国産紅茶レビュー 静岡県

【静岡】石原園:与一郎紅茶

投稿日:2013年10月24日

【この紅茶について】

この紅茶は、全国的にも珍しい『からべに』という古い紅茶品種の紅茶です。
元々はこれと『べにほまれ』と『はつもみじ』などは、輸出紅茶の花型だったらしいです。
輸出用釜炒り茶・ぐり茶などに使われていた八重穂などと同じく、輸出が減少するに合わせ、消滅していき、今では知る人ぞ知る品種になってしまったということです。

【茶葉】

国産紅茶20131024からべに1

茶葉は全体的に細かいです。
粉砕しているのか裁断しているのかそこんところはよくわかりませんが、
計量がしやすくて助かります。

【水色】

国産紅茶20131024からべに2

水色は軽めの焦げ茶色。
香りは、おかゆみたいなんですが、軽くミルクみたいな甘い香りがします。
味は薄いシナモンのような感じです。
まあ、全体的に薄いのでまだ出きってないんでしょう。
長時間抽出を待ちます。

長時間淹れたらどうなるでしょうか。

水色はさっきと比較にならないくらい濃くなりました。
(色の種類は同じで濃くなったと考えてください)
香りはほぼ変化なしです。
味は、酸味が強めであとから軽く渋みが追いかけてきます。
軽くなんで、人によっては感じないかもしれません。

『紅茶としての香りが云々』というよりも、『特徴的な香り』がきになる。
某狭山の茶園さんの『乳香香のする実験紅茶』もそう。
こういう独自性を一定の品質の上に気づかれたら、無二の紅茶になるんじゃないかと、常々思うわけです。

【茶殻】

国産紅茶20131024からべに3

全体的には『膨らんだ系』の茶葉です。
ただ、先端ぽい茶葉が多いんで、
もしかしたら全体的に小さい葉を集めていたのかもしれません。

明日も、更新します。

-国産紅茶レビュー, 静岡県

執筆者:

関連記事

熊本ゆのつる和紅茶べにふうき2016-2

【熊本県】お茶の坂口園:ゆのつる和紅茶べにふうき2016

【この紅茶について】 この紅茶は、今年地紅茶サミットが開かれる熊本県水俣市の紅茶です。 水俣市は多くの高品質な紅茶を作る地域で、今のところ「ハズレを探すのが難しい地域」になります。 2013年にここの …

no image

岡山:富原製茶組合:カツヤマ紅茶モトスギ

紅茶絶滅期にもがんばって作り続けていた これは、去年(2012年)の岡山の地紅茶サミットでの話でした。 「これは30年以上岡山の山奥で作り続けてきました」 ここの方と懇意でないので、詳しいことは存じま …

no image

【熊本】小山製茶:ギャバロン紅茶

【この紅茶について】 この紅茶は、サイトの記事で『日本で初のギャバロン茶での紅茶』を取り上げた時に、 その製造者である小山製茶さんが送ってくれました。 正直、『珍しいもの作ってるな』程度の認識でしたが …

no image

熊本:戸高製茶工場:釜炒り紅茶

紹介いただいた紅茶を載せることもある Twitterで毎日定時に『ただいま国産紅茶の収集をしてます。国産紅茶ご存知でしたら、少量で すが買わせていただきます。』とツイートしてます。 今回はそのツイート …

【奈良県】梅月茶園:日本の紅茶UMEZUKI2016-2

【奈良県】梅月茶園:日本の紅茶UMEZUKI2016

【この紅茶について】 この紅茶は、地紅茶サミット奈良で購入しました。 この茶園さんは、初めての購入になります。 パッケージがおしゃれでいい感じなので、中身がどういうものなのか、楽しみです。 【茶葉】 …

アーカイブ