県の丸子紅茶さんの 丸子紅茶べにひかり2011 をご紹介します。 先日の茶源郷まつりでも、来ていらしたお客さんの多くが丸子紅茶を飲んだと …

【京都府】和束紅茶:和束紅茶みおく2017-2

【京都府】和束紅茶(喜寿園): 和束紅茶みおく2017

【 和束紅茶みおく2017 :この紅茶について】 和束紅茶みおく2017 は、神戸ティーフェスティバルで購入しました。 よくよく調べてみたら、2017年の和束紅茶さんの紅茶を購入していないことが判明。 …

アーカイブ